PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.55 イベント映像演出最前線 Next Generation Visual Artist

News

[Point of View]Vol.55 イベント映像演出最前線 Next Generation Visual Artist

2013-04-30 掲載

イルミナイト万博X’mas 2012のメインコンテンツとして実施された太陽の塔へのビームペインティング
txt:奥本 宏幸(マリモレコーズ) 構成:編集部

映像で空間を演出するということ

PointofView_55_007.jpg 出動回数が高いというRoland V-800HD。4:4:4の高画質出力とコストパフォーマンスの高さが魅力

「音楽コンサート」「モーターショーなどの展示会」「学会」「式典」「街頭イベント」などなど、現代のイベントには映像は必ず組み込まれているといってもいいだろう。そして、その映像はただ資料映像や写真を映し出すだけでなく、様々な形でイベントを盛り上げる「演出」として使用されている。2012年から日本でも急激に広まりだした「プロジェクションマッピング」もその一つだ。

最前線で活躍するエンジニア・クリエーターの『映像をつかった演出』とはいったいどんなものなのだろうか?

ワンストップで空間を演出する

PointofView_55_005.jpg ならファンタージア〜YAMATO 新話〜 プロジェクションマッピングとレーザーの融合

大阪に拠点を置く、創業1926年の老舗映像機器レンタル会社「株式会社タケナカ」。元々は35mmの映写機を製造し、出張映写する企業だったそうだ。現在は映像機器のレンタル業をメインに「イベント空間演出」のプロデュースからオペレーションまですべてを手がけている。タケナカの事業部門は大きく9つのブランドに分けられる。「映像音響レンタル」「デジフィックス(映像音楽制作)」「ビジュアルロジック(映像と演出要素の統合)」「ライブテクニカル(ハイエンド映像プランニング・オペレーション)」「タケナカオーディオ(音響オペレーション)」「タケナカプロダクツ(映像関連機器製作)」「表彰式.com」「メディアインタラクティブ」。プランナーが演出を考え、プロジェクター・スイッチャーなどの機材を使用し、オペレーターがスイッチングなどのオペレーションをする。イベント演出のほとんどをワンストップで行えるのが魅力だ。

ビームペインティングとは?

PointofView_55_004.jpg ビームペインティングの心臓部coolux社のPandoras Box Media Server。ここから数台のプロジェクターへ映像が送出される

そして、タケナカの演出力・技術力を組み合わせて制作されるプロジェクションマッピングのブランド「ビームペインティング」だ。「ビームペインティング」とはタケナカが商標登録している「3Dプロジェクションマッピング」のブランド名だ(3Dプロジェクションマッピング=建物やオブジェクトなどの凸凹面・曲面に映像を投影しそれを補正する投影方法)。2009年に上海で展開をはじめてから国内外で50以上の事例がある。数多くのマスコミにも取材された大阪・万博公園の太陽の塔で行われた「イルミナイト万博X’mas 2012」。奈良・国立博物館で行われた「ならファンタージア」。東京・ジョイポリスのリニューアルオープンと同時にスタートしたイベントステージで、プロジェクションマッピングを使用したライブエンターテイメントショーのテクニカル部分を担当。

太陽の塔

ならファンタージア

東京ジョイポリス

今でこそ数多くのプロジェクションマッピングを手がけているタケナカだが、ここまでたどり着くには紆余曲折があったと専務・長崎氏はいう。

PointofView_55_001.jpg 専務取締役 長崎 英樹氏

長崎氏:ジオメトリ補正機を見つけたときに、我が社はコンテンツとハードをやっている数少ない会社なので、うちにぴったりじゃないかと思い、購入しました。当時は、ビデオマッピングと言えばいいのかプロジェクションマッピングと言えばいいのかという議論を社内でしていましたが、ビームペインティングという名前で登録して、独自ブランドとしてやっていこうじゃないかということになりました。

初めてお客様からお金をいただいたのは2009年1月の上海の事例です。当時のプロジェクションマッピングは、今ほど事例の数はなかったですが、屋内でも屋外でも使えるソリューションとわかっていますし、ビームペインティングを知らしめるのは外でやるのがいいだろうということで、日本と、中国(子会社があるので)でやったのですが、屋外でこういうことができますよというプロモーションをしました。日本でも受けは良かったですが、規制が多く、できているという事例もなかったので、クライアントがやりたいと思ってもなかなかできなかった。中国はすごく早かった。上海六百という百貨店で、対象は、幅20m高さ15mでした。高輝度プロジェクター4台で投影しました。

上海事例動画

その後の上海での事例を担当したのはタケナカでクリエイティブディレクターをつとめる谷田光晴氏だ。

PointofView_55_003.jpg 営業本部 営業企画部 海外戦略チーム クリエイティブディレクター・メディアプランナー 谷田 光晴氏

谷田氏:ようやく決まったのが、上海で世界的生命保険会社のPRでした。3週間という即席でクリエイティブ部分を仕上げて、現地で機材を集めて実施しました。その後、キヤノン、フォルクスワーゲン、イケアだったり色々なものが決まりだして、プロジェクションマッピングっていうのがあるらしいという日本国内では声がどんどん聞かれるようになって、日本には逆輸入のようなPRが起爆剤になりました。海外での実績が数々あるということが信頼の担保として、代理店の皆様から仕事をいただくようになりました。台湾の広告賞に入選させて頂いたことで、それも起爆剤になりました。

