PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > AdobeのLightroom、Android最新版でRAW対応。モバイルアプリカメラでRAW撮影、Adobeツールで編集

News

AdobeのLightroom、Android最新版でRAW対応。モバイルアプリカメラでRAW撮影、Adobeツールで編集

2016-02-29 掲載

Adobeから、スペイン・バルセロナで開催されたMWC(モバイル・ワールド・コングレス)2016に合わせて、フォト編集アプリLightroomのAndroid OS用バージョン2.0がリリースされた。この新バージョンでは、アプリカメラでRAW(Adobe Camera RAW)/DNGフォーマットで撮影でき、従来のJPEGよりも編集の自由度を広げられるようになった。ちなみにiOSでRAW撮影できるアプリは、まだ存在しない。

160226_setting

今回のアップグレードはLightroom iOS版で対応しているスプリットトーンやヘイズ(もや・煙など)除去といった機能も追加されている。そしてiOS版を上回る機能として、RAW撮影(Adobe DNG)が実装された。RAWであるがゆえにどの機種モデルでも対応できるわけではないが、最新モデルであればハードウェアのパフォーマンスとしては問題ないとしている。

Adobe Creative Cloudフォトグラフィプランに加入すれば、Lightroomを搭載したデバイスおよびデスクトップ間でシームレスに同期して編集が行える。

160226_sync

Lightroomを通してRAW撮影をした後、さまざまなパワフルなツールで編集が行える。カーブツールではポイントを置いてコントラストやトーンを調整でき、カラー/BW編集ではターゲット調整ツール、そしてデスクトップ版に搭載されていたデヘイズツールなどがついた。

160226_feature 160226_Dehaze Dehazeツール、処理前、処理後 160226_Split-Toning スプリットトーン、処理前、処理後

またShoot Through Presetsでは、リアルタイムで5つのプリセットカラーを反映させてプレビューすることができ、後から編集を変更することもできる(OpenGL ES 3.0採用したモバイルデバイスのみ可能)。iOSでは三つのリングが重なったアイコンの機能と同じだ。Lightroom Androidは無償。Google Playから入手できる。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2016-02-29 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2018]アドビ、クリエイティブワークフローをさらに効率化するCreative Cloudのアップデートを提供開始

クリエイティブワークフローをさらに機能強化したPremiere Pro アドビは4月7日から開催するNAB 2018に先立ち、Premiere ProやAfter Effec... 続きを読む

VR未来塾、Adobe CCのVR機能解説セミナー「VR編集ソフトウェアを極めるvol.1」を開催

VR未来塾は昨年12月13日、東京都港区にあるソニー本社のCreative Loungeでセミナー「VR編集ソフトウェアを極めるvol.1 Adobe CCのVR機能 徹底解説」を... 続きを読む

アドビ、クリエイターの祭典「Adobe MAX Japan」をパシフィコ横浜で開催

キーノートで人口知能の「Adobe Sensei」で実現するデザインワークフローを披露 アドビは11月28日、パシフィコ横浜でクリエイティビティカンファレンスイベント「Ado... 続きを読む

Adobe、「MAX CHALLENGE」応募作品を募集中!

Adobeは、2017年11月28日(火)にパシフィコ横浜で開催されるAdobe MAX Japanに向け「MAX CHALLENGE(マックスチャレンジ)」を開催中。 MA... 続きを読む

アドビ、IBC 2017でAdobe Creative Cloud映像制作ツールの次期アップデート内容を発表

アドビは、9月14日よりオランダのアムステルダムで開催する「IBC 2017」でAdobe Creative Cloudの映像制作ツールの次期アップデートの内容を先行公開した。製品... 続きを読む

トップ > ニュース > AdobeのLightroom、Android最新版でRAW対応。モバイルアプリカメラでRAW撮影、Adobeツールで編集