PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 4K AXIOM Super 35mmデジタルシネマカメラ。オープンハードウェア&ソフトウェアでスケーラブルに仕様拡張

News

4K AXIOM Super 35mmデジタルシネマカメラ。オープンハードウェア&ソフトウェアでスケーラブルに仕様拡張

2014-10-24 掲載

1か月前、類のない4Kオープンソースシネマカメラとしてクラウドファンディングサイトに登場したAxiomベータ。オープンソースカメラとして、スケーラブルに開発していけるのが大きな特徴だ。ボランティアで世界中から集まったフィルムプロ制作集団ApertusでAxiomベータのコンセプトを始めたのは数年前になるという。

Axiomベータは、将来のユーザーから搭載すべき仕様を聞きながら開発していく。調達できる資金規模によって、リモートコントロール、アクティブCanon EFマウント、バッテリーマウントから4K RAWレコーディング機能といった拡張を開発する予定だったが、すでに資金は予定の倍以上(現在2750万円)を達成したため、これら全てを製品化していく予定だ(ファンディング公開は23日で締め切っている)。

141024_-BETA_Zeiss_Battery2

搭載するセンサーは、4/3”のTrusense KAC-12040か大判スーパー35mmのCmosis CMV12000イメージセンサーから選べる。クラウドファンディングサイトで購入予約すれば、4/3”センサーでは2900ドル、スーパー35mmは3500ドル程度で完成製品が届けられる。また4/3”とスーパー35mmのセンサーを搭載したモノクロバージョンと、Cmosis CMV2000センサー(2/3”16mmセンサー)を搭載したフルHDカメラも開発することになった。

以下は各センサー自身の仕様。Axiomベータは、このセンサーの能力を最大限に引き出そうとしている。

141024_censorspec

Trusenseは12Fストップ(ローリングシャッター)で、9.3Fストップ(グローバルシャッター)。CMV12000センサー搭載モデルでのダイナミックレンジは10ストップだが、センサー自身の能力は15ストップまで拡張できる能力を持っているため、12ストップまでは拡張したいとしている。また3モードのHDRを有する。

141024_dr-illustration-v03

各センサーの感度、ブラックレベルやSN比とダイナミックレンジ、HDRなどのスペックは、Magic Lantern(マジック・ランタン)のコミュニティサイトに掲載されている。マジック・ランタンはCanon EOSカメラなどのアドオン機能を開発しているコーデック開発会社。今回のカメラでも開発支援をしている。

現在、搭載される主な仕様と機能は以下の通り。

  • リアルタイム映像処理(FPGA)、デュアルコアARM CPU
  • Linux OS(ArchLinux/Raspbian)
  • 4K RAW静止画
  • ルック:4チャンネルLUT、各出力のログモードとして対応(カスタマイズ可能)
  • リアルタイム処理:マトリックスカラーコンバージョン、固定パターン、ノイズ修正、ピクセル補正、オーバーレイ、誤色表示、ルックアラウンド(フレームに入れる前にVFでオブジェクトをチェックできる機能)
  • 3×HDMI系統から非圧縮フルHD(1080p60)4:4:4出力(4Kからダウンスケール)
  • ハイスピード転送レート(3×1080p60=180fps)
  • メカニカルシャッターを使わないタイムラプスとストップモーション撮影
  • リムーバブルな可視光線カットフィルター
  • キヤノン、ニコン、MFTレンズマウント(パッシブ)対応
  • 2モードのグローバルシャッター選択
  • モバイルデバイスからのカメラ機能制御
141024_size サイズは6.9mm(H)×10.8mm(W)×3.7mm(D) 141024_remotecontrol 商品化予定のリモートコントロールパネル

オープンソースを活かし、今後のスケーラブルなアップグレードで大判フルフレームか16mmハイスピード、またはダイナミックレンジのほうが優先なのか、そのあたりのフィードバックが反映されて進化していく。追加のインターフェイスもそうだ。3G-SDI、TC、ゲンロック、トリガー対応はすべてロードマップにのっている。高速SSDや高速転送に対応するためのPCIeインターフェイスやビルトインLCDなども検討しているという。キヤノン、ニコン、MFTレンズマウント以外のパッシブレンズマウントにも対応していく。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2014/10/141024_apertus-axiom-modules-cropped.jpg 完成製品の出荷予定は来年4月
※画像をクリックすると拡大します


ベータカメラで撮ったサンプルフッテージ(カラーグレード済み)

オリジナルデータもダウンロードして自分の環境で検証できる

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-10-24 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NTTぷらら、「ひかりTV」の4K-IP放送をパナソニックの4Kテレビ向けに提供開始

株式会社NTTぷららは、映像配信サービス「ひかりTV」の4K映像による放送サービス(以下:4K-IP放送)をパナソニック株式会社のひかりTVチューナー機能対応の4Kビエラ向けに提供... 続きを読む

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

4K映像に特化した映画祭「4K徳島国際映画祭2017」開催決定!作品応募もスタート

株式会社プラットイーズは、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K徳島国際映画祭2017」を2017年11月25~26日に開催する。募集期間は2017年9月20日本映画祭... 続きを読む

シンクレイヤ、4K対応AndroidベースTVボックス、AI搭載UHD IPホームメディアハブを参考出展

シンクレイヤ株式会社は、7月20日から2日間、東京国際フォーラムで開催された「ケーブル技術ショー2017」に出展した。同社ブースではR-PON(Redundant-PON)を10G... 続きを読む

トップ > ニュース > 4K AXIOM Super 35mmデジタルシネマカメラ。オープンハードウェア&ソフトウェアでスケーラブルに仕様拡張