PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]キヤノンブース:CINEMA EOSシリーズやレンズが充実した展示

News

[InterBEE2014]キヤノンブース:CINEMA EOSシリーズやレンズが充実した展示

2014-11-22 掲載

キヤノンが大きな展示会に出展する場合の最近の傾向として、製品だけではなく同社の技術やセミナーにかなりのウェイトを置くようになってきている。今回もブース中央に設けられた円形状のスペースにセンサーやレンズの技術展示が行われていた。その周囲を取り巻くようにハンズオンのコーナーや試写が行えるスタジオ、セミナーコーナー、レンズラインナップの紹介コーナーなどが並んでいる。NABでは歴代のTV用レンズやEFレンズのラインナップ、カメラの修理ブースを設けるなど技術展示のほかにもかなりのスペースをさいていたが、来場者の客層に合わせた出展を行っているようだ。

新製品としてはCINEMA EOS C100 Mark IIや50-1000mm PLマウントズームレンズのほか、ACESproxyに対応した30型4KリファレンスモニターDP-V3010、デジタル一眼レフカメラEOS 7D Mark IIなどが出展された。また、例年通りセミナーも開催されたが今年は国際会議場でも開催されブースとは違って落ち着いた雰囲気で聴講することができるようになっていた。デジタル一眼での動画撮影において先鞭をきった同社としては、スチール系、フィルム系、ビデオ系といったジャンルの異なるユーザーがおり、そうしたユーザーが交流し学べる場所としてのセミナーは貴重といえる。

InterBEE2014_canon_0182 今年発売になったXF205も新製品として出品されていたが、同社がもつフィルムをベースとした画像に対するノウハウや知識を考えると4Kや8Kのほうが馴染みやすいと思われ、来年あたり発表になるであろうXFの新ラインナップに期待が膨らむ

さて、今回のキヤノンの展示はCINEMA EOSシステムのカメラもラインナップがひと通りそろい、レンズもPLも含めて充実した感がある。ファームのアップデートなどは引き続き行って行くと思うが、ある意味一区切りつき、その集大成を披露したといった印象だ。来年以降どのような方向にコマをすすめるのか、すでに社内では決まっていることと思うが、個人的には8Kに期待したい。技術展では8Kのカメラもモニターも試作品があることから、製品ラインナップとしてどのようにまとめていくのか、に尽きるのではないだろうか。

今回「映像表現の領域は新たなステージへ」をテーマにしているようで、ブース入り口正面に掲げられていた。これはセンサーの大判化による表現であったり、HDまでの色域やダイナミックレンジからフィルムのそれに近づいたこと、制作スタイルの変化などを指していると思われる。ブース内のセミナーは4Kワークフローと称しACESやCinemaRAW現像が中心となっており、国際会議場のセミナーでも4KをキーワードにRAW収録やBT.2020について事例を挙げての実際的な内容だった。

