PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 最新DisplayPort標準、更なるHBRに。4K/120Hz、8K/5K/60Hzに対応、RAWフォーマットにも

News

最新DisplayPort標準、更なるHBRに。4K/120Hz、8K/5K/60Hzに対応、RAWフォーマットにも

2014-10-16 掲載

ビデオ関連の標準化団体であるVESA(ビデオエレクトロニクス規格協会)は先月19日にDisplayPort規格の更新版1.3の策定を発表した。

DisplayPort1.3では、HDCP 2.2やCECを含んだHDMI 2.0に対応。既存の仕様(DisplayPort 1.2)から大幅にアップグレード。HBR2(ハイビットレート2=5.1Gbps)からHBR3(8.1Gps)へ拡張し、帯域は32.4Gbps(8.1Gbps×4レーン)と50%拡張、8Kおよび5K(5,120×2,880、24bit)/60Hzまで可能となった。非圧縮映像の転送スループットは25.92Gbps。

141016_transferrate

更に4K(3,840×2,160)では120Hz(24bit)まで対応できるので、DisplayPortのマルチストリーム機能により、2画面の4Kディスプレイに1本のケーブルで転送できるようになる。フルHDディスプレイであれば7画面だ。

ビデオ周りだけでなく、たとえばVESAが策定したDockPortでDisplayPortとUSB3.0が同じインターフェイスで扱えるため、同じデータソースをマルチディスプレイやデバイスへ一度に転送できるようになる。

さらにシネマカメラからのRAWフォーマット、4Kの著作権保護技術や、ハイデフィニションオーディオ、8K×4Kでの採用が想定されている4:2:0の信号方式にも対応予定としておおり、DisplayPort1.3準拠検証は2015年半ばまで続けられる。DisplayPort to HDMI2.0コンバーターは2015年には市場に出てくるとVESAでは予測。

またDisplayPort1.3のHBR3や4:2:0といった新仕様に対応できるデバイスが市場に出回るのは2016年としている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-10-16 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NTTぷらら、「ひかりTV」の4K-IP放送をパナソニックの4Kテレビ向けに提供開始

株式会社NTTぷららは、映像配信サービス「ひかりTV」の4K映像による放送サービス(以下:4K-IP放送)をパナソニック株式会社のひかりTVチューナー機能対応の4Kビエラ向けに提供... 続きを読む

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

4K映像に特化した映画祭「4K徳島国際映画祭2017」開催決定!作品応募もスタート

株式会社プラットイーズは、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K徳島国際映画祭2017」を2017年11月25~26日に開催する。募集期間は2017年9月20日本映画祭... 続きを読む

シンクレイヤ、4K対応AndroidベースTVボックス、AI搭載UHD IPホームメディアハブを参考出展

シンクレイヤ株式会社は、7月20日から2日間、東京国際フォーラムで開催された「ケーブル技術ショー2017」に出展した。同社ブースではR-PON(Redundant-PON)を10G... 続きを読む

トップ > ニュース > 最新DisplayPort標準、更なるHBRに。4K/120Hz、8K/5K/60Hzに対応、RAWフォーマットにも