ビームペインティングのこだわり

プロジェクションマッピングではなく、あくまでも「ビームペインティング」にこだわるタケナカ。技術担当者の山田氏にこだわりを聞いた。

PointofView_55_002.jpg 技術部 チーフ 山田 浩徳氏

山田氏:大きくは「明るさ」と「マッピング方法」の2つです。「明るさ」はできるだけ明るく投影することにこだわっています。投影する映像があたかもそこに存在するように見えないと意味がありません。暗いと元の建物がうっすら見えたりして興ざめしてしまいます。大きいものに映すとき、プロジェクター1台だとやはり限度があります。なので、台数を増やし、例えば4Kのコンテンツを映す場合、4Kプロジェクター1台でなく、4台のHDプロジェクターをブレンディングして投影するんです。それで映像が暗ければさらに4台追加しスタッキング(映像を重ねて)して輝度を上げます。明るく投影する技術は実は元々タケナカで様々なイベントで培われてきたノウハウだったりします。レンタル業をやっているのでプロジェクターは数多く保有しています(笑)。そういった機材力がほかと違うかもしれません。

そして、マッピング方法が違います。3Dという概念が重要なんです。何が3Dなのかというと、マッピングにあたって、3Dを扱うということは投影対象が回転しても、その対象の裏側にも映像があります。それを2Dで表現しようとすると、コンテンツをまわしたものを作成しなければならないのですが、ビームペインティングは3D映像をセンサーを使って、リアルタイムでレンダリングして投影しています。そうすると例えば回っている自動車にも完璧に歪み無く映像を投影できるんです。止まっているものに対しても丸みを3Dで算出する手法は、今多く他社から出て来ている2Dをそのまま映す事例よりは、歪みや破綻が少ないんです。だから高品質のマッピングが実現できます。元々、社内で培ってきたテクニカルと、新しいテクノロジー、そこにそれらと連携できるクリエイティブが合わさって初めて完成するのが高品質プロジェクションマッピングで、僕たちの「ビームペインティング」なんです。

すべての力を一つにまとめる力

PointofView_55_008.jpg スイッチングされた高画質の映像は高輝度プロジェクターでスクリーンに映し出される

タケナカの長所は機材力・技術力・コンテンツ力がすべて社内にあり、そしてそれを一つにまとめる力があるところだと思う。ビームペインティングが生まれ、成功した背景にはそのまとめる力が大きく働いている。タケナカでまとめる部分を担っている1人が谷田氏だ。

谷田氏:基本的には、演出とかテクニカルとかクリエイターとか色々分けたがるじゃないですか?僕はこれからは、分かれる時代ではなく、どんどん一人の存在に役割が集約されていくと思っているんです。僕らが普段やってることを、僕ら以外の人たちが知ってくれれば面白いことが出来るんじゃないかって思ってくれると信じています。これからは役割とか、ジャンルの枠を飛び越えていく人間が必要じゃないのかなって思うんですよね。僕たちが照明装置やその他の機器のトリガーを打ち出せるようになっているのは、それぞれの領域を奪おうとしてるわけでなく、効果的な演出を実現するためにプロトコルの認識を深めているだけであって、面白いことをしたいからやってるということが根本にあるんです。僕たちは照明の演出も考えるし、映像じゃなくてもいいと思ったりすることもあります。そんな僕たちは、クライアントからすると、楽しいことを知っている人達みたいな感じで捉えてもらえてきていると感じています。

様々な思いと力が合わさり生まれる映像の新しい形。今後、ワンストップの力を持った会社やチームが新しい表現の場を切り開いていくのだろうか。

株式会社 タケナカ
http://www.takenaka-co.co.jp/
ビームペインティング
http://beampainting.com/


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2013-04-30 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.87 熊谷徳明氏のドラム教室における映像活用

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 プロドラマー熊谷徳明氏のVR-4HD活用方法とは TRIXのドラマーであり。作曲家、編曲家、プロデューサーとして... 続きを読む

[Point of View]Vol.86 12面マルチビジョンシステムでガス供給の保安や設備の維持管理を行う~広島ガス防災センタービル

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 広島ガス防災センタービルの12面マルチビジョンシステム 広島県内7市4町にガスを提供している広島ガス株式会社。... 続きを読む

[Point of View]Vol.85 NHKエンタープライズ「ネップアンフィニ」、4K HDR制作ワークフローにAJA FS-HDRを採用

専用ハードウェアが実現する、HDR制作最大のメリットとは 4K・8Kコンテンツ制作を効果的に行うワークフローブランドとして高い評価を得ているNHKエンタープライズ... 続きを読む

[Point of View]Vol.84 M-5000とUSBケーブル1本でシンプルな接続〜ヤマキ電気ソフトウェアVUメーター「TabVU」開発者インタビュー

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 ユーザーの要望から誕生したソフトウェアVUメーター「TabVU」 プロ向けスタジオや放送局などで見かけることが多く、V... 続きを読む

[Point of View]Vol.83 CAPESON LIVEレポート「照明と映像の領域の融和」

txt:奥本 宏幸 構成:編集部 音楽・映像・光に包まれる世界 2018年3月29日に東京・渋谷にあるライブスペース渋谷WWWで今もっとも注目を集めるシンガーソングライ... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.55 イベント映像演出最前線 Next Generation Visual Artist