PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > グラスバレー、ビデオ編集ソフトウェア「EDIUS Pro 7」を発表。EOS-1D Cの4K高速デコードやXAVC対応、DaVinci Resolve連携も

News

グラスバレー、ビデオ編集ソフトウェア「EDIUS Pro 7」を発表。EOS-1D Cの4K高速デコードやXAVC対応、DaVinci Resolve連携も

2013-07-08 掲載

グラスバレー株式会社は、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェア「EDIUS」シリーズ最新版「EDIUS Pro 7」を2013年8月下旬に発売する。メーカー希望小売価格は、EDIUS Pro 7通常版が税込み83,790円、アップグレード版が税込み31,290円、アカデミック版が税込み41,790円。2013年6月1日以降にEDIUS Pro 6.5およびバンドル版を含む製品を購入したユーザーはEDIUS Pro 7へ無償アップデートが可能だ。無償アップデートの方法についてはEDIUS Pro 7発売後に同社Webサイトで案内予定としている。

EDIUS Pro 7では4Kフォーマットへの対応が強化された。Sony XAVC/XAVC S、Panasonic AVC-Ultra、Canon EOS-1D C Motion JPEGにも対応する(XAVC Sおよび AVC-Ultraはカムコーダー発売後を予定)。最適化と分散処理が施された高速デコードエンジンを搭載したことで、Canon EOS-1D Cの4Kデコードフレーム数がEDIUS Pro 6.5比で約7倍にアップしたという。なお本バージョンより64bitシステムに最適化された。対応OSはWindows 7 64bit(Service Pack 1以降)またはWindows 8 64bit。

また、EDIUS Pro 7ではBlackmagic Design社のカラーグレーディングソフトウェア「DaVinci Resolve」とのEDL連携(EDLによるプロジェクトのインポートおよびエクスポート)にも対応したことで、EDIUS Pro 7を用いた新しいカラーグレーディングのワークフローも構築できる。さらに、従来の自社製ハードウェアに加え、Blackmagic Design社とMatrox社のI/Oハードウェアにも対応する。今後はAJA Video Systems社のハードウェアへの対応も予定しており、日本語版での対応は2013年第4四半期を予定している。

その他にも、H.264/AVCデコードエンジンの高速化、第4世代インテルCore iプロセッサー対応、ガウシアンブラ―フィルター、自動アップデート通知機能など、様々な新機能を搭載。MPEG-2エンコードエンジンも強化されており、たとえばXDCAM HD422のエンコード速度ではEDIUS Pro 6.5比で約2倍の高速化を実現したという。

130708_edius_pro_7_gui_jp.jpg EDIUS Pro 7 GUIイメージ

なお、ネットワークに接続された制作環境向けに、HDWSシリーズおよびREXCEEDシリーズのターンキー編集システムに搭載されるバージョン「EDIUS Elite 7」も登場予定。EDIUS Elite 7では、複数の編集端末からの同時編集や、K2サーバーへの直接保存、インジェストができることに加えて、ライブ映像のリアルタイム編集ができる機能などを搭載したGV STRATUSノンリニアプロダクションシステムや、Grass Valley K2メディアサーバーとシームレスな統合が行える。EDIUS Elite 7搭載ターンキー編集システムの発売時期は未定だが、GV STRATUSとの連携対応は2013年9月のリリースを予定している。

