PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Cerevo、ライブ配信デバイス「LiveShell PRO」を発売。720p配信に対応

News

Cerevo、ライブ配信デバイス「LiveShell PRO」を発売。720p配信に対応

2012-09-05 掲載

発表会でモデルを務めた、”全レッスン公開型アイドルユニット”フラップガールズスクールの青山玲奈さん

株式会社Cerevoは、PCレスで720pのHD映像配信が可能なライブ配信デバイス「LiveShell PRO」を2012年10月より発売する。希望小売価格は税込み54,999円。

LiveShell PROは、2011年11月に発売されたライブ配信デバイス「LiveShell」の上位機種。Ustreamやニコニコ生放送、YouTube Liveといった各種配信サービスに対して、720p H.264/AACでの映像・音声配信が可能。最大で10Mbpsの高ビットレート配信に対応し、3Mbps程度の低帯域でも高画質なHDライブ配信が行えるという。なお、従来のSDモデルは価格もターゲットユーザーも異なるため併売される。

cerevo_01.JPG 株式会社Cerevo代表取締役 岩佐琢磨氏が、LiveShell PROのコンパクト設計をアピール。外形寸法は123mm×90mm×26mm、重量350g(バッテリー含む)
cerevo_05.JPG  cerevo_04.JPG 同社による「ライブ配信のプロ」の定義。これらの市場に対して、安価、安定、高画質配信が行える機器を提供していく。

筐体前面にはマイク入力端子とモニター出力端子を搭載。モニター出力端子は4ピンの特殊端子で、通常のイヤホンを用いて音声チェックが行えるほか、別売りのモニターOUT端子専用ブレイクアウトケーブルを利用することでモニター映像のチェックも可能。背面にはHDMI、コンポジット、およびオーディオ入力(MIC/LINE)端子を搭載しており、HDMIではカメラに付けたマイクからの音声も入力可能だ。HDMI端子上部には脱落防止のネジ穴が用意されており現場でHDMIケーブルが抜けてしまうことを防止できる。

cerevo_03.JPG

ネットワークは有線LAN(10BASE-T/100BASE-TX)および無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)に対応。配信管理を行う専用サイト「Dashboard」の機能も強化され、画像をクロップして好きなアスペクト比での配信をしたり、細かい配信解像度の指定もできるという。

新たに内蔵された充電式バッテリーは交換も可能で、AC電源利用時は配信を止めることなくバッテリー交換が行える。万一ACアダプターが抜けてしまった場合でも自動的にバッテリー駆動に切り替わり配信を継続できる。なお、バッテリー1本でおよそ3時間駆動が可能としている。


[ Category : ]
[ DATE : 2012-09-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

【決算総力祭2019】Cerevo CDP-LS02A Ustream認定HD対応ライブ配信ユニット LiveShell PRO [SYSTEM5]
【決算総力祭2019】Cerevo CDP-LS02A Ustream認定HD対応ライブ配信ユニット LiveShell PRO [SYSTEM5]
販売価格: ¥53,280(税込)
PC不要でH.264、HD画質でライブ配信を可能にするUstream認定ライブ配信ユニットです。 ※配信を行う際には、無線LANなどのLAN環境が別途必要です。

関連する記事

Cerevo、ワイヤレス対応のタリーランプシステム「FlexTally」を発売

株式会社Cerevoは、ワイヤレスと有線の両接続に対応したタリーランプシステム「FlexTally(フレックスタリー)」を2017年12月下旬に発売する。予約受付開始は11月30日... 続きを読む

Cerevo、1080/60pのフルHDライブ配信や同時配信・録画機能などを搭載した「LiveShell X」を発売

株式会社Cerevoは、ライブ配信が可能なライブ配信専用機器「LiveShellシリーズ」の最新モデルとして「LiveShell X」を、同社直販サイトで2016年9月下旬より発売... 続きを読む

「ラジオ局が本気で作るラジオ」、クラウドファンディングで資金調達を開始

ニッポン放送、Cerevoとグッドスマイルカンパニーは、共同でワイドFM(FM補完放送)対応のラジオ端末「Hint(ヒント)」を開発、製品化を目指してクラウドファンディング「CAM... 続きを読む

Cerevo、LiveShell PROのファームウェアRev.3769を公開。5GHz帯無線LANおよびLTE対応USBモデムでの通信が可能に

株式会社Cerevoは、ライブ配信が可能なライブ配信専用機器「LiveShell PRO」のアップデートファームウェアRev.3769を2016年2月3日に公開した。同ファームウェ... 続きを読む

CerevoのLiveWedgeようやく発売へ!!※ただし仕様変更あり

一昨年のInterBEE2013で発表され発売が延期となっていたCerevo社のライブ配信機能搭載ビデオスイッチャー「LiveWedge」が、いよいよ今月27日より出荷が開始される... 続きを読む

トップ > ニュース > Cerevo、ライブ配信デバイス「LiveShell PRO」を発売。720p配信に対応