PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 米ケーブルラボ、4Kコンテンツ・シェアサイトを開設。開発および検証で自由に利用可能

News

米ケーブルラボ、4Kコンテンツ・シェアサイトを開設。開発および検証で自由に利用可能

2014-08-18 掲載

米ケーブルラボは、ベンダーや事業者向けに4Kコンテンツサイトを公開した。

映像制作関連者やプラットフォーム開発者たちを支援するマイクロサイトとして、映像クオリティやフォーマットなどを検証してもらうことを目的としている。ケーブルラボの説明によると、このサイトで公開されている4KクリップはすべてCCライセンス(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス)下の作品で、非商用を条件にデモンストレーションや検証で利用できる。YouTubeでは既に多くの4Kコンテンツが投稿・公開されているが、今回のような利用フリーのモデルは初めて。

現在公開されている7作品はすべてRED EPICカメラで撮影したもので、最長尺は「Second That Count」の5分22秒。

またこのサイトでは、同時にコンテンツ募集も行っている。提供側は低ビットレートのHDファイルおよび4Kバージョンを用意する。フォーマットはHEVCもしくはAVC、ProResで受け付けるそうだ。ケーブルラボ側は受け取ったファイルデータのトランスコード処理を行ってサイトに公開する。また、これら提供されたコンテンツは、フォーラムやイベント、展示会で利用される可能性があることをサイトで明記している。

FAQには、この次世代のコンテンツを吟味するためのサイトを通して映像コンテンツを共有することで、世界中のケーブル事業者とつながる機会を得ることができるとアピールしている。

4Kコンテンツといえば、Netflixでは既に4Kフォーマットの独自番組コンテンツをサービスに乗せており、またNanoTechでも傘下の4Kスタジオで4Kにリマスターした50本以上のコンテンツをUltraFlix UHDサービスのライブラリに追加したところだ。NanoTechでは近々70ミリフィルムの映画作品やIMAXフォーマットの作品など10本以上をリマスターする予定だという。これらは4Kスタジオで最初に8Kフォーマットに変換され、そのあとに4K解像度で15-20Mbpsストリームできるようダウンコンバートされるとのこと。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-08-18 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NTTぷらら、「ひかりTV」の4K-IP放送をパナソニックの4Kテレビ向けに提供開始

株式会社NTTぷららは、映像配信サービス「ひかりTV」の4K映像による放送サービス(以下:4K-IP放送)をパナソニック株式会社のひかりTVチューナー機能対応の4Kビエラ向けに提供... 続きを読む

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

4K映像に特化した映画祭「4K徳島国際映画祭2017」開催決定!作品応募もスタート

株式会社プラットイーズは、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K徳島国際映画祭2017」を2017年11月25~26日に開催する。募集期間は2017年9月20日本映画祭... 続きを読む

シンクレイヤ、4K対応AndroidベースTVボックス、AI搭載UHD IPホームメディアハブを参考出展

シンクレイヤ株式会社は、7月20日から2日間、東京国際フォーラムで開催された「ケーブル技術ショー2017」に出展した。同社ブースではR-PON(Redundant-PON)を10G... 続きを読む

トップ > ニュース > 米ケーブルラボ、4Kコンテンツ・シェアサイトを開設。開発および検証で自由に利用可能