PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ARRI、ALEXAの新アップグレード、4K番組制作向けにProRes 3.2K記録に対応

News

ARRI、ALEXAの新アップグレード、4K番組制作向けにProRes 3.2K記録に対応

2014-09-10 掲載

ARRIは先週公表したAMIRAの4Kアップグレードに加え、ALEXA XTの次のファームウェアバージョンで、ProRes3.2Kで内部記録できる仕様を実装するという(16:9のみ)。ProRes 3.2K対応ファームウェアは来年初頭にリリース予定。

ARRIによると、ProRes 3.2Kでは「シンプルなUHD(4K)アップサンプリングが可能」で、4K TVに適応した画像範囲だという。前回のアップグレードでは、4:3アスペクトで3414×2198の記録ができるARRIRAW Open Gateモードを実装している。シネマ4Kの制作環境には、このARRIRAW Open Gateを使ってフルALEXA XTセンサーアクティブイメージエリア(=3.4K、アスペクト比1.55:1)で収録。ビューエリア(ビューファーで見えるエッジ外の範囲)まで含められ、画像のレストレーション、リサイズやスタビライゼーションするための解像度を持つことで、4K DCPへアップサンプリングしやすいという。

140910_Open_Gate_01

Open GateはALEXA XTモデルのみ対応(ALEXA ClassicでXRにアップグレードしたカメラでは不可)。ProRes 3.2KアップグレードはALEXA XRにも実装できる。

140910_b_alexa_prores_3_2_02

ARRIは、ALEXAを将来どのような規格が定まっても柔軟に対応できる“将来を見据えた”カメラとして進化し続けている。ちなみにALEXAとAMIRAは同じ4:3アスペクトのスーパー35(3414×2198)ALEV III CMOSセンサーを採用。ドキュメンタリー・スタイルと位置付けた2KカメラAMIRAに4K(3830×2160)ProRes内部記録モードを実装させたことからしても、ARRIが4K記録を自身のカメラの標準規格にするのは、そう遠くない話のようにみられる。ARRIのIBC2014展示スタンドはホール11のF21。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-09-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

「IBC2017」ARRI、Skypanelファミリーで最大サイズの「ARRI SkyPanel S360-C」を発表

ARRIは、IBC 2017にてSkypanel LEDファミリで最大サイズを実現した「ARRI SkyPanel S360-C」を発表した。S360-Cの照射面は幅1280mm×... 続きを読む

ナックイメージテクノロジー、「Cine Gear Expo」で「Technical Awards」を受賞したマットボックス「LMB-4×5」の勉強会を開催

7月18日、東京都港区の赤坂にあるナックイメージテクノロジー 赤坂レンタルにて「ARRIカメラアクセサリ勉強会」が行われた。ARRIメカニカルアクセサリプロダクトマネージャー、フィ... 続きを読む

ナックイメージテクノロジー、ARRIのALEXA SXT Wハンズオンセミナーを開催

5月31日、東京・港区のナックレンタルにてARRIのカメラスタビライザー「TRINITY」と、デジタルシネカメラ「ALEXA SXT W」のハンズオンセミナーが行われた。両製品とも... 続きを読む

ナックイメージテクノロジー、日本初上陸となるARRI TRINITYとALEXA SXT Wのハンズオンセミナーを開催

株式会社ナックイメージテクノロジーは、2017年5月31日(水)に「ARRI TRINITY&ALEXA SXT Wハンズオンセミナー」を開催する。会場は東京・赤坂にある同社レンタ... 続きを読む

[NAB2017]ARRI、HDビデオトランスミッターとWiFiモジュールを搭載した「ALEXA SXT W」を発表

ARRIは、HDビデオトランスミッターとWiFiモジュールを搭載した「ALEXA SXT W」を発表した。2017年第三四半期発売予定で価格は未定。 ALEXA SXT Wは... 続きを読む

トップ > ニュース > ARRI、ALEXAの新アップグレード、4K番組制作向けにProRes 3.2K記録に対応