PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > グラスバレー、ビデオ編集ソフトウェア「EDIUS Pro 7」を発表。EOS-1D Cの4K高速デコードやXAVC対応、DaVinci Resolve連携も

News

グラスバレー、ビデオ編集ソフトウェア「EDIUS Pro 7」を発表。EOS-1D Cの4K高速デコードやXAVC対応、DaVinci Resolve連携も

2013-07-08 掲載

グラスバレー株式会社は、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェア「EDIUS」シリーズ最新版「EDIUS Pro 7」を2013年8月下旬に発売する。メーカー希望小売価格は、EDIUS Pro 7通常版が税込み83,790円、アップグレード版が税込み31,290円、アカデミック版が税込み41,790円。2013年6月1日以降にEDIUS Pro 6.5およびバンドル版を含む製品を購入したユーザーはEDIUS Pro 7へ無償アップデートが可能だ。無償アップデートの方法についてはEDIUS Pro 7発売後に同社Webサイトで案内予定としている。

EDIUS Pro 7では4Kフォーマットへの対応が強化された。Sony XAVC/XAVC S、Panasonic AVC-Ultra、Canon EOS-1D C Motion JPEGにも対応する(XAVC Sおよび AVC-Ultraはカムコーダー発売後を予定)。最適化と分散処理が施された高速デコードエンジンを搭載したことで、Canon EOS-1D Cの4Kデコードフレーム数がEDIUS Pro 6.5比で約7倍にアップしたという。なお本バージョンより64bitシステムに最適化された。対応OSはWindows 7 64bit(Service Pack 1以降)またはWindows 8 64bit。

また、EDIUS Pro 7ではBlackmagic Design社のカラーグレーディングソフトウェア「DaVinci Resolve」とのEDL連携(EDLによるプロジェクトのインポートおよびエクスポート)にも対応したことで、EDIUS Pro 7を用いた新しいカラーグレーディングのワークフローも構築できる。さらに、従来の自社製ハードウェアに加え、Blackmagic Design社とMatrox社のI/Oハードウェアにも対応する。今後はAJA Video Systems社のハードウェアへの対応も予定しており、日本語版での対応は2013年第4四半期を予定している。

その他にも、H.264/AVCデコードエンジンの高速化、第4世代インテルCore iプロセッサー対応、ガウシアンブラ―フィルター、自動アップデート通知機能など、様々な新機能を搭載。MPEG-2エンコードエンジンも強化されており、たとえばXDCAM HD422のエンコード速度ではEDIUS Pro 6.5比で約2倍の高速化を実現したという。

130708_edius_pro_7_gui_jp.jpg EDIUS Pro 7 GUIイメージ

なお、ネットワークに接続された制作環境向けに、HDWSシリーズおよびREXCEEDシリーズのターンキー編集システムに搭載されるバージョン「EDIUS Elite 7」も登場予定。EDIUS Elite 7では、複数の編集端末からの同時編集や、K2サーバーへの直接保存、インジェストができることに加えて、ライブ映像のリアルタイム編集ができる機能などを搭載したGV STRATUSノンリニアプロダクションシステムや、Grass Valley K2メディアサーバーとシームレスな統合が行える。EDIUS Elite 7搭載ターンキー編集システムの発売時期は未定だが、GV STRATUSとの連携対応は2013年9月のリリースを予定している。

