PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. アドビ、Adobe Creative Suite 5.5 Production Premiumを発表
News

アドビ、Adobe Creative Suite 5.5 Production Premiumを発表

#Adobe #Creative Suite #Premiere Pro #Production Premium #NAB2011

2011-04-11 掲載

アドビ システムズ 株式会社は、Adobe Creative Suite 5.5 Production Premium および各構成製品の提供を2011年5月20日から開始する。

Adobe Creative Suite 5.5 Production Premiumのアドビストアにおける提供価格は、Windows/Mac共通で通常版が税込261,450円、CS5からのアップグレード版「S」が税込58,800円、CS4からのアップグレード版「A」が税込98,700円、CS2/3からのアップグレード版「B」が税込134,400円、対象となる単体製品からのアップグレード版「C」が税込176,400円。学生・教職員個人版は税込83,370円。

今回のCS5.5の発売にあわせて、新たに月額定額制の価格プランの提供が開始される。常に最新版を活用したいと考えるユーザーや、プロジェクト単位のニーズを持つユーザー、一定期間試用したいと考えるユーザーにとっては重宝しそうだ。Adobe Creative Suite 5.5 Production Premiumの場合、年間契約で月額税込12,000円、月々プランで月額税込19,000円。

Adobe Creative Suite 5.5 Production Premiumに同梱されるAdobe Premiere Pro CS 5.5では、精度とコントロールを向上させる新たなトリミングツールと編集ツールの導入や、全体的なパフォーマンスやREDをはじめとするテープレスカメラのサポートが強化されている。「REDソース設定」ダイアログや、Adobe Labsから提供される拡張機能を通じてRED Epicカメラからの最大5kのメディアをネイティブサポートする。

After Effects CS5.5では、「ワープスタビライザー」、「カメラレンズブラー」、「ライトフォールオフ」などの新機能を採用。「ワープスタビライザー」は、フッテージのブレを学習することでカメラの手ぶれを排除し、スタビライザー上にカメラを取り付けたかのようなスムーズな映像を再現できる。「カメラレンズブラー」効果は、物理レンズの特性を模倣することでよりリアルな被写界深度を再現。「ライトフォールオフ」効果では、照明の自然なフォールオフのシミュレーションを行い、3Dシーンでの光の挙動を模倣することができるほか、これを使用して他の光の減衰効果を作成することもできるという。

また、Creative Suite 5.5に新しく加わったAdobe Audition CS 5.5は、オーディオの録音、編集、ミックス、マスター、調整を行うためのツールセットで、レコーディング、ミキシング、音声修復など、様々なオーディオ制作作業を効率化できる。Adobe Audition CS 5.5ではオーディオエンジンが完全に書き直され、Mac OSとWindowsの両方に対応した。Adobe Auditionに搭載されているOMFフォーマットの読み込みおよび書き出し機能を使用すると、Adobe AuditionとAvid Pro Tools間でセッションをやり取りできるほか、XML互換機能を介して他のNLEとファイルを共有することも可能としている。

なお同社では11日から米ラスベガスで開催されるNAB2011にCreative Suite 5.5シリーズを出展する(ブース番号:SL3320)。新機能詳細については以下の同社公式Webサイトを確認されたし。
http://www.adobe.com/jp/products/creativesuite/production.html


[ Category : , ]
[ DATE : 2011-04-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アドビ、米国発「Adobe MAX 2020」に他国/他地域の「Adobe MAX」イベントを一つに統合して開催

アドビは、2020年10月20日から22日までの3日間、オンラインで開催予定の米国発「Adobe MAX 2020」に、今秋日本で開催予定だった「Adobe MAX Japan 2... 続きを読む

アドビ、「Adobe Creative Residency Community Fund」の申請を開始。グローバルでCOVID-19の影響を受けたクリエイターの創作活動を支援

アドビ システムズ 株式会社は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で厳しい状況に置かれたクリエイターの創作活動を支援するため、約1億円(100万米ドル)のファンド「Cre... 続きを読む

アドビ、Creative Cloudビデオアプリの新リリースを開始。Premiere ProはProRes RAWをサポート

アドビは、Premiere Pro、After Effects、Audition、Character Animator、Media Encoder、Premiere Rushを含む... 続きを読む

アドビ、2020年のAdobe MAXをオンラインイベント「Digital MAX」として開催

アドビは、同社の年次イベントであるクリエイティブカンファレンス「Adobe MAX」を中止してオンラインイベント「Digital MAX」として開催することを発表した。 Ad... 続きを読む

[再現NAB2020:アドビ]Premiere Proで大規模プロジェクトを小さな部分に分割、プロジェクトの再利用、共同作業を実現するプロダクション機能について聞く

Adobe Premiere Proで長編制作が行いやすくなるプロダクション機能を搭載 アドビは、Adobe Premiere Proのバージョン14.1にてポストプロダクシ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. アドビ、Adobe Creative Suite 5.5 Production Premiumを発表