PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain]Vol.01 Intraが来たりて、Filmは去りゆかん

News

[raitank fountain]Vol.01 Intraが来たりて、Filmは去りゆかん

2011-11-29 掲載

こんにちは。raitankです。11月3日、Canonがハリウッドで大々的に行った「歴史的なイベント」は色々と凄かったですね! 個人的には、プレゼン中盤に登壇されたマーティン・スコセッシ監督を見て、「あぁハリウッドだなぁ」と印象深く感じました。

でも、今回はそのハリウッド・イベントの話でも、あるいは以来賛否両論の渦中にあるC300やCanon謹製シネマレンズ群の話ではなく、このイベントの前と後に発表されたEOS一眼x2種の方のお話です。

EOS-1D Xの「ALL-I」と「IPB」

raitank0101-EOS-1DX.jpg

ハリウッド・イベントの二週間前、突如、2012年3月の発売開始が発表されたEOS-1D X(以下、1D X)。フルフレーム・センサーを搭載するEOSの次期フラッグシップ機である1D Xは、もちろんまずは「写真を撮影するための道具」としてのアイデンティティを強烈に主張しています。ですが、あえて動画機能に着目した時、従来のHDSLRに類例を見ないオプションとして、「ALL-I」と「IPB」、2種類の動画圧縮コーデックから好きな方を選べる仕様となっています。

この「ALL-I」とは、いわゆる”イントラフレーム”、つまり「独立した一枚絵の画像」だけで構成される動画のことです。

と聞いて、「ん?それってMotion JPEGと同じってこと?」と思われたかたは、コーデック通に認定!…でも残念ながら、オール・イントラフレーム記録とはいえ、あくまでも MPEG圧縮である「ALL-I」と、Motion JPEGとは全くの別物です(それぞれの圧縮コーデックについては文末に簡易解説を書いておきましたので、そちらをご参照ください)。

さて。ここで正しく理解しなくてはいけないのは、「ALL-I」と「IPB」という2つの圧縮コーデックの位置付けでしょう。というわけで、ここで問題。より高画質なデータを収録できるのは、「ALL-I」と「IPB」、どちらのコーデックでしょうか?

なんとなく「ALL-I」のほうが高画質な気がしませんか? だってほら、映画と同じで1コマずつ独立した絵が連続してるんですよ? そこに記録されているのは、すべて現実から切り取った、実際にその場にあった風景成分のみ。MPEG圧縮につきものの「なんちゃら予測」や「なんちゃら補償」を「離散なんちゃら変換」して生成されたパチモン成分(?)は1画素たりとも入ってないんですからっ!

raitank0102-IntraFrames.jpg

かくいう自分も、1D Xのリリースを読んだ時には「ALL-I=イントラコーデック」という事にのみ注目して、「とうとうデジタルの世界にもフィルムと同じ原理がやって来るのかぁ!」と、ドギマギしました。でも、これはとんだ“イントラ教”的視野狭窄でして…(詳細は後述)。実際には、色めがねを外して「ALL-I」と「IPB」の反比例する特徴に目を向ければ、自ずと2つのコーデックの位置づけが見えてきます。

「ALL-I」
約90Mbit|Iフレームだけなので容量大|撮影時の負荷が高く画質は少し落ちる|撮影後はトランスコード不要で取扱いが楽

「IPB」
約50Mbit|Iフレームが少ないので容量小|撮影時の負荷が低いので高画質|撮影後は要トランスコードで取扱いが少し面倒

つまり、「ALL-I」が用意された意味合いは、”フィルムと同じ仕組みかどうか?”とは一切関係なく、画質と操作性のトレードオフというのが真相なのでしょう。言い換えれば、もしも画質を重視するならMPEG本来の設計、目的、圧縮効率を最大限に活かし、Iフレームを減らす代わりに各Iフレームの空間圧縮率を下げる(=あまり圧縮しない)ことで効率的に高画質化を図れる『「IPB」コーデックを選ぶのが正解』なのだと思われます。

Cinema EOSの4Kは Motion JPEG

raitank0103-CinemaEOS4K.jpg

さて、続いては MotionJPEGのお話。ボクのうろ覚えの記憶では、フレームを1コマ1コマJPEG圧縮しながら記録する “Motion JPEGでは、(このコーデックを採用していた初期のNikon一眼のように)720pまでしか記録できない”…のだと思っていました。ところが、ハリウッドイベントの直後に発表されたCinema EOS 4K一眼のリリースを読むと、そこには『35mmフルサイズのCMOSセンサーを搭載し、4K動画記録(24P Motion JPEG)を実現』と書かれていたのでビックリ仰天!