主な機能
  • 様々なフォーマットのネイティブで編集(Sony XDCAM、Panasonic P2、Ikegami GF、Red、CANON XF/EOS MOVIE(ALL-I)、一眼ムービー)
  • AVCHDの高速編集
  • 無制限に増加できるトラックなど、自由度が高く、素早く操作できるインターフェース
  • 最大4K/2K、最小24×24の解像度に対応し、プロジェクトと異なる解像度でもリアルタイムで変換し、編集が可能
  • 60p/50p、60i/50i、24pなど、プロジェクトと異なるフレームレートでもリアルタイムで変換し、編集が可能
  • プロキシとハイレゾを切り替えることができるプロキシワークフローに対応
  • シーケンスをクリップとして扱うことができるネストシーケンス機能
  • GPUを使用したトランジションエフェクト
  • ビデオフィルター、トランジション、キーヤー、タイトルなどのリアルタイムエフェクト
  • 16カメまで対応できるマルチカム編集機能
  • タイムラインから直接Blu-rayやDVDの作成が可能
  • メディアカードに直接出力が可能
  • MXF、GXF、QuickTime、Windows Mediaなど、様々な形式での出力が可能
  • 3Dステレオスコピック編集が可能
  • 編集中のモニタリングに加えて、クリップやシーケンスの解析結果を素早く表示できるラウドネスメーター
  • シェイクスタビライザー(手ブレ補正)エフェクトを搭載
  • テープレスメディアから素材を簡単にインポートできるソースブラウザー
  • インテル クイック・シンク・ビデオに対応した高速エンコード
  • マスクフィルター搭載
  • Mac版Grass Valley HQX Codec対応
仕様・動作環境
CPU
  • インテルCore 2/Core iX以上
  • インテルの3GHz以上シングルコアCPU(マルチCPUもしくはマルチコアCPUを推奨)
  • SSSE3(Supplementary SSE3)対応が必要
メモリー
  • 2GB RAM(4GB以上を推奨)※必要となるメモリーサイズはプロジェクトによって異なります。
  • SD/HDプロジェクト: 4GB以上を推奨
  • 4Kプロジェクト: 8GB以上を推奨)※RAMの搭載可能量はそれぞれのOSによって異なります。
  • Windows 8 Enterprise/Professional 64-bit:512 GB
  • Windows 8 64-bit:128 GB
  • Windows 7 Ultimate/Enterprise/Professional 64-bit:192 GB
  • Windows 7 Home Premium 64-bit:16 GB
  • Windows 7 Home Basic 64-bit : 8 GB
グラフィックカード
  • 1024×768 32bit以上の解像度
  • Direct3D 9.0c以降
  • PixelShader Model 3.0以降※GPUfxで必要となるメモリーサイズはプロジェクトによって異なります。
  • SD/HDプロジェクト:512MB以上を推奨
  • 4Kプロジェクト:2GB以上を推奨
OS
  • Windows 7 64bit(Service Pack 1以降)、Windows 8 64bit

[ Category : ]
[ DATE : 2013-07-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

グラスバレー、ノンリニアビデオ編集ソフトウェア「EDIUS Pro 9」を発売。HDRやLog素材のリアルタイムネイティブ編集が可能に

グラスバレー株式会社は、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアEDIUSの最新バージョンとして「EDIUS Pro 9」を発売する。EDIUS Pro 9は2017年11月上旬、E... 続きを読む

グラスバレー、IBC 2017出展概要を発表。UHD 3CMOSセンサー搭載「LDX 86 Nカメラシステム」や「EDIUS 9」などを展示

「LDX 86N」 グラスバレーは、2017年9月15日~19日にオランダ・アムステルダムで開催される放送機器展「IBC 2017」に出展する(ブースNo.1 D11)。 ... 続きを読む

キヤノン、EOS 6D Mark IIのキャンペーンを実施。購入前の事前登録でグラスバレー「Mync Standard」をゲットするチャンス!

キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、同社の一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」のキャンペーン「Live!フルサイズキャンペーン」を2018年1月31日まで実施してい... 続きを読む

[NAB2017]グラスバレー、NAB出展概要を発表。UHD 3CMOSセンサーを搭載したLDX86シリーズの最新システムカメラを展示

※写真はNAB2016の様子 グラスバレーは、2017年4月22日から27日(米国時間)の期間中に米国ラスベガスで開催されるNAB2017に出展する(サウスホール/SL106... 続きを読む

グラスバレー、コンテンツの取り込みから管理を効率的に行える高速メディアプレイヤー「Mync」のプレスカンファレンスを開催

グラスバレー株式会社は2017年3月22日に、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアEDIUS 8に搭載されているコンテンツ管理機能「GV Browser」に新たな機能を追加した「... 続きを読む

トップ > ニュース > グラスバレー、ビデオ編集ソフトウェア「EDIUS Pro 7」を発表。EOS-1D Cの4K高速デコードやXAVC対応、DaVinci Resolve連携も