PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > オリンピック放送機構のリオ五輪放送計画。没入感を意識、8KやVRを取り入れる

News

オリンピック放送機構のリオ五輪放送計画。没入感を意識、8KやVRを取り入れる

2016-03-09 掲載

IOCのホスト放送機関であるオリンピック放送機構(以下:OBS)は、この夏に開催されるリオ五輪の放送計画を明らかにした。米オンラインニュースAdvanced Televisionが報じた中には、NHKと提携して8K(SHV)に取り組むこと、および国際スポーツ競技放送として初めてVRの実験を行うことが含まれている。

OBSでは、常に新しいスポーツ視聴体験を先行して試験を行っているが、今年ブラジル・リオデジャネイロで開催される夏季オリンピックでは、OBSの制作強化のロードマップの一環として、8KとVRを取り入れるという。8Kに関しては、NHKと提携してスーパーハイビジョン(以下:SHV)版で22.2ch立体音響による制作を行う。これは総務省が発表している次世代放送のロードマップにある8K試験放送に組み込まれるようだ。130時間分とされる8K制作は、開会式および閉会式、水泳、柔道、体操、バスケットボール、フットボール競技の中継が含まれる。また8Kで収録したものから4Kにダウンコンバートして利用することも予定しているが、あくまでも試験放送として利用する計画である。これらはWCGおよびHDRの映像にて伝送する。

160309_VR-Camera2 VRはリレハンメル2016ユースオリンピックで実地試験が行われた

VRに関しては、現地でライブストリーミングを行うほか、オリンピックが終わった後でビューイングを楽しめるようなアプリの開発も検討しているという。

160309_ibc_entrega_alexferro オリンピックのメディア施設国際放送センター(IBC)の本館の総面積は68,000m2で、合計約5,000m2の広さを持つ12つのスタジオが設置される。OBSがIBCの設営・運営・管理のすべての業務を担う(写真:リオ2016/アレックス・フェロ)

OBSはリオ五輪で7,000時間分のHD放送を220か国に伝送していく。また、豊富なコンテンツ展開としてマルチスクリーンへのストリーミング配信にも力を入れていく方針という。夏の五輪放送は、5億人以上の人々に視聴される見込み。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2016-03-09 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NHK、ソニーのCrystal LEDディスプレイシステムを採用した8K LEDパブリックビューイングを実施

日本放送協会は、ソニーPCL株式会社が2018年4月よりレンタルサービスで運用している「Crystal LEDディスプレイシステム」(8K解像度(7,680×4,320pixel)... 続きを読む

理経、Haivisionの4K放送や360° VRインターネットライブストリーミングに適したエンコーダ/トランスコーダ「KB MAX」を発売

株式会社理経は、同社が取り扱うカナダHaivision社のKBシリーズ最新機種としてエンコーダ/トランスコーダ「KB MAX」を発売開始した。希望小売価格はオープン。 KB ... 続きを読む

ヴァイテック、マンフロットVR撮影サポート機材新製品7モデルを発売

ヴァイテックイメージング株式会社は、マンフロットの360°VR撮影サポート機材7モデルを2018年6月18日に発売する。2018年1月に国内で発表したマンフロットの360°VR撮影... 続きを読む

アドビのイマーシブ担当ディレクターChris Bobotis氏がVR業界の過去、現在、これからの取り組みを語る

アドビのイマーシブメディア(VR)への取り組みを統括するイマーシブ担当ディレクター Chris Bobotis氏 360°コンテンツの制作者が活用するプラグインをアドビが... 続きを読む

ジュエ、VOYSYS ABと代理店契約を締結。3D立体視360° VR放送システムを構築可能な「VOYSYS VR」を発売

ジュエ株式会社は、VOYSYS ABと「VOYSYS VR」の販売に関する代理店契約を締結したことを発表した。 ジュエでは、2018年6月初旬よりVOYSYS VRのソフトウ... 続きを読む

トップ > ニュース > オリンピック放送機構のリオ五輪放送計画。没入感を意識、8KやVRを取り入れる