PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > アジア太平洋地域のSVOD加入者数、2017年には1億人規模に。日本は中国に続いて2番目

News

アジア太平洋地域のSVOD加入者数、2017年には1億人規模に。日本は中国に続いて2番目

2016-10-20 掲載

英デジタルTVリサーチ社が10月18日に発表した調査報告によると、日本や中国を含むアジア太平洋地域(17か国)での定額制ビデオオンデマンドサービス(SVOD)の加入者数が、2017年には1億人以上になるという。

2016年末で7,612万人になるSVOD加入者の推測数は、2017年に1億人、2021年には1.5億人以上になる。特に中国はスマートフォンでの視聴が急速な成長をみせており、2021年には現在の4倍に成長し、アジア地域で47%という過半数近い数値を占めるようになる。日本は、中国に続いて2番目の加入者数を有し、2016年から2021年の間に900万人が増加する見込みだ。

161020_platforms 調査対象となった71社のSVODサービス

日本でも展開しているAmazon、Netflixといった海外サービス業者に加え、iflix、HOOQ、Viuは今後5年間でも順調な市場成長を見せるが、アジア地域全体でのシェアとしては合計しても16%程度であるとしている。そしてNetflixに関しては2021年までの加入者数は、今年度の加入者合計数から2倍ほど伸びた759万人程度になり、日本、韓国、オーストラリアとニュージーランドが全体の3分の2を占める。またどの国でも、Netflixのサービス月額は高め、という認識が成されているという。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2016-10-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

AWSエレメンタル、OTT配信を効率化するCMAFオンラインセミナーを開催

AWSエレメンタルは、10月11日に「HEVCの移行、フラグメントMP4(fMP4)およびCMAF」と題した、ビデオプロバイダや配信事業者向けのオンラインセミナー(ウェビナー)を実... 続きを読む

米Apple、オリジナルコンテンツ制作に10億ドルを投資。Amazon、Netflixと競合戦略を強化

米Appleは、今後12ヶ月でオリジナルコンテンツ制作に約10億ドルを投資する計画があるという。AmazonやNetflixといったオリジナル番組を提供するビデオ配信サービスを意識... 続きを読む

ディズニーがNetflixから去る日

ウォルト・ディズニー・カンパニー(以下:ディズニー)が現地時間8月8日に、BAMTechの株式75%分を購入し、ディズニーとESPNストリーミングサービスの両方を開始する予定である... 続きを読む

Netflix、「リラックマ」初のコマ撮りアニメーションシリーズを全世界190カ国へ独占配信

© 2017 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved. Netflix株式会社、サンエックス株式会社、株式会社ティー・ワイ・オーのド... 続きを読む

Netflixの米国加入者数、ついにケーブルテレビ超え

ストリーミングサービスNetflixの加入者数が、米国のケーブルテレビ加入者数をついに超えた。米国のケーブルテレビの市場動向を追跡している統計ポータルStatistaによると、20... 続きを読む

トップ > ニュース > アジア太平洋地域のSVOD加入者数、2017年には1億人規模に。日本は中国に続いて2番目