PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > GoPro用軽量ハンドヘルド・スタビライザーがキックスターターで話題に。3軸ジンバル、モーター駆動で激スポーツ撮影でも安定水平

News

GoPro用軽量ハンドヘルド・スタビライザーがキックスターターで話題に。3軸ジンバル、モーター駆動で激スポーツ撮影でも安定水平

2013-09-20 掲載

このキックスターターに現れたGoPro向けのスタビライザーSTABiLGOは、米Freefly Systems社のフルデジタルカメラジンバル「MōVI」からのインスピレーションだったという。MōVIはDSLR・シネマカメラ向けで、価格は三ケタだ。そこで、もっと手頃な価格でGoPro向けにと、ニューヨーカーのシネマトグラファー2名が、プロジェクトとしてキックスターターに立ち上げた。1人はMTVでテクニカルプロデューサーを務めている。

STABiLGOの紹介ビデオ&テストシューティング

キックスターターのキャンペーン前に9か月間ほど開発期間が費やされた。資金募集の目的は、中国で量産するためだ。キックスターターでデビューした数週間で、STABiLGOの勝利を認める6グループから連絡があったという。

STABiLGOは、ジャイロセンサーが付いた、電動モーターが32ビットのFMCU(Flash Micro Controller Unit)で制御される。ジンバル雲台プレートはカーボン素材を採用。

GoPro装着時でも総重量が700g以下と、片手で十分持っていられる重さだ。設定は難しくなく、通常の雲台にとりつけるようにカメラを取り付けて重心(COG:X:27.5mm、Y:11.5mm、Z:35.5mm)が設定されれば準備完了だ。カメラバランスを整え、電源を入れれば、後はカメラで収録するだけ。稼働時間は、フル充電で90分だという。ピッチ角(前後傾き)180度、ロール(左右傾き)270度になっている。安定速度は、ロール/ピッチとも、180度/秒。

STABiLGOのサイドバイサイドテスト

キックスターターでのキャンペーンは終了している。キックスターターで先行予約したバイヤーにはベータ版を来月には順次出荷するとしている。正式版は来年3月に発売、価格は699ドルを予定している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2013-09-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アスク、「ワイヤレス同期撮影ワークフロー紹介セミナー」を開催。Timecode Systems製品とGoProを使用したマルチカメラ同期撮影ソリューションなどを紹介

株式会社アスクメディア&エンタープライズ事業部(ASK M&E)は、2018年1月23~24日の2日間、「ワイヤレス同期撮影ワークフロー紹介セミナー」を開催する。会場は東京都・千代... 続きを読む

GoPro、360°コンテンツを5.2Kで撮影可能な「Fusion」を発表

GoProは、防水仕様の5.2K全天球カメラ「Fusion」を発表した。米国での販売価格は699.99ドル。日本国内での発売時期・価格は未定。 Fusionは、360°コンテ... 続きを読む

GoPro、4K60p、1080p240対応の「HERO6 Black」を発売

GoProは、4K60p、1080p240のビデオスタビライゼーション「HERO6 Black」を2017年9月25日に発売開始した。希望小売価格は税込59,000円。 ... 続きを読む

GoPro、Fusion「オーバーキャプチャ」の魅力をアプローチする

GoProが4月のNABで明らかにした、全方位360°が撮れるアクションカメラFusionのトライアルがこの夏から始まった。 ベータサイト(パイロットプログラム)の申込者は2... 続きを読む

集え、GoProユーザー「GoPro Camp 2017」が開催

2017年9月2日(土)~3日(日)の2日間、 長野県・白馬八方尾根スキー場咲花ゲレンデにてGoProユーザーのための「GoPro Camp 2017」が開催される。 同キャ... 続きを読む

トップ > ニュース > GoPro用軽量ハンドヘルド・スタビライザーがキックスターターで話題に。3軸ジンバル、モーター駆動で激スポーツ撮影でも安定水平