PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > カールツァイスOtusファミリーに中望遠レンズが登場

News

カールツァイスOtusファミリーに中望遠レンズが登場

2014-09-26 掲載

フォトキナでカールツァイスからOtus(オータス)ファミリーの新しい中望遠レンズ「ZEISS Otus 1.4/85」が発表された。カールツァイスが“世界最高の中望遠レンズ”と謳うOtus 1.4/85は、Otus 55mm 1.4/55に続くシリーズ第二弾目。

Fマウント用のZF.2とEFマウント用のZEが揃う。ARRI/Zeissのようなシネマレンズを思わせる黄色のラベリングも今回のモデルのシグネチャー。レンズ構成は9群11枚で、Apo Makro(マクロ)プラナーを採用。

140926_Zeiss_makuro 140926_Zeiss_en_Otus-02

低分散ガラスが使用されたアポクロマート仕様で、ほぼ色収差がないレンズとなっている。画像上の明暗の移行部や特にハイライトにおいてほとんど色にじみ無く、軸上色収差を極限まで抑え込んでいるため、カラーフリンジも無いという。最短撮影距離は0.8m。フィルター径は86mmと、55mm F1.4(77mm)よりも一回り大きい。

140926_Zeiss_renz レンズフードは標準装備の1.4/85 ZF.2 Otus

Flickrのライブラリーにてサンプル画像が揃っている。価格は米国で4490ドル。出荷は今月末からの予定。主な仕様は以下の通り。

  • 焦点距離:85mm
  • 絞り値:F/1.4~F/16
  • 最短撮影距離:0.8m(31.50’’) – ∞
  • レンズ構成:9群11枚プラナー
  • 画角(対角/水平/垂直):28.24°/23.71°/15.97°
  • 最も近接の撮影範囲:278,85mm×185,61mm
  • フィルター径:M86×1.00
  • サイズ(レンズキャップ含む):ZF.2 138mm/ZE 141mm
  • ピントリング最大径:ZF.2101mm/ZE101mm
  • 重量:ZF.2 1140g、ZE 1200g
  • レンズマウント:ニコンF Mount(ZF.2)、キャノンEF Mount(ZE)

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-09-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ケルンメッセ、photokina 2019の中止を発表。次回は2020年5月に開催

ケルンメッセは、2019年5月に予定していたphotokina 2019の開催を1年延期し、2020年5月27日から5月30日に変更すること発表した。 photokinaは2... 続きを読む

[InterBEE2018]カールツァイスブース:未発売のプライムレンズSupreme Prime 100mmの展示やSupreme Prime 65mmを公開

カールツァイスブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウ... 続きを読む

カールツァイス、オートフォーカス対応近接撮影が可能な単焦点標準レンズ「Batis 2/40 CF E-mount」を発表

カールツァイスは、フルサイズEマウント用交換レンズ「ZEISS Batis」シリーズの新製品として単焦点標準レンズ「ZEISS Batis 2/40 CF」を発表した。日本国内発売... 続きを読む

「ZEISS Supreme Prime LensとARRI ALEXA LFセミナー」が大阪で開催

ARRI ALEXA LF 協同組合日本映画撮影監督協会とJSC関西映像懇話会は、「ZEISS Supreme Prime LensとARRI ALEXA LFのセミナー」を... 続きを読む

ケルンメッセ、2018年度以降の新アプローチを紹介したphotokinaの説明会を開催

ケルンメッセは6月27日、毎年開催や2019年以降は5月開催に新しく変わるphotokinaのハイライトを紹介する説明会を開催した。 Koelnmesse GmbH CO... 続きを読む

トップ > ニュース > カールツァイスOtusファミリーに中望遠レンズが登場