PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > TYO、VRソフトウェア開発のディヴァースにCE型新株予約権による40万USドルを出資

News

TYO、VRソフトウェア開発のディヴァースにCE型新株予約権による40万USドルを出資

2017-07-19 掲載

株式会社ティー・ワイ・オー(以下:TYO)は、VRソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc.(以下:ディヴァース)との間で、Convertible Equity(CE型新株予約権)による40万USドル(約4,500万円)の出資契約を本日締結したことを発表した。

ディヴァースは、ヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)を使用するVR制作ソフトウェア「SYMMETRY alpha」などを開発しており、誰もが簡単にVRコンテンツを制作して楽しむためのソフトウェア構築を進めている。TYOでは、ディヴァースの開発体制が強化されることでVR分野におけるソリューションサービスの更なる発展が期待できると判断したため、今回の出資に至ったとしている。

また、TYOは広告映像を中心としたコンテンツ制作を得意としており、このVRソフトウエアを新しいコンテンツの開発、クライアントとの合意形成など、幅広い分野で活用することも検討している。なお、これまでにもディヴァースに対しては、500 Starups Japan、Colopl VR Fund、KLab Venture Partners、アドウェイズ、ウィルグループ、スローガン、凸版印刷などが出資している。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-07-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

理経、Haivisionの4K放送や360° VRインターネットライブストリーミングに適したエンコーダ/トランスコーダ「KB MAX」を発売

株式会社理経は、同社が取り扱うカナダHaivision社のKBシリーズ最新機種としてエンコーダ/トランスコーダ「KB MAX」を発売開始した。希望小売価格はオープン。 KB ... 続きを読む

ヴァイテック、マンフロットVR撮影サポート機材新製品7モデルを発売

ヴァイテックイメージング株式会社は、マンフロットの360°VR撮影サポート機材7モデルを2018年6月18日に発売する。2018年1月に国内で発表したマンフロットの360°VR撮影... 続きを読む

アドビのイマーシブ担当ディレクターChris Bobotis氏がVR業界の過去、現在、これからの取り組みを語る

アドビのイマーシブメディア(VR)への取り組みを統括するイマーシブ担当ディレクター Chris Bobotis氏 360°コンテンツの制作者が活用するプラグインをアドビが... 続きを読む

ジュエ、VOYSYS ABと代理店契約を締結。3D立体視360° VR放送システムを構築可能な「VOYSYS VR」を発売

ジュエ株式会社は、VOYSYS ABと「VOYSYS VR」の販売に関する代理店契約を締結したことを発表した。 ジュエでは、2018年6月初旬よりVOYSYS VRのソフトウ... 続きを読む

トップ > ニュース > TYO、VRソフトウェア開発のディヴァースにCE型新株予約権による40万USドルを出資