PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2014]朋栄ブース:スイッチャーやカメラなどの4K対応製品が豊富
News

[InterBEE2014]朋栄ブース:スイッチャーやカメラなどの4K対応製品が豊富

#朋栄 #Inter BEE 2014

2014-11-23 掲載

「FOR-A for a 4K Future」をサブテーマに掲げ、スイッチャーやカメラ、周辺機器などの4K対応製品を積極的に展開している印象だ。FT-ONEでカメラメーカーにもなった同社だが、今回新モデルが登場した。FT-ONEも4Kの高速度カメラでちょっと特殊な領域のカメラだったが、今回新製品として出展されていた物も防水仕様となっており、Only ONEを狙っているようだ。スイッチャーや周辺機器などとしては歴史が長い同社だがカメラは後発のため、こうした特殊な領域を狙ったともいえるが、このカメラの出現によって中継などで夕立が急に降ってきたりして慌ててレインカバーをかぶせるといった心配もなくなるのかもしれない。

朋栄のスイッチャーHANABIシリーズはミドルクラスのスイッチャーとして不動の地位を築いているといえるが、今回4K対応のHVS-XT2000が新たにラインナップに加わった。これに合わせてかルーティングスイッチャーMFRシリーズも64×64モデルが新たに追加された。4K/HD/SD/アナログ/PC信号の混在入力に対応したマルチビューワMV-4200や4K(QFHD)対応のフレームレートコンバーターFRC-9000、4K対応キャラクタジェネレーターVWS-4K、InfinitySetなど国内初披露の4K対応が多数出展された。ブース内には以前もあったが、ワークフローに合わせて実機をはめ込んだパネルがあり、現在では数も増えほとんどが自社の製品で埋まるまでになっている。

interbee2014_for-a_0555 4Kワークフローの実機をはめこんだパネル展示。スイッチャーを中心としてほぼ全てが自社の機器で埋まり、写真掲載の他社の機器はほとんどない

interbee2014_for-a_0537 水槽の中で水を浴びているのがFT-ONE Sのカメラヘッド。ヘッド部分は180☓197☓290mm、質量5.5kgで本体とは一般に中継で使われている光ケーブルを使用可能。4Kで最大360fpsの撮影に対応し、リモコンなどはFT-ONEと同じものが使える

interbee2014_for-a_0566 4K対応スイッチャーHVS-XT2000。2M/E+4 MELite“with FLEXaKEY”による6 M/E相当の機能をもつほか、各M/E列に2.5D DVEを4系統(合計8系統)、3D DVEを2系統(合計4系統、オプション)搭載可能。入力は標準24入力、出力18でオプションで32入力32出力まで拡張可能となっている。なお、全ての入力にはフレームシンクロナイザーが標準装備されている

interbee2014_for-a_0546 バーチャルスタジオシステムInfinitySet。eStudioとEasySetの組み合わせにより高機能でシンプルな操作性を実現するという。センサー連動の高度なシステムからセンサーレスシステムまで幅広く対応できるよう設計されたリアルタイム3Dグラフィックシステム。異なる地点の人物合成や過去に記録された映像に人物を合成またはその逆などが可能

interbee2014_for-a_0550 バーチャルスタジオシステムInfinitySetの操作画面

interbee2014_for-a_0548 参考出品となっていたInfinitySetのバーチャルプロセッサーVRP-100

interbee2014_for-a_0570 マルチフォーマット対応マルチビューワMV-4200。3G/HD/SD/アナログ/HDMI/DVI/RGBHV混在入力に対応したマルチビューワで最大68入力8出力に対応。オーディオレベルやAFD対応クロッピング機能などを装備しているほか、タリー、タイトル、タイムコード、時刻、タイマー、ロゴ、背景表示などが可能 interbee2014_for-a_0574 レイアウトエディタでは直感的かつ容易な操作が行える。写真は各入力を画面内のどの位置にどのくらいの大きさに表示するかを設定しているところ

interbee2014_for-a_0557 高感度カメラHBC-3600(フローベル)。近紫外~近赤外までの幅広い分光感度特性を持ち、最低被写体照度0.003Lxでのカラー撮影を可能にしている。2/3型2板式でB4マウントレンズに対応

[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:朋栄編

製品レポート MV-1640IP ... 続きを読む

[再現NAB2020:朋栄]HDで最大16系統のIP入力を、4Kで最大4系統の入力をサポートするIPマルチビューワー「MV-1640IP」

朋栄のIPソリューションとして初となるIPマルチビューワー「MV-1640IP」 朋栄がNAB2020で展示予定だった新製品のSMPTE IP対応マルチビューワー「MV-16... 続きを読む

[InterBEE2019]朋栄ブース:12G-SDIだけでなく、IP関連ソリューションにも力を入れた展示

朋栄は「FOR-A World of Possibilities(無限の可能性に向けて)」をテーマに掲げ、12G-SDI/IP製品やHDR対応製品のほか、グラフィックス関連製品など... 続きを読む

[NAB2019:朋栄]B4マウントの高倍率ズームレンズが使用可能なフル4K高速度カメラ「FT-ONE-SS4K」を展示

朋栄ブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019]朋栄ブース(動画)

NAB2019の朋栄ブース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2018]朋栄ブース:12G-SDI/IP製品、HDR対応製品、グラフィックス関連製品、AIを活用した制作支援ソリューションなどの新製品やソリューションを展示

朋栄ブース動画 朋栄ブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Goog... 続きを読む

[NAB2018:朋栄]IP、12G-SDI、HDRなどの各種製品/ソリューションを展示。多岐にわたる新製品が登場

朋栄ブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chrom... 続きを読む

[NAB2018]朋栄ブース(動画)

NAB2018の朋栄ブース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2017]朋栄ブース:4K/HDインジェストエンコーダやモジュラ型モバイル・トランスミッタ、統合管理制御システムを展示

朋栄ブース動画 朋栄ブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2014]朋栄ブース:スイッチャーやカメラなどの4K対応製品が豊富