PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、新開発8Kイメージセンサーを搭載した8K 3板式カメラシステムを発売

News

ソニー、新開発8Kイメージセンサーを搭載した8K 3板式カメラシステムを発売

2017-09-15 掲載

8K3板式カメラシステム「UHC-8300」のカメラヘッド部

ソニーは、新開発1.25型8Kイメージセンサーを搭載した8K 3板式カメラシステム「UHC-8300」を2017年10月より受注を開始する。UHC-8300本体とカメラコントロールユニット「UHCU-8300」で構成した場合の参考予定システム価格は税別48,000,000円。

新開発1.25型8Kイメージセンサー

UHC-8300は、4K映像やHD映像の制作用途にも幅広く使えるよう、8K/4K/HD信号の同時出力に対応し、既存の4K/HD制作機器と連携したシステム構築も可能。8K映像から任意の4K映像を切り出して運用可能な4Kカットアウト機能を搭載。また、B4レンズアダプターと組み合わせることにより、将来的にはB4マウントレンズが装着できる。主な機能の詳細は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  1. 新開発1.25型8KCMOSイメージセンサーを3板搭載し、高精細かつ広色域の映像表現を実現
    新開発1.25型のイメージセンサーを3板式とし、新開発のプリズムと組み合わせることで、高精細な8K解像度(7680×4320)による最大120pの高速撮影や、広色域(ITU-R BT.2020対応)でのHDR制作に対応します。これにより、被写界深度を深く、動体も鮮明に8K映像を撮影できます。例えば、奥行きのある競技場等では、画面中央の選手だけでなく、後方の選手達の動きも鮮明に映し出します。3板式では、プリズムを通じてRGB(赤緑青)の光を分光し、3枚の1.25型8KイメージセンサーがRGBそれぞれの光を捉えるため、より忠実な色再現性を実現します。
  2. 4KやHD映像制作もでき、幅広い機器と連携したシステム構築が可能
    8K/4K/HD信号を同時に出力し、それぞれの映像信号に異なる色域やOETF(Opto-Electronic Transfer Function)を適応できるため、8K HDR信号、4K HDR信号、HD SDR信号の同時出力も可能です。8K映像制作だけでなく、4KやHDの映像制作用途にも幅広く使えます。さらに、8K映像のオーバーサンプリング効果により、4K/HD映像を必要な画素数よりも豊富な情報量を凝縮して出力できるため、解像力の高い映像表現が可能です。4KやHDのカメラシステムと連携したシステム構築も可能で、リモートコントロールパネル(RCP)やビューファインダーなど使い慣れた周辺機器を、本商品に共通して使用できます。
  3. 4K映像の運用の幅を広げる、8Kから4Kへの映像切り出し(カットアウト)機能
    カメラシステムに搭載したプロセッサーの画像処理により、8K映像から任意の4K映像を切り出して運用できるカットアウト機能に対応します。8Kの画角で撮影した広範囲の映像から、特定の選手などが写った映像を、4K画質で切り出すことができます。
  4. B4レンズアダプターと組み合わせれば、将来的に4K映像制作用B4マウントレンズも装着可能
    B4レンズアダプターと組み合わせれば、1.25型8K用レンズのみならず、将来的に2/3型B4マウント4K用レンズを用いた撮影が可能です。スポーツライブ制作などで、4Kの高倍率レンズを活用し、広いスタジアムの一角から鮮明に選手の姿を捉えることが可能となります。なお、4Kカメラシステム「HDC-4300などで好評なフォーカスアシスト機能も本商品に搭載し、フォーカス操作をサポートします。
  5. 映像伝送をIP化する、映像伝送技術ネットワーク・メディア・インターフェース(自社開発)に対応
    SDI伝送のほか、ネットワーク経由での映像伝送を可能とする40Gb/s IPインターフェース技術ネットワーク・メディア・インターフェース(自社開発)に対応し、8K/59.94p信号をケーブル1本で制作機器に信号伝送することも可能です。

[ Category : ]
[ DATE : 2017-09-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、0.37型フルHD反射型液晶ディスプレイデバイスSXRDおよび専用信号処理駆動LSIを商品化

フルHD反射型液晶ディスプレイデバイスSXRD「SXRD241A」(写真下)、高画質信号処理駆動LSI「CXD3554GG」(写真上) ソニーは、ポータブルプロジェクター... 続きを読む

ソニービジネスソリューション製品導入事例:福岡放送の4K HDRライブ映像制作対応の大型中継車システムの場合

マルチフォーマットスイッチャー「XVS-9000」 ソニービジネスソリューション株式会社の発表によると、株式会社福岡放送から、12G-SDIをベースに構築した4K HDRライ... 続きを読む

ソニー、315点像面位相差AFセンサーと0.05秒の高速AFを搭載したデジタルスチルカメラサイバーショット「DSC-RX100M5A」を発売

ソニーは、デジタルスチルカメラサイバーショット「DSC-RX100M5A」を2018年7月13日に発売する(7月6日より先行予約販売開始)。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税... 続きを読む

ソニー、大口径超望遠レンズGマスター「FE 400mm F2.8 GM OSS」を発売

ソニーは、35mmフルサイズ対応のα Eマウントレンズとして、大口径超望遠レンズGマスター「FE 400mm F2.8 GM OSS」(SEL400F28GM)を発売する。2018... 続きを読む

ソニー、「2018映像制作機器 新製品内見会」を開催。4K/8K、HDRだけでなく、AI、IPなどの将来を見据えた展示

ソニーは、6月14日および15日の2日間、東京・品川のソニー本社にて「2018映像制作機器 新製品内見会」を開催した。今年4月にラスベガスで開催されたNAB2018に出展した機材や... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、新開発8Kイメージセンサーを搭載した8K 3板式カメラシステムを発売