Canon : 4K動画記録を実現するデジタル一眼レフカメラ(開発中)

はて?それではMotion JPEGは720pやフルHDどころか、ホントは4K解像度までイケちゃう規格なのでしょうか? …そういえば、そもそもMotion JPEGの規格ってどうなっているんだっけ?と調べてみたら、なんと万国共通の規格は策定されていない!という驚愕の事実が判明(笑)。おかげで各メーカーによる無限のバリエーションが生まれて混沌としているのだそうな(マジですか!?)。

もし規格が定まっているなら先読みもできますが、現状、『Motion JPEGということは、これまた「イントラコーデック」だよねぇ?』という自明の事実以外、4K一眼のためにどんなMotion JPEGが採用されたのか、知る由もありません。

それにしても、もともとMPEGに比べるとビットレート、ファイル容量ともにかなり大きくなるMotion JPEGです。その上に記録する動画が4Kとなると…?一体どんなデータを収録できるのか、実機が出てくるのが今から楽しみです。

DMC-GH2の1GOPイントラ

raitank0104-DMC-GH2.jpg

これまでに見てきた「ALL-I」及び「4K Motion JPEG」は、どちらもメーカー(Canon)によって開発された、いわば”正式な”イントラコーデックです。ですが、ココに第3の波とでも呼ぶべき全く新しい動きがあります。それは、ユーザーによって開発され、普及(波及)しつつある「イントラ GOP1」と呼ばれるコーデックです。

なぜか日本では今ひとつ盛り上がりませんが、Panasonic DMC-GH2(以下、GH2)のハッキングは、欧米では今やかなり一般的になってきました。VimeoやYouTubeあたりの動画共有サイトで「GH2 Hack」というキーワードで検索をかけると、それぞれ数百本単位の関連動画が見つかります。

ハッカーのVitaliy Kiselev氏を中心に個性的な数十人のハッカー(その殆どは一般のGH2ユーザーやカメラマンです)が集い、日々さまざまな切り口でGH2のハッキングについてオープンに語り合う様を公開し、あまつさえ日々生まれる新しいファームウェアを無償で公開しているという前代未聞のハッカーサイト、PERSONAL VIEWは要・必見!です。

▶ PERSONAL VIEW : TOPICS

もともとは、昨春、Vitaliy氏が前機種GH1のファームウェアを独自に解析し、動画撮影時のビットレートを無理矢理オーバードライブしてみせたのが全ての始まり。その後、ビットレートと画質がどちらも大幅に改善されたGH2が登場して一旦は下火になったものの、今年7月、今度はGH2のファームウェア解析が完了し、ここからまたもGH2ハック熱が再燃しました。

当初は最高24Mbitに設定されている最大ビットレートを、いかに安定してクロックアップできるか?を競っていたハッカーの皆さんでしたが、その後、驚くべき深化の道を歩み始め、通称「Low GOP板」とも呼ばれる、GOPを下げる(=フレーム数の少ない GOPで安定させる)ことに特化したフォーラムが開設。参加者の一人で、おそらくは職業カメラマンのdriftwood氏が、ついに「INTRA GOP1 176M」、通称「reAQuainted」という、イントラコーデックを安定化させてしまいました。

▶ PERSONAL VIEW : GH2 Patch Vault, most popular patches in one place

このパッチを当てると、ボディだけなら6万円から買えてしまうLumix GH2で、最高ビットレート 176Mbitのイントラ撮影(つまり「ALL-I」撮影) ができてしまうのです。…っていうか、最大176Mbitっていったい(笑)

つい先日公開された世界中の “driftwoord氏とその仲間たち” による世にも美しい共作サンプルリールを見ると、ごちゃごちゃ言ってないで、もうGH2でいいじゃね?という気分にすらなってきます(笑)。

▶ Vimeo : The Personal View ‘Driftwood INTRA’ Showreel 1

MPEGコーデックにおけるイントラ教

PERSONAL VIEWサイトの「Low GOP板」では、driftwood氏の「INTRA GOP1 176M」パッチの完成以来、それまでは作者によって多岐に渡っていた「目指すべきゴール」が、徐々にイントラコーデックに集約されてしまいました。平たい言葉で言えば、イントラコーデック(=「ALL-I」)が「」になってしまったのです。その思想の背後には、『映像はおしなべて “連続した写真” であって欲しい!』というフィルムに対する郷愁のような感情が見受けられます。

