PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ワーナー・マイカルの新3Dシアター、D-BOX技術を採用した動く座席を日本初導入

News

ワーナー・マイカルの新3Dシアター、D-BOX技術を採用した動く座席を日本初導入

2010-02-08 掲載

加D-BOX Technologies (D-BOX社)は現地時間2月5日、大手シネマコンプレックスの株式会社ワーナー・マイカルが、映画のシーンと連動して動く座席「D-BOX(ディー・ボックス)」を採用したことを発表した。同時にワーナー・マイカル側も公表しており、3月23日に名古屋でグランドオープンするワーナー・マイカル・シネマズ 大高(おおだか)の10番スクリーンに、D-BOX MFX モデル13席が設置されるという。

D-BOX社によると、今回の納入はアジア市場で初めて。「日本は拡大ポテンシャルのある市場で、コンシューマーでも新しい技術やトレンドに非常に敏感だ。今回の納入は我々にとって北米市場へ参考になる事例となる嬉しい出来事。これを機にワーナー・マイカルのチャンネルに加えて日本市場で浸透していってほしい」、とD-BOX社の最高責任者、クラウド・マックマスター氏はコメントを寄せている。

「D-BOX」は、低音に反応して振動する座席と異なり、映画のシーンに完全に同調したモーション効果とインテリジェントバイブレーションを作り出す最新システム。独自の特許技術によりスクリーン上のアクションにぴったりとシンクロした動きが作り出されるという。

北米では2009年段階で、『ワイルド・スピードMAX』、『ターミネーター4』、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』、『2012』などが「D-BOX」対応で劇場公開されたという。ワーナー・マイカル・シネマズ 大高の10番スクリーンは、3DシアターとしてREAL-D技術を導入している。このシーンに合わせて動く席に座れば、今までにないエキサイティングな体験ができるようになる。

同劇場のロビーには、ディスプレイと体験版の座席が2シートあるブースを用意しており、ストーリーに合わせて座席がどのように動くのかを実際に体験できるという。


[ Category : ]
[ DATE : 2010-02-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

劇場用デジタル3DシステムのRealD、投資ファンドへ5億ドルで売却

劇場向け立体3D技術で知られる米RealD社が、投資ファンドのRizvi Traverse Management(リズビー・トラバース・マネージメント)に1株当たり11ドル、おおよ... 続きを読む

国際3D協会日本部会、「3D University Japan 2013」開催

国際3D協会日本部会 (International 3D Society Japan Committee:I3DS-J) は、11月20日から2日間、 秋葉原UDXシアターにてアワ... 続きを読む

裸眼NEO3DOタブレットとGoPro 3Dのコラボレーション

米NEO3DO社から7月初旬に発売になった、8インチの裸眼3Dディスプレイ・タブレット「NEO3DO」はハイスペックのCPU/GPUを搭載しながらも価格が399ドルな上、ユーザビリ... 続きを読む

新しい裸眼3D対応タブレットNEO3DOが今春に290ドルで登場

CES2013では、Gadmei社ブースで新しいAndroid4.0搭載の裸眼3Dタブレットモデル「T863」(1280x768)や「E8-3D」(1280x800)がお目見えした... 続きを読む

ディズニー、ARRI/フラウンホーファー研究所と3D映画製作用トリフォーカルカメラシステムを開発中

トリフォーカルカメラシステムに実装されているIndiecam社のマイクロカメラ ウォルトディズニースタジオがArri Groupおよびフラウンホーファーハインリッヒ・ヘルツ研究所と... 続きを読む

トップ > ニュース > ワーナー・マイカルの新3Dシアター、D-BOX技術を採用した動く座席を日本初導入