PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > WOWOW、12月から邦画・洋画吹き替え版もフル字幕キャプション付きに

News

WOWOW、12月から邦画・洋画吹き替え版もフル字幕キャプション付きに

2015-11-20 掲載

WOWOWは12月1日より、邦画や洋画吹替版の映画作品をクローズドキャプション(CC)字幕付きで放送を始める。従来から映画コンテンツについては字幕付きで放送していたが、今回、加えて邦画や洋画の吹替版においても字幕放送を行なう。WOWOWでは、映画のセリフだけでなくパトカーのサイレン音や、ドアをたたく音といったものも文字で表示し、より多くの利用者が番組内容を十分に理解できるようにしていく。

米国のテレビ放送では、1990年に成立した障害を持つアメリカ人法(ADA法)により、当時からCC表示は義務化が進められてきた。加えて1996年に成立した電気通信法により、2010年前には、ほぼ全部の放送番組にCCが付けられている。日本国内では、CS放送にて、対応デコーダーを内蔵したチューナーを通して、スターチャンネルなどで米国のCC方式のコンテンツが視聴できる。また地デジ放送でも、文字多重放送(字幕放送)に対応する局が多く、中継でのリアルタイム字幕放送そして広告コンテンツの字幕対応についても、取組みが進められてきている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-11-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

システムファイブ、「WonderLookProで学ぶ色管理・色変換技術~映像の「色」について理解を深めよう~」を開催

株式会社システムファイブは、2018年6月26日(火)に「WonderLookProで学ぶ色管理・色変換技術~映像の「色」について理解を深めよう~」を開催する。会場は東京・半蔵門の... 続きを読む

システムファイブ、セミナー「IS-miniXとWonderLookProではじめるオンセットカラーグレーディング」を開催

株式会社システムファイブは、2018年4月24日(火)にセミナー「IS-miniXとWonderLookProではじめるオンセットカラーグレーディング」を開催する。会場は東京・半蔵... 続きを読む

WOWOWエンタテインメント、フレームメモリ機能などを搭載した「IS-miniX」を発売

WOWOWエンタテインメント株式会社は、カラーマネージメントツール「IS-mini」の色処理機能はそのままに、フレームメモリを搭載し、フレーム画像やアンシラリを活用した様々な機能拡... 続きを読む

WOWOWエンタテインメント、IS-mini/IS-miniX4台分の機能を1Uラック筐体に格納した「IS-miniX Rack4K」を発売

WOWOWエンタテインメント株式会社は、同社のIS-mini/IS-miniXの4台分の機能を1Uラック筐体に凝縮した「IS-miniX Rack4K」を発売開始した。希望小売価格... 続きを読む

WOWOW、富士フイルムのIS事業を譲受

株式会社WOWOWは、富士フイルム株式会社と合意し、2016年9月9日付けで同社が保有していたカラーマネジメントシステム(Image Processing System 以下:IS... 続きを読む

トップ > ニュース > WOWOW、12月から邦画・洋画吹き替え版もフル字幕キャプション付きに