PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.30 全編Ki Proで収録した映画『相棒-劇場版II-』が完成

News

[Point of View]Vol.30 全編Ki Proで収録した映画『相棒-劇場版II-』が完成

2010-11-11 掲載

聞き手:石川幸宏

Ki Proが映画『相棒-劇場版Ⅱ-』で採用された理由とは?

AIB_main.jpg
(C)2010「相棒-劇場版Ⅱ-」パートナーズ

テレビ朝日系列の人気TVドラマシリーズ『相棒』の制作現場では、撮影方法など常に新しい技術的チャレンジを行ってきた。2008年のシーズン8からは、ファイルベースのデジタル撮影とノンリニア編集による新たなワークフローを試みている。2010年12月23日から公開される映画『相棒 -劇場版Ⅱ-』でも、もちろん全編デジタル撮影されているが、今回更なる技術的チャレンジとして、日本初とも言える全編ファイルベースでの収録によるワークフローを実現した。このデータ収録に使用されたのが、AJA Video Systems社のテープレスメディアレコーダー「Ki Pro」だ。斬新なワークフローと撮影概要について、撮影監督の会田正裕氏(アップサイド)に話を伺った。

-最新のフル・ファイルベース・ワークフローで、劇場用映画にチャレンジしたということですが?

「相棒-劇場版Ⅱ-」は、Panasonic AJ-HPX3700+Ki Proでの新たなチャレンジであり、カメラの2/3インチセンサーを最大限活かしつつ圧縮でどこまでできるかという挑戦でした。もともとTV版「相棒」が現在AJ-HPX3700 でP2HD収録していることもありますが、映画の撮影においてはどちらにせよバックアップのデータレコーダーも欲しいということで、今回はKi Proを使用することになりました。Ki Proを選んだ理由としては、撮影から編集、バックアップまでのワークフローをトータルに考えた時に、今あるファイルコーデックの中でProRes 422が取り扱いの汎用性、利便性も良いからということからです。

Ki Proの一番良いと思ったポイントは、編集コーデックを撮影コーデックに採用したという発想ですね。収録コーデックはこれまでカメラメーカー側が決めてきましたが、こういう考え方もあるなと非常に感心しました。またカメラをAJ-HPX3700にした理由ですが、これはASC(全米撮影監督協会)が、現行のあらゆるデジタルシネマカメラをテストしており、その結果を見たところ35mmへのフィルムレコーディングした結果、いまある2/3インチセンサーを搭載したカメラの中ではAJ-HPX3700の画質が非常に良かったのです。

以前Ki Proでテストを行ったときに、情報量も多いですが非常に良い画質で収録できたこともあって、今回はメインの収録をKi Proで、バックアップとして本体のP2HDを使うという方法で撮影しました。今回は爆発シーンなど国内で撮影できないものもあり、フィリピンでもロケを行ったのですが、もちろんそこにもKi Proを持っていきました。Ki Proでの収録の方が、音に関しても後処理もしやすいし、ワークフローも非常にシンプルです。

映画一本Ki Proのような安価で便利な機材で撮りきる、というのも痛快なチャレンジとして面白いかなと思いました。今回はHSシーンも10カット以上あり、HSカメラはWeissCamを使用していますが、これもカメラ収録を行った後、一旦Ki Proに取り込んでファイル化しています。

-圧縮コーデックへのこだわりはありますか? aida_02.jpg
撮影監督の会田正裕氏(アップサイド)

私はデジタル撮影に関して、非圧縮よりも圧縮されたコーデックをいかに使うかという点にこだわっています。非圧縮での撮影は、昔は高価すぎてできませんでしたが、今はやろうと思えばやれるような、それほど高価ではない機材も整ってきている。しかし今後、スーパーハイビジョンなど画像技術はますます拡大、高画質の方向へ向かっていくことでしょう。つまり、私たちはデータ量や現場での取り回しなど色々な問題を回避するために、絶対に圧縮と付き合っていかなければならないと思うんです。

今回の「相棒-劇場版Ⅱ-」の制作にも、圧縮で撮影~収録することにこだわりました。圧縮を使用した撮影方法やデータ比較など、これまでも様々な研究をしてきていますが、圧縮のワークフローを頑張ることは、今ある制作フローの中で、最終画質を最大限保つことにも繋がるだろうと私は考えています。

-厳重に3つのバックアップを行ったようですが?

収録はKi Proのストレージモジュールを10台用意して、撮影後、毎日ラボに入れるという手順でした。データを受け取る側で日付別にファイルを管理してもらっていましたが、撮影部側ではまた別のバックアップを用意しました。初のKi Pro全編収録ということで、やはり何か事故があっても困るので、保険の意味でもカメラ側でAVC-Intraのバックアップと、それに加えてKi ProのアウトをAVCHDレコーダーにつないで、SDHCカードで2重のバックアップ体制で臨みました。

驚くことにAVCHDだと、SDHCカード32GB×3枚で、2時間の映画の全素材が収録できてしまうんです(笑)。でもこれは非常に便利で、常にこれを持ち歩いていて、カットのつながり等の確認が必要な場合に使用しました。この仕事の後、実はいま弊社のすべての撮影クルーではこの方法でバックアップを取っています。パナソニックのAG-HMR10などがあれば簡単にバックアップが取れますし、最悪の事態でもこのデータを活かすこともできますから。

「瞬時にデータが飛んでしまう!」というファイルベースでの作業の怖さはありますが、こうした軽いデータというのも上手く扱うことで非常に便利になります。そしてとにかく安心ですし、これも一つのファイルベースの恩恵と受け止めています。

-データの安全性確保の重要性はどのようにお考えですか?

