PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > スカイ・ドイツ、ブンデスリーガ試合中継を史上初の4K50p/HEVCで衛星伝送

News

スカイ・ドイツ、ブンデスリーガ試合中継を史上初の4K50p/HEVCで衛星伝送

2014-05-08 掲載

衛星放送事業者のスカイ・ドイツがサッカーリーグ試合の中継を、4Kプロダクションを介し、衛星で伝送、4KテレビにHEVCストリームで再生するという、エンドトゥエンドの次世代放送に成功した。

2014年4月27日にドイツ・アリアンツ・アレーナで開催されたブンデスリーガの試合(FCバイエルン・ミュンヘン対SVベルダー・ブレーメン)において、DFL(ドイツサッカー連盟)とブンデスリーガ認定のSportscast協力のもと試験放送を行った。会場では、6台のソニーF55および4台のHDカメラで撮影。ライブソースは10Gイーサネット経由でスポーツプロダクションTopVisionの中継車でプロダクションされ(HDカメラソースはUHDにアップコンバート)、独フラウンホーファーHHI/ローデ・シュワルツと米エレメンタルのライブエンコーダーでHEVC化、多重化してアップリンク、ミュンヘン地区にあるスカイ・ドイツ本社の施設で受信され、施設内に設置したサムスン製の4KTV数台にセットトップボックス(STB)経由で再生したという。STBは4K60p/HEVCに対応できるViXSの最新SoCを搭載したテクニカラー製のものが主に使用された。

衛星はSES SA Astra 19.2E、コントリビューションリンクはMTI Teleport München GmbH。中継車には、4KプロダクションにEVSサーバとハイライト用にクォンテルサーバ、そしてVizrt社製のグラフィックスシステムが積んである。

スカイ・ドイツは2012年の12月にも、同リーグ戦(FCバイエルン・ミュンヘン対ボルシア・ドルトムント)にて4Kカメラを使って収録したことを始め、2013 UEFAチャンピオンズリーグ準決勝ではBSkyBと共同でマルチ4Kカメラを使用するなど、次世代放送の実証実験を重ねてきた。昨年のIBCでは、SES SA Astra2衛星経由で4K30p/HEVCコンテンツ伝送を行いPace製のSTB経由で4KTVに再生した。今回は4K50p/HEVCに対応した最新のエンコーダーとデコーダーが揃ったことで最前線の実証実験が成功した。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-05-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NTTぷらら、「ひかりTV」の4K-IP放送をパナソニックの4Kテレビ向けに提供開始

株式会社NTTぷららは、映像配信サービス「ひかりTV」の4K映像による放送サービス(以下:4K-IP放送)をパナソニック株式会社のひかりTVチューナー機能対応の4Kビエラ向けに提供... 続きを読む

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

4K映像に特化した映画祭「4K徳島国際映画祭2017」開催決定!作品応募もスタート

株式会社プラットイーズは、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K徳島国際映画祭2017」を2017年11月25~26日に開催する。募集期間は2017年9月20日本映画祭... 続きを読む

シンクレイヤ、4K対応AndroidベースTVボックス、AI搭載UHD IPホームメディアハブを参考出展

シンクレイヤ株式会社は、7月20日から2日間、東京国際フォーラムで開催された「ケーブル技術ショー2017」に出展した。同社ブースではR-PON(Redundant-PON)を10G... 続きを読む

トップ > ニュース > スカイ・ドイツ、ブンデスリーガ試合中継を史上初の4K50p/HEVCで衛星伝送