一旦このフィルム原理主義とも言えるロマン思想に感化されると、MPEGが生成する差分データなどは、ピュアな写真を汚す “濁り” ではないのか?といった心持ちになってきます。すると、実は可用性を目的に用意される「ALL-I」も、『おぉ!それこそあるべき姿!』と目がハートマークになってしまうなど、”ロマンチックな過ち” を犯すことになります(実際にはイントラ[ALL-I]記録のほうが空間圧縮によるデジタルノイズはむしろ増えるはずなのに!)。

そういう意味では、このイントラ教の総本山と化した「Low GOP板」の中で、唯一、GOP1ならぬ GOP3(イントラではないが、極端にGOPが低いコーデック)の開発で孤軍奮闘を続けている日本人、bkmcwdさんをボクは個人的に応援しているのですが、欧米のブログメディアなどでも “わかりやすくロマンチックな”driftwoodさんのイントラ・コーデックばかりが注目を集めています。

▶ 4/3 Rumors : Better than a rumor: “Driftwood” patch brings the GH2 quality on a new level. Rivals RED?

▶ no film school : Panasonic GH2 Hacked Further, Now Records to Advanced 176Mbit Codec

▶ EOSHD :Panasonic GH2 gets AVCHD Intra at 176Mbit!

Panasonicが AVC-Ultraを発表

驚いたことに、InterBEEを間近に控えた11月8日、今度は Panasonicからプロ用ビデオ圧縮コーデック、「AVC-ULTRA」が発表されました。中でも、従来の「AVC-Intra100」(=Panasonic版プロ機器用「ALL-I」コーデック)を拡張した「AVC-Intra200」では、さすがに開発元でなければなし得ないスペックを誇示するかのように、最大ビットレート200Mbit、1920x1080に加え、10bit 4:2:2サンプリングという色深度の確保も実現しています。

とはいえ、100Mbitから200Mbitへのブーストって、実は driftwoordさんやbkmcwdさんのおかげで「176Mbitパッチが当たり前になった」こととも、少し関係があったりするような気がしてならないんですが…(笑)。

▶ Panasonic : 放送・業務用ビデオコーデックの新体系「AVC-ULTRA」を開発

そしてフィルムカメラの製造が終了

raitank0105-Arri.jpg

1ヶ月ほど前、動画クリエーターが集まる海の向こうの有名サイト”Creative COW”に、『シネマカメラの世界三大メーカー、独・Arriflex社、米・Panavision社、仏・Aaton社のすべてが実は昨年末までに揃ってフィルムカメラの製造を終了していた』という内容の記事が出たところ、予想外に多数の読者から”感情的な反応”が返ってきてコメント欄が炎上。記事執筆者、編集長、副編集長以下、COWスタッフ総動員で火消しにあたる事件が勃発しました。

▶ Creative COW : Film Fading to Black by Debra Kaufman

本来、フィルム原理主義者が噛みつくべきは、ひっそりとフィルムカメラの製造をやめていた各メーカーのはずですが(笑)、でも、この問題の本質的な原因は、実は記事の内容ではなく、「Film Fading to Black」というタイトルだったのです。

「Fade to Black」=「黒みへ」は、台本や脚本の最後に書かれる「おしまい」を意味する慣用句。執筆者である Drbraさんにしてみれば、業界人なら誰でも知っているこの慣用句にひっかけて、フィルムカメラの製造が終了したことを報告する意図しかなかったはずです(読めばそういう内容であることがわかります)。ところが、返ってきた反応は「おしまいとはどういう意味だ!?」「フィルムは終わってねーんだよ!」「フィルムのほうが全然いいもんね!」「ハリウッドは今日もフィルムで撮影してるぞ!」など、明らかにタイトルへの過剰反応ばかり。

4K Motion JPEG、ALL-I、GOP1、AVC-Intra200と、なぜか最近「新作」目白押しのIntraコーデック。独立した写真が連続する、昔ながらのわかりやすい「動く絵の仕組み」がこうしてデジタル技術で装い新たによみがえる中、100年以上に渡って「パラパラ漫画」さながらに動きを記録してきた三大メーカーによるフィルムカメラの生産が終了…。

という一見”郷愁”を誘われるコントラストはとてもわかりやすいものの、実際のところフィルムを代替していくのは、圧縮を前提としたMPEG Intraコーデックではなく、上記三大シネカメラ・メーカーを含む、各社各様の方式による非圧縮LOGデータなんですよね(笑)。

