PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 朋栄、IBC 2017出展概要を発表。「HVS-490」などの新製品も展示

News

朋栄、IBC 2017出展概要を発表。「HVS-490」などの新製品も展示

2017-08-10 掲載

ビデオスイッチャ「HVS-490」

株式会社朋栄は2017年9月15日~19日にオランダ・アムステルダムRAIにて開催される放送機器展「IBC 2017」に出展する(ホール2/ブースNo.2.A51)。主な展示内容は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

1.スイッチャコーナー

■ビデオスイッチャ:HVS-490(新製品)
HDモードで標準16入力/9出力(HDMI出力1系統含む)、4Kモードでは標準4入力/3出力(HDMI出力1系統含む)の入出力が可能な4K対応ビデオスイッチャ。MELite™を活用し、6M/E相当の性能を発揮

■ビデオスイッチャ:HVS-2000
拡張性にすぐれた4K対応ビデオスイッチャ。標準24入力18出力から最大48入力18出力/40入力22出力まで拡張可能。3M/E拡張カードをはじめ、4K 2SIで動作可能な3D DVEなど4Kライブ制作に最適

■Thunderbolt™2インターフェース:HVS-100TB2
Thunderbolt™ケーブル1本で接続したPCを活用し、テロップ、RCG、ビデオライタ、クリップサーバ動画送出などを実現。ClassX製品やCinegy製品との連携もデモ

2.IP/ファイルベースコーナー

■HEVC/H.265装置:IP-HE950[富士通]
欧州でも販売代理店となった富士通製品から、HEVC/H.265に対応したエンコーダ/デコーダ製品を展示

■10GbE IPゲートウェイ:USF-10IPシリーズ(新製品)
10GbE(SFP+)ポートを2系統搭載するIPゲートウェイ。SMPTE 2022-6、SMPTE 2110、NMI等の各種IP規格の相互変換が可能。SDI搭載モデルはSDIとIPの相互変換にも対応

■LTOビデオアーカイブレコーダ:LTR-200HS7

■LTOサーバ:LTS-70

3.バーチャルコーナー

■アドバンストバーチャルシステム:InfinitySet Lite[Brainstorm社](新製品)
リアルタイム3DグラフィックシステムInfinitySetの特長を活かしながら、ビデオスイッチャからThunderbolt 2経由でバーチャルカメラコントロールやアクションのリコールが可能なバーチャルスタジオソフトウェア

4.12G-SDI/HDR/広色域コーナー

■マルチビューワ:MV-4320
最大68入力8出力110ウィンドウ表示が可能な4K対応高機能マルチビューワ。HDMI 2.0 LEVEL B対応により、HDMIケーブル1本で4K出力が可能。オプションにより12G-SDIを最大17入力まで拡張可能

■12Gモジュール製品ラインアップ(新製品)
アップ/ダウンコンバータやディストリビュータなど、12G-SDIに対応したユニバーサルシステムフレーム向けのモジュール新製品を紹介

  • アップ/ダウンコンバータUSF-106UDC-12G
  • ダウンコンバータUSF-106DC-12G
  • 分配器USF-105DDA-12G/111DDA-12G

■信号発生器:ESG-4100[朋栄YEMエレテックス]
12G-SDI出力を搭載する4K対応信号発生器。デュアル出力オプションにより、2系統の信号を同時出力可能

■12G-SDI対応ビデオサーバ:MBP-1000VSシリーズ(新製品)
オプションのLTOドライブを搭載することにより、即時アーカイブが可能。SSD容量を選択し、システムに適したモデルを選択可能

■ルーティングスイッチャ:MFR-4000
6Uサイズの筐体で、4K信号最大72×72のマトリクス構成に対応可能なルーティングスイッチャ。12G-SDIに標準で対応

■ビデオスイッチャ:HVS新モデル
ビデオスイッチャHVSシリーズの12G-SDI入出力対応版を展示

■マルチパーパスシグナルプロセッサ:FA-9600(新製品)
12G-SDI搭載のシグナルプロセッサ。標準でHD 2系統のプロセッサとして利用可能。4K対応やアップ/ダウン/クロス変換、2SI/SQD変換、Level-A/B変換、12G/3G変換やHDR/広色域の各種変換、オーディオ入出力などの機能追加が可能

■リニアマトリクスコンバータ:LMCC-8000[朋栄YEMエレテックス]
4K/8Kに対応したHDR/広色域対応シグナルプロセッサ。ITU-R BT.2100規格に対応(OOTF変換に対応)
※日本放送協会様との共同開発製品

■フレームレートコンバータ:MCC-4K[InSync社](新製品)
12G-SDIに対応し、高精度なフレームレート変換を実現

■フレームレートコンバータ:FRC-9000

■フル4K高速度カメラ:FT-ONE-LS-12G(新製品)
12G-SDIに対応したフル4K高速度カメラ

■マルチチャネルシグナルプロセッサ:FA-505


[ Category : ]
[ DATE : 2017-08-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Pixellot Standard事例:フットサル大会「CNCIケーブルテレビフットサルフェスタin Oasis21」の場合

右上の赤丸が試合映像の撮影、ライブ配信に活用された「Pixellot Standard」 株式会社朋栄の発表によると、同社が輸入取扱を行うイスラエルPixellot社のAIカ... 続きを読む

朋栄製品導入事例:福岡放送の回線センターシステムの場合

MFR-6000 株式会社朋栄の発表によると、株式会社福岡放送より、各種映像素材を局内へ分配する回線センターシステムを受注したという。福岡放送では、2019年夏に新しい回線セ... 続きを読む

メ~テレ、「8K」および「AI」を活用した2つの取り組みを実施

8K撮影の様子 メ~テレ(名古屋テレビ放送)は「次世代放送の先進局」を目指し、次世代映像に積極的に取り組んできた。今回、メ~テレは次世代映像技術のキーワードとして注目される、... 続きを読む

朋栄、関西放送機器展2018出展概要を発表。12G-SDI関連製品や4K対応製品などを展示

4K対応ビデオスイッチャー「HVS-2000」 株式会社朋栄は、2018年7月11日~12日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第3回 関西放送機器展」に出展する(... 続きを読む

朋栄、九州放送機器展2018出展概要を発表。スタジオサブシステムや実運用に即した4K対応製品・ソリューションを展示

※写真は九州放送機器展2017の朋栄ブースの様子 株式会社朋栄は、2018年7月5日~6日の2日間、福岡国際センターにて開催される「九州放送機器展2018」に出展する(ブース... 続きを読む

トップ > ニュース > 朋栄、IBC 2017出展概要を発表。「HVS-490」などの新製品も展示