PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の世界映像紀行]Vol.39 ヨーロッパ映像文化紀行

News

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.39 ヨーロッパ映像文化紀行

2013-11-13 掲載

空前絶後の大不況に襲われている欧州だが、それでも、EUという共同体を維持しつつ、映像文化を 守り続けている。過去の歴史を乗り越えて作り上げたEUの結束は固く、諸外国の心配を余所に、その歩みは よろめきながらも着実に前へと進んでいるようだ。欧州は、元々言葉すら大きく異なる無数の文化が入り 交じった地で、当然、映像などエンタメ文化にも地域の特徴が強く見られる。 前回に引き続き、今回も電車での移動による欧州紀行をお送りしたい。欧州は「激動」という他ない状況だ。

パリは不況で泥棒天国

OTAKU_vol39_01.jpg アムステルダムからの移動にはタリスを使う

IBCを終え、筆者一行はフランス、パリを目指した。アムステルダムからパリへは、前回同様タリスに乗って移動するのが楽だ。一等車ならばかなりしっかりとした食事も出る。何よりも、ビールが飲み放題なのが幸せだ。前回も述べたが、このあたりはビールとサイダー(リンゴ酒)の名産地なのだ。

OTAKU_vol39_02.jpg タリス内の食事は、かなりゴージャスだ。EU内とは言え、元々国際列車であるからこその楽しみだ

まず、フランスでは仕事もそこそこに、伝統あるグランド・キャバレー、ムーラン・ルージュへと向かった。キャバレーとは言っても日本でイメージする下品な世界とはまるで正反対だ。正装をした紳士淑女がシャンパン・ワイン付きのフルコースのディナーを頂き、そのデザートの後で、トップレスダンスを鑑賞するのが、本来のグランド・キャバレーなのだ。筆者は残念ながら仕事の延長で行ったため客先との男組で参加したのだが、本来は男女のカップルで観劇するのが正しい姿だ。

米国ラスベガスにもかつて支店があったライバルキャバレーのクレイジー・ホースと異なり、元祖グランド・キャバレーのムーラン・ルージュにはハイテク要素や映像は一切無く、あくまでも、フル・フレンチの食事とシャンパン、そして美しく鍛え上げられた男女によるダンスショーを楽しむ為の場だ。クレイジー・ホースのデジタル映像を多用した美しさを知っているだけに、こうしたムーラン・ルージュの姿勢は映像屋としては正直複雑な思いがないでもないが、こういう、変わらない伝統もまた、とても重要な欧州文化なのだと感じる。

OTAKU_vol39_03.jpg ムーラン・ルージュは、ショーの内容こそ変われども、フル・フレンチの食事、シャンパン、そしてダンスショーというエンタメの伝統を守り通している

とはいえ、欧州は、単に古いものだけを守り続けているわけでは無い。文化施設もテクノロジーとの融和が進行しており、例えば、世界で最も有名な美術館の一つであるルーブル美術館も、映像展示などを充実させるだけでなく、例えば、その売店にApple Storeを出展させるなどしている。ルーブル城の古代遺跡の延長線上に見慣れたリンゴのマークを見るのは、何とも不思議な感じだ。

OTAKU_vol39_04.jpg ルーブル美術館にはApple Storeまである。ハイテクを奇妙に嫌悪する日本の歪んだ美術観はそこには無い

ただ、街中の映像展示などは、元々景観を強く意識して広告制限が大きく、不況の影響もあって少なめだ。このあたりは、日本やアジア諸国、アメリカなどの派手な広告を見慣れた目には、何とも不思議に写る。筆者は、そのあたりの写真を撮ろうとして地下鉄駅に入ったのだが…実はその写真は今回存在しない。地下鉄自販機を使ったスリに遭いかけた為に、急遽撮影を中止したのだ。クレジットカードが数秒とはいえスリの手に渡るというまさにギリギリな状況で被害を回避したため、本当にギリギリであったのだ。