おまけ:知らない人のための「動画圧縮コーデック」解説

Motion JPEG コーデック

Motion JPEGはその名の通り、JPEG画像をMotionさせる(動かす)方式。写真の圧縮ファイル形式として誰でも知ってるJPEGは、一般的に”空間圧縮”と呼ばれます。要は縦横ピクセルの画像(=空間)を圧縮するという意味ですね。Motion JPEGでは24fpsなら1秒に24枚、30fpsなら1秒に30枚のJPEG画像が順番に表示されます。言ってみれば、映画と同じ”コマ順送り”なわけで、原理的にとても解りやすい方式。

MPEG(H.264/AVC)コーデック

MPEGでは、独立した画像である Intraフレーム(Iフレーム:空間圧縮)、直前のIフレームから時間軸に沿って動きを予測する Predictedフレーム(Pフレーム:時間圧縮)、前後のフレームから動き成分を予測する Bi-directional Predictedフレーム(Bフレーム:双方向時間圧縮)を組み合わせて動画を圧縮(=軽く)します。I+P+BフレームのセットをGOP(Group Of Pictures)と呼びますが、基準フレーム(I)に何枚のフレーム間予測(P+B)を組み合わせて1セットにするかには様々な方式があります。市販カメラの多くは1セット=12~15フレームからなる「ロングGOP」と呼ばれる仕組みを採用しています。

Motion JPEG vs MPEG

たとえば 24fps動画の場合、「24フレームの完全な絵を順送りで表示する」Motion JPEG vs「1秒に2フレームだけ完全な絵(Iフレーム)を表示し、残り22フレームは差分(P及びBフレーム)を書き換えるだけ」のLong GOP MPEGを比べれば、MPEGの方が圧倒的に軽いのは自明です。そのため、プロセッサの余力を利用する形で、Iフレームの圧縮率を下げて高画質化することができます。するとIフレームから生成されるP、Bフレームも自動的に高画質化されるので、無理なく全体的によりキレイな信号が得られるという構造こそがMPEGのメリット。

ただし、Long GOP MPEGの例で言えば、基準フレーム(I)x2フレーム以外の22フレーム、つまり差分データしかない部分で再生を一時停止したり、編集のカット点を作ろうとした場合、いちいち前後のフレームから独立画像を生成してからでなければ画面表示もままならないという、撮影済みデータの操作性に難があるのが MPEGのデメリット。

一方の Motion JPEGは、すべてのフレームが他に依存しないIフレームの形で存在しているため、MPEGとは逆に、なにしろ撮影済みデータの取扱いが楽!というのが最大のメリット。ただし、独立した写真を秒速24ないし30コマのスピードで”連写”し続けるために、各コマを軽くせざるを得ない上、それでもデータ容量はMPEGの何倍にも膨れあがることが、Motion JPEGのデメリット。


WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


[ Writer : raitank ]
[ DATE : 2011-11-29 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[raitank fountain]Vol.12 Blackmagic Design グラントCEO・独占インタビュー〜これからもクリエイティブな選択肢を提供し続けたい

txt:raitank・編集部  構成:編集部 2017年2月、NABを前にBlackmagic Designから突如発表されたURSA Mini Proは、ついに念願のND... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.11 Amazon、Netflix、Huluこの勢いは止められない!映像制作の主戦場はODTVへ

txt:raitank 構成:編集部 On-Demand TVが制作するオリジナル・シリーズの隆盛 Hulu、Netfilx、Amazon Studioは、On-Dem... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.10 raitank式DJI Osmo RAW(Zenmuse X5R+Osmo)レビュー

txt:raitank 構成:編集部 イントロダクション ドローン撮影用に開発されたM43マウント搭載・小型4Kカメラ「Zenmuse X5R」を「Osmoハンドル」と... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.09 Netflix製作「House of Cards」に見る21世紀的TV視聴スタイル

前回、[raitank fountain]Vol.08では、僕らのお茶の間に「4K TVが要らない理由」について考察しました。今回はその続き... ではないんですが、またぞろ海の向... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.08 3D TVの終焉と4K TVの胸騒ぎ

CESで3Dテレビが公式にオワコンに 例年同様、年明け早々にラスベガスで開催された2013 International CES(世界最大の家電見本市)。会場の様子は、ココPRONE... 続きを読む

WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain]Vol.01 Intraが来たりて、Filmは去りゆかん