PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、8K CMOSイメージセンサーを搭載した業界最高画質のCineAltaカメラ「F65」を開発

News

ソニー、8K CMOSイメージセンサーを搭載した業界最高画質のCineAltaカメラ「F65」を開発

2011-04-11 掲載

ソニーは、新開発の超高解像大判8KCMOSイメージセンサー(総画素数約2000万画素、有効画素数約1900万画素)を搭載したCineAltaカメラ「F65」を新開発したと発表した。発売時期は2011年度第3四半期を予定している。価格は未定。本製品のモックアップが米ラスベガスで11日より開催される国際放送機器展NAB2011にて出展される。(ブース番号:C11001)

CineAltaカメラ「F65」は、新開発した総画素数約2000万画素の自社製単板8K CMOSイメージセンサーを搭載し、高精細・高解像な映像を16bitのRAWデータとして撮影することが可能。「F65」にドッキングされた新開発のメモリーストレージシステム SRMASTERポータブルレコーダー「SR-R4」を使用し、SRMemoryにRAWデータを収録。ポストプロダクション工程においてデジタル現像を施すことにより、4K(4096×2160)や2K・HD現像、また将来的には4K以上の解像度での現像を行うことも可能になるという。現時点では8K現像に対応していない。

「F65」は最大120コマ/秒での撮影が可能で、24pの映画制作では最大5倍のハイスピード撮影、CMや番組などの30p素材の撮影では最大4倍のハイスピード撮影を実現できる。また、CMOS特有のローリングシャッター現象を解決するために、PLレンズマウント面とCMOSセンサーの間にロータリーシャッターを追加するオプションを用意。画面内を高速に移動する被写体でも、CMOSセンサー特有のローリングシャッター歪みのない撮影が可能になるとしている。

同社では、「F65」はラチチュード・D-Range・S/N比、色域において、同社製デジタルシネマカメラ「F35」を超える画質を実現し、これまで以上に暗部の黒つぶれや、ハイライト部の白飛びを抑えて撮影することが可能になるとしているほか、色再現性についても「F35」を超える広色域を実現しており、ポストプロダクション作業におけるカラーコレクションの自由度をさらに広げることができるとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2011-04-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、ズーム全域開放F値2.8の大口径超広角ズームレンズ「FE 12-24mm F2.8 GM」発売

ソニーは、35mmフルサイズ対応α Eマウントレンズとして、ズーム全域開放F値2.8の明るさで、広角12mmを実現した大口径超広角ズームレンズGマスター「FE 12-24mm F2... 続きを読む

ソニー、ショートフィルム監督体験ができる企画「Directed by You–ソニーと創る『60秒フィルム』–」を実施

ソニーは、渋谷モディ1階にあるソニースクエア渋谷プロジェクトプロデュースの、ショートフィルムの監督体験ができる企画「Directed by You–ソニーと創る『60秒フィルム』–... 続きを読む

ソニー、「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」を活用し、映像クリエイター・フォトグラファーへの支援開始

ソニーは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けている、映像クリエイター・フォトグラファーへの支援策として、クリエイティブコミュニティ関連団体への寄付や、ソニーの... 続きを読む

ソニー、「Sony Store Cross Experience Project」を開始。誰でも自由にVlog撮影体験ができる体験展示も

ソニーマーケティング株式会社は、2020年6月23日より、ソニーの直営店ソニーストアにて「Sony StoreCross Experience Project」を開始する。 ... 続きを読む

ソニー、4K対応18倍ズームレンズとビューファインダー、マイク付属XDCAMショルダーカムコーダーレンズキットモデル「PXW-Z450KC」を発売

ソニービジネスソリューション株式会社は、既発売の4K対応XDCAMショルダーカムコーダー「PXW-Z450」に、4K対応の18倍ズームレンズとビューファインダー、マイクを付属し、よ... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、8K CMOSイメージセンサーを搭載した業界最高画質のCineAltaカメラ「F65」を開発