実は、海外でここまで具体的な犯罪被害に遭いかけたのはずいぶんと久しぶりだ。筆者はかつて二度ほどホールドアップされた経験があり、周囲にはかなり気を配るようになったのだが、それでも今の欧州の治安の悪さを相手にしては不足であったようだ。

その事件以降は移動をタクシーへと切り替え、安全第一で動いたために、残念ながら今回のパリでの写真の枚数はぐっと減ってしまった。欧州の不況は耳には聞いていたが、まさかここまでとは思っていなかったのだ。経済の悪化が治安に直結するあたりも、まさに欧州本土。不本意にも、不況を実感する旅程となってしまった。

安全な監視社会、英国

OTAKU_vol39_05.jpg ピカデリーサーカスの電光掲示板は、日本企業のものが少数派となり、その多くが中国韓国の企業のものとなっていた

不況で大変残念な治安となっていた欧州本土に比べ、パリからユーロスターでたった2時間半ほど移動した英国ロンドンは、非常に安全だ。夜中に出歩いても何も問題は無いし、どんな繁華街でもスリも日本のお祭りの時程度の人数しかいない。それもそのはず、英国は街の至る所が監視カメラで録画されていて、何か犯罪があれば即座に犯人が割り出される仕組みなのだ。

とはいえ、ロンドンも決して好景気では無い。欧州不況の影響をもれなく受けているだけでは無く、ロンドン五輪の反動で消費も建設も経済活動の何もかもが大きく落ち込み、大変な状況となっていたのだ。

その中でも勢いがあったのは、新興諸国の企業資本、中でも、中国韓国の電器メーカー各社であった。私がいつも楽しみにしていたピカデリーサーカスの日本企業を中心とした電光掲示板も、TDKなど一部の頑張っている企業の看板を除き、その多くが中国韓国の企業のものとなってしまっていて、愕然とさせられてしまった。それどころか、ピカデリーサーカス近くでは、三越ロンドン店まで閉店してしまっていた。この一角は、三越の隣のジャパンセンターと合わせて日本文化紹介拠点となっていて、英国のみならず、欧州諸国にも知られた存在だったのだ。それが、こんな状況になってしまって、本当に残念でならない。

OTAKU_vol39_06.jpg ピカデリーサーカス近くの三越ロンドン店は閉店。隣のジャパンセンターは健在であったものの、何とも寂しい

とはいえ、そうした我々外来文化はさておき、元々の英国文化は当然に健在だ。中でも、日本がクールジャパンなどとしきりにマネをしている元祖「クール・ブリタニア」はまだまだ元気で、そのアンテナショップはデザイン性を生かしたキャッチな展示方法までも取り入れて、さらに大盛況であった。

とかく、欧州本土に比べ、地味でちっぽけなところの多い英国文化ではあるが、こういう風にお洒落に演出されると、なかなか悪くないのでは無いかと思えてしまう。やはり、こうした演出はとても大切だ。

OTAKU_vol39_07.jpg クール・ブリタニアのアンテナショップは、不況に沈みがちなピカデリーサーカス近辺において、ひときわ目だっていた OTAKU_vol39_08.jpg クール・ブリタニアのショップ店内は、以前のいかにもお役所的な売店的展示販売から、ロックとファッション性を前面に押し出したお洒落なものに進化していた

英国文化と言えば、007で有名なMI6など、古くからのスパイ文化の印象も強い。そのため、ピカデリーサーカス近くのデパートにはスパイグッズ専門店なども出来ており、観光客だけでなく、実用品として、ロンドンの人々を集めていた。

監視カメラ網による監視社会での平安を受け入れているロンドンではあるが、その素養はこういうところにも見受けられるのが面白い。こういう店は、絶対に欧州本土では流行らない店だろう。

OTAKU_vol39_09.jpg ロンドンのスパイグッズ専門店は、秋葉原あたりに見られるジョークグッズショップでは無く、本物の防犯装置・スパイグッズ・スパイ対策グッズを扱っていた。これもまた伝統