InterBEE2014_canon_0247 ハンズオンスタジオコーナーでは、12月下旬発売のEOS C100 Mark IIに12月下旬発売のEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを装着したものや世界最長の焦点距離と世界最高のズーム倍率を実現した4K光学性能のCINE-SERVOレンズCN20×50 IAS Hのほか、業務用カメラ専用リモートコントローラー RC-V100に関心が集まっていた。発売前の新製品や実際に手にとってみないとわからない微妙なフィーリングなどを確かめたいユーザーにはこうしたハンズオンのコーナーは有用だ InterBEE2014_canon_0210 技術展示コーナーに、センサーテクノロジーとして、超高感度35mmフルサイズCMOSセンサーや超高感度1.2億画素CMOSセンサーの現物とその素子を使って撮影した映像が披露されており、単に技術的可能性ということでなく、量産化も可能というかなり現実的な形での出展となっていた。ほかにも直径67cmもあるすばる望遠鏡の主焦点補正光学系レンズの現物や、今年から建設が開始されたハワイ島にある望遠鏡において同社が担当する主鏡の一部(といっても対角1.44mのものが492枚組み合わせて一体となる分割主鏡なので、その1つでもかなりの大きさになる)など普段一般に見ることの出来ない興味深い物が多かった InterBEE2014_canon_0234 EOS C100 Mark IIは2012年11月発売のEOS C100の後継機種になるカメラで、CINEMA EOS SYSTEMとして初めて画像処理エンジンDIGIC DV 4を搭載しており、偽色やモアレ、ジャギーの発生を抑え、高感度撮影時にもノイズを低減した高画質な映像の撮影が可能となっている。また、デュアルピクセルCMOS AF技術の採用によりコンティニュアスAFに対応。さらに、STMレンズ使用により、顔検出AFにも対応可能。左右方向に約270°の範囲で開閉可能な有機ELモニターや上方へ最大68°のチルト操作が可能なビューファインダーの搭載で操作性の向上を図っている。C500やC300とデジタル一眼の間を埋めるカメラといった印象 InterBEE2014_canon_0236 連写・AF性能をさらに向上させたAPS-CサイズCMOSセンサー搭載機のフラッグシップモデルEOS 7D Mark II。最高約10コマ/秒の高速連写と、EOSシリーズの中で最多の測距点数となるオールクロス65点AFを備え、高速で複雑な動きをする被写体の決定的な瞬間を捉える優れた動体撮影性能を備えている。映像エンジンを2基採用したデュアルDIGIC6を搭載しており、最高ISO16000の常用ISO感度を実現したほか、フリッカー光源を検知し、露出への影響を抑えた撮影も可能となっている InterBEE2014_canon_0179 業務用カメラ専用リモートコントローラーRC-V100。露出やホワイトバランスなどの設定・調整を行うことが可能で、使用頻度が高い画質調整機能をダイヤルに割り当てることができる InterBEE2014_canon_0201 センサーテクノロジーのコーナーでは、超高感度35mmフルサイズCMOSセンサーや超高感度1.2億画素CMOSセンサーなどを紹介。現物とそれで撮影した映像を披露した InterBEE2014_canon_0203 超高感度35mmフルサイズCMOSセンサー InterBEE2014_canon_0561 4KディスプレーDP-V3010。独自設計のRGB LEDバックライトシステムとIPS液晶パネルなどにより、広色域・高解像・高コントラストを実現したほか、Canon Logガンマ対応や1D/3D-LUTのインポートが可能。先月のファームウェアアップデートにより、シネ系のCinema GamutやDCI-P3+色域のほか、ビデオ系のBT.2020の色域での映像確認が可能で、ACESproxyにも対応となった InterBEE2014_canon_0567 高倍率ズームレンズCN20×50 IAS H EF/PL 50-1000mm。大判センサー対応のドライブユニット付きズームレンズとしては世界で初めて1.5倍のエクステンダーを内蔵しており、焦点距離1500mmまで延長可能。EFマウントの通信プロトコル対応のほか、放送用12pinリモートコネクターを装備しておりアイリスのリモート操作が可能。その他にも、シネレンズのCooke社の/i Technologyにも対応し、フォーカス/ズーム/絞り位置データーを対応カメラへ送信できる。2015年4月下旬発売予定 InterBEE2014_canon_0231 一眼レフカメラ用EFマウントレンズEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM。蛍石やUDレンズを採用することで、全ズーム域で高画質化を図ったほか、新コーティング技術ASC(Air Sphere Coating)を採用し、フレアやゴーストを低減している。直進式ズームではなく回転式になっており、迅速な操作を可能にするため回転角は95°。シネスタイルでの撮影の場合マットボックスを使うので、レンズ長が変わらないのは歓迎したいところだが回転角95°というのは微妙かも

[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-22 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[NAB2019]Canonブース(動画)

NAB2019のCanonブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:Canon]新しい映像表現を実現したPLマウントプライムレンズ「Sumire Prime」や小型ハンドヘルドの「XA」シリーズなどの新製品を展示

Canonブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google... 続きを読む

[CP+2019]キヤノンブース:新製品のフルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」を中心とした展示

キヤノンはデジタル一眼レフカメラとしてエントリークラスのKissシリーズがあり、ミラーレスカメラの参入には慎重だったが、2012年にMシリーズによりミラーレスカメラに参入。さらに昨... 続きを読む

[InterBEE2018]キヤノンブース:XFシリーズの最高峰モデル「XF705」やイベント向け高輝度モデルプロジェクター「LX-4K3500Z」を展示

キヤノンブース動画 キヤノンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはP... 続きを読む

[NAB2018:Canon]EOS C700のフルフレームモデル「EOS C700 FF」や20mmのシネマレンズ「CN-E20mm T1.5 L F」を展示

Canonブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

[NAB2018]Canonブース(動画)

NAB2018のCanonブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2018]キヤノンブース:EOS Kiss初のミラーレス「EOS Kiss M」が人気。CINEMA EOS SYSTEM 8Kの参考展示も!

キヤノンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]キヤノンブース:CINEMA EOSシリーズやレンズが充実した展示