PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > NHK、小型SHVカメラで試験的オリンピック収録、2016年へ放送時期を繰り上げを目指す

News

NHK、小型SHVカメラで試験的オリンピック収録、2016年へ放送時期を繰り上げを目指す

2012-08-03 掲載

NHKは、ロンドンオリンピックを最新のスーパーハイビジョン(SHV)機材を使って収録し、パブリックビューイングを行っている。現場で使われているのは、今年5月に開催された「技研公開2012」にて一般初公開された、現行HDカメラと同等外形サイズを持つ3,300万画素SHVカメラ。7680×4320画素(3,300万画素)の映像を撮影でき、ヘッド部の重さが約4kgと小型化を図ったもの。10年前のSHVカメラは80kg。2010年時は20kgだった。

この新型SHVカメラは、NHK放送技術研究所と日立国際が共同開発した。従来のSHVカメラで実装していた複数のCMOSセンサを、7680×4320画素を1枚で対応できるCMOSセンサを実装することで小型化を実現した。SHV信号は非圧縮24GpsでHDD、SSDまたはP2レコーダへ転送される。HDD/SSDの場合20分~50分(非圧縮)、PSの場合は2時間(圧縮)ほど記録が可能。

「今回の新型SHVカメラが夏季オリンピックで試せることは、SHVを放送可能なフォーマットにするという我々の目標への大きな前進となった」と、久保田啓一NHK理事技師長は英BBCラジオシアターで行われた記者会見で語った。さらに「カメラやプロジェクタ、スクリーンの開発は順調。次の挑戦は、衛星と光を使っていかにSHV映像を伝送できるかという部分。技術革新の速度は現在、非常に高速。2016年あたりでそれら全てが確立できれば非常に嬉しい」と、4年後に試験放送時期を繰り上げられる可能性を示唆した。

NHK側は、パナソニックと145インチ「8K4K」スーパーハイビジョン対応PDPを共同開発。またシャープとは、85型スーパーハイビジョン液晶を共同開発している。

NHKは8月22日まで、渋谷など国内3カ所で「スーパーハイビジョン」によるパブリックビューイングを実施している。いずれの会場とも入場は無料。以前よりSHVトランスミッション実証試験などで提携をしているBBCでも、英国内3か所でパブリックビューイングを行っている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2012-08-03 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NHK、200万画素ハイビジョン解像度相当の3次元映像表示システムを開発

システムの原理 NHKは、被写体からの光線を再現する「アクティナビジョン」と呼ぶ独自の3次元映像表示方式で、“ハイビジョン解像度相当(約200万画素)の高精細な3次元映像”を表示... 続きを読む

NHK、8K 22.2chでの上映イベントを開催

NHKは、BS8Kで1月から放送している8Kクラシック番組「いまよみがえる伝説の名演奏・名舞台」を8K映像と22.2chサラウンド音響で体感できる8K上映イベントを2020年2月1... 続きを読む

[InterBEE2019]NHK、InterBEE2019出展概要を発表。“8Kスポーツ”コンテンツと最新の8K制作への取り組みを紹介

NHKは一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)と共同で、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」... 続きを読む

NHK、フレキシブルディスプレイの長寿命化に向けた有機EL用材料を開発

フレキシブルディスプレイのイメージ NHKは、巻き取りや折り曲げができるフレキシブルディスプレイの実現を⽬指し、有機ELの研究開発を進めており、今回長寿命化に向けて新たな有機... 続きを読む

[NAB2019:NHK]8K放送システムやコンテンツの展示、裸眼による3D映像システムを展示

NHKブース動画 NHKブースレポート すでにNHKが提唱していた4K8Kは実用期にはいり、カメラを初めとした様々な機器がすでに内外各メーカーから発... 続きを読む

トップ > ニュース > NHK、小型SHVカメラで試験的オリンピック収録、2016年へ放送時期を繰り上げを目指す