すっかりハイテクなロンドン塔

OTAKU_vol39_10.jpg ロンドン塔は、様々な王族や反乱者の犠牲を出してきた、陰鬱な歴史で知られる

伝統とハイテク、特に映像面との融合と言えば、欧州本土に負けず、英国でもめざましいものがある。例えば、過去、陰鬱な歴史で様々な死者を量産してきた、かの「ロンドン塔」であるが、そうした悲劇の場ですらも、CGやデジタルアニメを多用したハイテク映像で演出され、見事な観光地と化していた。

OTAKU_vol39_11.jpg 実は、ロンドン塔は正式名称を「女王陛下の宮殿にして要塞」(Her Majesty’s Royal Palace and Fortress)といい、未だに王家の設備として機能している。ロンドン塔のこの写真側には女王陛下の配下が今でも居住し、設備を維持している

歴史のある各塔には、かつてからそれぞれ、観光客向けに再現設備があったが、最近はそれに加えてCGやアニメを多用した映像展示が加えられて、往年のロンドン塔の様子を映し出すようになっていた。

正直言ってこのロンドン塔は、欧州本土の、例えば同じ離宮であるルーブル宮殿などに比べても、あまりに地味でちっぽけな設備だ。しかし、それだからこそ、こうした映像展示によって、塔の設備の地味さですらも、それ自体が英国文化であることを理解できるようになっている。正直言って、こうした映像がなければあまりの地味さに、塔の歴史の意味に気づかずに素通りしかねない施設だけに、こうした映像の果たす役割は非常に大きいと言える。特にアニメ表現による映像は、言葉を使わない工夫がなされ、各国から来た観光客に、言葉の壁を越えた理解をもたらしていた。

また、エリザベス2世女王陛下の戴冠60周年記念にあわせて展示されていた王笏と王冠の展示は、その歴史を美しい映像で見せることで、観光客をうならせていた。中でも、エリザベス2世女王陛下ご自身の戴冠の映像は、若き女王の美しさと相俟って、強烈な印象を誇っていた。

以前はロンドン塔を褒める観光客は少なかったと思うのだが、最近はそうでも無く、観光名所としても大いに人を集めているのは、まさに、こうした映像の力と言えるだろう。日本の歴史施設でも、堅苦しい真面目な展示をするだけで無く、こうしたエンタメなどの映像の力を意識した演出を行えば、だいぶ観光客の理解も進むのになぁ、と思わざるを得ない。

もっとも、そうした特別展以外の一般展示映像の大半が血みどろの殺戮や拷問であるのは、まあ、流石はロンドン塔ならでは、ということであろう。

OTAKU_vol39_12.jpg かのロンドン塔も進化する。いまでは、その展示の大半が映像付きで、しかも見事なCG再現や、アニメ表現までされている。ただしロンドン塔のその歴史に相応しく血みどろの映像が多い

ロンドン塔といえば、ここでは珍しく「昔ながらのロンドンの食事」をとることも出来た。昔ながら、というのは、伝統的な、という意味では無い。そうした伝統的で美味しい食事は、毎晩のように街のパブで食べることが出来る。そうではなく「大雑把でろくに味が付いておらず、客自身が食卓で味を付けながら食べる」という意味での昔ながらのロンドンの食事だ。

英国、特にロンドンの食事がまずいのは世界的に著名ではあるが、実はこれは現在当てはまらない。かつてロンドンの食事がまずかったのは、植民地支配の都合で瓶詰めなどの保存食を多用した料理が多いことと、大皿盛りつけのため味付けを食卓で最終的に各自の皿の上で行う伝統があること、そして何よりも、英国が「ゆりかごから墓場まで」と称された手厚い社会保障の結果として凄まじい重税であった時期が長く、そのため長らく国民の可処分所得が少なめであったことが何よりも大きいとされている。