撮影現場や編集室でデータをやり取りする上では、そのシーンごと、撮影環境ごとにデータの取り扱いには細心の注意を払う必要があります。Ki Proからのデータ出力は、すべてSDI/Fiberコンバーターを使用して光回線を使ってデータ転送を行いました。これはケーブルトラブルなどでデータ破損しないための配慮で、ケーブルに関してもジャッカルテクノロジーという会社の非常に伝送に信用のある光ケーブルを使っています。また空撮や爆破シーンではKi ProもSSDのモジュールを使用し、振動などでもまったく問題なく、ノントラブルで撮影できました。

デジタルワークフロー成立への難しさと、ラボ編集室構想

room413.jpg

『相棒-劇場版Ⅱ-』は、最終的にこういう画で見せるという素材に徹して撮った作品です。日本での現状におけるデジタル映画撮影で難しいのは、DIのワークフローも撮影システムもハリウッドほど完全に確立しているわけではないので、技術的にはカラーコレクションで最終的な画が劇的に変わるということがわかっていても、撮影素材が現場で確認できたほうが良い場合が多いのです。

理論上は後々のカラーコレクションを想定してlogで撮影する方が一番良いとは言え、logですと撮影中の途中経過の画像が見えないので、プロデューサーや監督など最終編集権のある方が、その経過を実感として確認できません。後にカラコレして良い画像に仕上げても、撮影時とはイメージが大きく変わってしまい、正確な判断ができないことから、ポストプロダクションでの作業がスムーズに行かない、というようなことが生じてきます。

現在弊社では、こうしたワークフローをクライアントに提言出来る環境として、入り口からアーカイブまでをクライアントにプレゼンできるような編集室兼ラボ的なスペースを構築中です。いま新しいデジタルワークフローが次から次へと出て来ていますが、これらをすぐに実験できるような機材構成で、パーツ提案ではなくワークフローごと提案できることが重要です。

そういう意味でもKi Proを使って、ProRes 422という高画質な圧縮コーデックで収録、その場ですぐに確認でき、ワークフローもシンプルに構成できるという、今回のワークフローは良い結果だったと言えます。今回は、最終の上映形式もDLP版とフィルム版を作っていますが、面白いのは黒の再現性はフィルムの方が良いことです。DLPだと100%しか諧調を表現できませんが、素材に眠っている黒の諧調がフィルムだとちゃんと再現されていました。

これはまさに2/3インチセンサーで撮った素材の限界値に近いものが観られる、という作品に仕上がった結果です。レコーダーは『ちゃんと撮れている』ということが一番重要なのですが、実はそれが一番難しいことです。Ki Proはそういう点で、諧調にしても、トーンにしてもちゃんと撮れていて、さらに一つの映画作品が大きなトラブル無く、ちゃんと撮れたという結果が重要だと思います。

ファイルベース制作の効率性、有用性は、現場でのトライ&エラーによって、その信頼性が確立されていく。「相棒-劇場版Ⅱ-」で実施された、このデジタルワークフローもそれを証明している。トライ&エラーによって構想されたワークフローを確信へと至らしめるには、それなりの経験値とノウハウが要求されるが、今後こうした前例が増えることで、制作領域の幅と新たな可能性が広がることが次々と証明されていくことだろう。 いずれにせよKi Proが、完全なファイルベース・ワークフローの、新たな扉を開いたことは間違いない。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2010-11-11 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.96 4K編集も楽々「ThinkPad X1 Extreme」

txt:小寺信良 構成:編集部 モバイルでもデスクでも使える強力ノート ビデオ制作の現場も、最終納品がHDでも収録は4Kで行う事例が増えてきている。すでに最新のカメラは... 続きを読む

[Point of View]Vol.95カールツァイスとナックイメージテクノロジー、ツァイス・シネレンズサービストレーニング・レベル2を国内初開催

カールツァイス認定サービストレーニング国内初開催 ナックイメージテクノロジーで開催されたツァイス・シネレンズサービストレーニング カールツァイス(以下ツァイス)... 続きを読む

[Point of View]Vol.94 現役クリエーター主導の動画セミナー&ワークショップ「動画クリエーティブ寺子屋」レポート

txt:奥本 宏幸 構成:編集部 クリエーターたちによる人材育成・交流も目的にしたイベントが開催 会場となった大阪堀江の萬福寺。イベントスペースとしてもレンタルされ... 続きを読む

[Point of View]Vol.93 AJA Video Systems導入事例~映像制作の教育現場を支える強力な入出力デバイス「AJA Io XT」

AJA社のIo XTは、Thunderboltの10Gbps帯域幅を利用して強力な編集システムを構築できる入出力デバイスである。そのパワフルな入出力機能で編集システムの屋台骨を支え... 続きを読む

[Point of View]Vol.92 4K編集のマスターピース「4K Prunus」登場

txt:小寺信良 構成:編集部 4K/8K制作に向けたポストプロダクションの課題 2018年12月の新4K8K衛星放送開始を目前に控え、放送業界も大きく動いている。5月... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.30 全編Ki Proで収録した映画『相棒-劇場版II-』が完成