PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、「EOS 6D Mark II」の発売日が決定

News

キヤノン、「EOS 6D Mark II」の発売日が決定

2017-07-14 掲載

キヤノンは、同社のデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」の発売日が2017年8月4日に決まったことを発表した。以前発売日を2017年8月上旬と発表していたもの。希望小売価格はオープン。ラインナップと同社オンラインショップの販売予定価格は以下の通り。

  • EOS 6D Mark IIボディーのみ(税別225,000円)
  • EOS 6D Mark II・ EF24-105 IS STMレンズキット(税別269,000円)
    EOS 6D Mark II、EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM
  • EOS 6D Mark II・EF24-70 F4L IS USMレンズキット(税別327,000円)
    EOS 6D Mark II、EF24-70mm F4L IS USM

EOS 6D Mark IIは、「EOS 6D」の後継機種で、高画質、AF性能・連写性能、ライブビュー撮影・動画撮影機能、ネットワーク連携機能などを総合的に進化させたハイアマチュアユーザー向けの高性能モデル。フルHD/60pの動画撮影が可能。新開発の有効画素数約2620万画素、約35.9mm×24.0mmフルサイズCMOSセンサーと、映像エンジンDIGIC 7の搭載により、常用最高ISO40000を実現。レンズ光学補正機能により、撮影時に周辺光量補正、色収差補正に加え、歪曲収差補正、回折補正が可能。レンズの光学特性により起こりうる画質低下を自動補正することで、さらなる高画質を実現したとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-07-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、仮想カメラを活用した自由視点映像生成システムを開発

自由視点映像生成システムのイメージ キヤノンは、イメージング技術を用いた映像ソリューションとして、自由視点映像生成システムの開発に取り組んでおり、今後、スポーツイベントなどに... 続きを読む

キヤノン、1.0型CMOSセンサーを搭載した4K60P対応の業務用小型ビデオカメラ「XF405/XF400」を発表

キヤノンは、4K60P映像が撮影可能な3G-SDI端子搭載の業務用4Kビデオカメラ「XF405」「XF400」を2017年11月上旬に発売する。希望小売価格はどちらもオープン。同社... 続きを読む

キヤノン、光学20倍ズームレンズ搭載の業務用小型フルHDビデオカメラ「XA15/XA11」を発表

キヤノンは、業務用フルHDビデオカメラ「XA15」「XA11」を2017年9月22日に発売する。希望小売価格はどちらもオープン。同社オンラインショップの販売予定価格は、XA15(3... 続きを読む

キヤノン、業務用24型4K/HDRディスプレイ「DP-V2411」を発表。12G-SDI端子搭載により4K60pをSDIケーブル1本で伝送可能に

キヤノンは、業務用ディスプレイの新製品として24型4K/HDRディスプレイ「DP-V2411」を2017年12月上旬より発売する。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税別200万... 続きを読む

キヤノン、ハイアマチュア向けフルHDビデオカメラ「iVIS HF G21」を発表

キヤノンは、フルHDビデオカメラ「iVIS HF G21」を2017年9月22日より同社オンラインショップにて発売する。同社オンラインショップの販売価格は税別99,800円。 ... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、「EOS 6D Mark II」の発売日が決定