OTAKU_vol39_14.jpg 日本ひいきの英国王室だけあって、ロンドン塔にはちゃんと、日本からの贈り物も展示されていた。写真は、徳川幕府からの贈り物

ところが、ここしばらくは社会保障よりも競争社会を優先する政策が続いて食事にコストをかけるようになってきただけでなく、国際化が進み、その結果、他国並みに食事の時にあらかじめの味付けがしっかりとしたものが好まれるようになってきた。特に、ロンドン五輪を機会として一気に…というか、給仕方法の改善が行われたように思える。元々ちゃんと各自の皿で塩胡椒さえすれば決してまずくは無いのが英国料理であるだけに、あらかじめ最終的な味付けをしてから給仕するようになった結果、劇的な料理の味の向上をもたらすことになったのだ。

しかし、この伝統あるロンドン塔のカフェテリアはそうでは無い。各コーナーに設けられた大皿から各自の皿に給仕をし、それを座席ブース入り口で会計するスタイルである為、昔ながらの各自の皿での味付けの伝統がちゃんと守られているのだ。もちろん、このロンドン塔は英国王室の設備であるから、材料や調理方法の確かさは間違いないのだが、味付けは各自の皿でするのが前提だ。うっかり昔の英国料理の流儀を忘れてそのまま一口食べてしまい、あまりの味の無さに慌てて塩胡椒とソースを取りに料理ブースに駆け戻ったのは、何とも懐かしい感じがした。

ロンドン塔では、設備の説明を映像などで単にハイテク化するだけではなく、こうした伝統もちゃんと残してあるのが、何とも英国的だ。最後に、もちろん自分の皿で、ちゃんと自分で塩胡椒した料理は最高に美味しかったことをお伝えしておく。やはり、かつての英国料理も、問題があったのは給仕方法だけで、料理自体は素晴らしいものなのだ。…かの悪名高き、グリーンピースの煮込みを除いて。

OTAKU_vol39_13.jpg ロンドン塔のカフェテリアでは、昔ながらの大皿盛りつけ方式の英国料理を食べられる。各自の皿で味付けをする事が前提なので、それを忘れると食べられたものでは無いが、ちゃんと自分で塩胡椒すると大変に美味しい。給仕の段階で味付けが完成している今の英国レストランではなかなか食べられない、懐かしい味だ。水分が多すぎるグリーンピースの煮込みは、どこをどう味付けしても食べられたものでは無かったが

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


[ Writer : 手塚一佳 ]
[ DATE : 2013-11-13 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.50 オタク的視点から見るCP+2017

txt:手塚一佳 構成:編集部 今年も熱気がすごかった会場より CP+はスチル写真のイベントだが、スチルと動画が一体化した今、動画人にとっても重要なイベントとなっている... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.49 スチルと動画の未来をCP+で見る

txt:手塚一佳 構成:編集部 例年に無い熱気の会場 CP+2016は今回は複数会場をまたいで行われた。移動も大変だが、充実感がある CP+は言わずと知れたスチル... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.48 PHOTONEXT 2015に見る、動画とスチルの一体化

今年も、6/2~6/3にかけて有明、東京ビッグサイトにおいてフォトグラファーズ&フォトビジネスフェアPHOTONEXT 2015が開催された。今回は、その会場から映像に関わる話をピ... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.47 CP+2015に見る、映像と写真の融和

CP+2015開催。「谷間の年」に何が起こるのか? CP+は、年に1度パシフィコ横浜で開催される写真の祭典だ。昨年の開催は大雪で開催が中断されるという非常事態に陥ったが、今年は無... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.46 CineGear EXPOは映画の作り手の楽園!

CineGear EXPO 2014(6/5~8ハリウッドで開催)は、その名の通り映画の機材に関するイベントだ。映画のイベントと言えばどうしても映画祭のような作品を鑑賞する観客側主... 続きを読む

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の世界映像紀行]Vol.39 ヨーロッパ映像文化紀行