主な機能
  • 様々なフォーマットのネイティブで編集(Sony XDCAM、Panasonic P2、Ikegami GF、Red、CANON XF/EOS MOVIE(ALL-I)、一眼ムービー)
  • AVCHDの高速編集
  • 無制限に増加できるトラックなど、自由度が高く、素早く操作できるインターフェース
  • 最大4K/2K、最小24×24の解像度に対応し、プロジェクトと異なる解像度でもリアルタイムで変換し、編集が可能
  • 60p/50p、60i/50i、24pなど、プロジェクトと異なるフレームレートでもリアルタイムで変換し、編集が可能
  • プロキシとハイレゾを切り替えることができるプロキシワークフローに対応
  • シーケンスをクリップとして扱うことができるネストシーケンス機能
  • GPUを使用したトランジションエフェクト
  • ビデオフィルター、トランジション、キーヤー、タイトルなどのリアルタイムエフェクト
  • 16カメまで対応できるマルチカム編集機能
  • タイムラインから直接Blu-rayやDVDの作成が可能
  • メディアカードに直接出力が可能
  • MXF、GXF、QuickTime、Windows Mediaなど、様々な形式での出力が可能
  • 3Dステレオスコピック編集が可能
  • 編集中のモニタリングに加えて、クリップやシーケンスの解析結果を素早く表示できるラウドネスメーター
  • シェイクスタビライザー(手ブレ補正)エフェクトを搭載
  • テープレスメディアから素材を簡単にインポートできるソースブラウザー
  • インテル クイック・シンク・ビデオに対応した高速エンコード
  • マスクフィルター搭載
  • Mac版Grass Valley HQX Codec対応
仕様・動作環境
CPU
  • インテルCore 2/Core iX以上
  • インテルの3GHz以上シングルコアCPU(マルチCPUもしくはマルチコアCPUを推奨)
  • SSSE3(Supplementary SSE3)対応が必要
メモリー
  • 2GB RAM(4GB以上を推奨)※必要となるメモリーサイズはプロジェクトによって異なります。
  • SD/HDプロジェクト: 4GB以上を推奨
  • 4Kプロジェクト: 8GB以上を推奨)※RAMの搭載可能量はそれぞれのOSによって異なります。
  • Windows 8 Enterprise/Professional 64-bit:512 GB
  • Windows 8 64-bit:128 GB
  • Windows 7 Ultimate/Enterprise/Professional 64-bit:192 GB
  • Windows 7 Home Premium 64-bit:16 GB
  • Windows 7 Home Basic 64-bit : 8 GB
グラフィックカード
  • 1024×768 32bit以上の解像度
  • Direct3D 9.0c以降
  • PixelShader Model 3.0以降※GPUfxで必要となるメモリーサイズはプロジェクトによって異なります。
  • SD/HDプロジェクト:512MB以上を推奨
  • 4Kプロジェクト:2GB以上を推奨
OS
  • Windows 7 64bit(Service Pack 1以降)、Windows 8 64bit

[ Category : ]
[ DATE : 2013-07-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

グラスバレー、ノンリニアビデオ編集ソフトウェア「EDIUS 9」の最新バージョン9.3をリリース

グラスバレー株式会社は、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアEDIUS 9の最新バージョン9.3をリリースした。最新バージョンは同社Webページにて無償でダウンロード可能。 ... 続きを読む

EIZO、グラスバレーとの協業を発表。EDIUS Workgroup 9のVersion 9.2にColorEdgeのカラーモードをコントロールする機能を搭載

EIZO株式会社は、グラスバレー株式会社との協業を発表。同社のカラーマネージメント液晶モニターColorEdge 4Kモデルが、グラスバレーのノンリニアビデオ編集ソフトウェア「ED... 続きを読む

グラスバレー、ノンリニアビデオ編集ソフトウェア「EDIUS 9」の最新バージョン9.2をリリース

グラスバレー株式会社は、ノンリニアビデオ編集ソフトウェア EDIUS 9の最新バージョン9.2をリリースした。最新バージョンは同社Webページにて無償でダウンロード可能。 ... 続きを読む

[NAB2018]グラスバレー、NAB2018プレスカンファレンスを開催。NAB出展概要や新製品を発表

去る3月30日、東京・日本橋のグラスバレー社にてNAB2018のプレスカンファレンスが開催された。同カンファレンスでは、NAB2018の出展情報の説明や、新製品や製品のアップデート... 続きを読む

[InterBEE2017]グラスバレーブース:EDIUS 9やiTX/iTX On-Demandをはじめとしたライブプロダクション、ニュース、コンテンツデリバリーの各種ソリューションを展示

グラスバレーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

トップ > ニュース > グラスバレー、ビデオ編集ソフトウェア「EDIUS Pro 7」を発表。EOS-1D Cの4K高速デコードやXAVC対応、DaVinci Resolve連携も