PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 富士フイルム、シネマ用ズームレンズの開発でエミー賞を受賞

News

富士フイルム、シネマ用ズームレンズの開発でエミー賞を受賞

2017-10-10 掲載

富士フイルム株式会社は、米国テレビ芸術科学アカデミー(The Academy of Television Arts & Sciences:以下、ATAS)より、シネマ用ズームレンズの開発で、「2017年 エミー賞」を受賞したことを発表した。

エミー賞は、1948年に「米国テレビ芸術科学アカデミー」によって設立され、放送業界における技術の発展に突出して貢献した企業や団体、個人に対して授与される。今回の受賞は、シネマ用ズームレンズの開発に対して、高度な光学技術が世界中の映画・テレビ番組・CM制作などの現場で認められ、高画質化や映像表現の進化に貢献してきた功績が高く評価されたものとしている。

富士フイルムのエミー賞の受賞は、1982年の「映画用フジカラーネガフィルムA250の開発」、1990年の「メタルテープ技術の開発」、1996年の「CCD化に対応したレンズの開発」、2005年の「ハイビジョン化に対応した高性能レンズ」、2009年の「放送用レンズの世界初オートフォーカスシステム『プレシジョン・フォーカス』」に続き、今回で6度目。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-10-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[photokina2018]富士フイルム、FUJINONレンズを搭載したプロジェクターを発表。レンズの回転だけでさまざまな方向へ投写可能

富士フイルム株式会社は、本体を動かさずにレンズの回転だけでさまざまな方向へ投写可能な、FUJINONレンズを搭載したプロジェクターの開発を発表した。2019年に発売予定。 ... 続きを読む

[photokina2018]富士フイルム、小型軽量ボディとシンプルな操作性を実現した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」を発表

富士フイルム株式会社はphotokina 2018のプレスカンファレンスにて、35mmフルサイズイメージセンサーの約1.7倍となる大型イメージセンサー(43.8x32.9mm)を搭... 続きを読む

[photokina2018]富士フイルム、1億2百万画素センサーのフラッグシップモデルのコンセプト「GFX 100Megapixels Concept」を発表

富士フイルム株式会社は、photokina2018のプレスカンファレンスにて、35mmフルサイズイメージセンサーの約1.7倍となる大型イメージセンサー(43.8mm×32.9mm)... 続きを読む

[IBC2018]富士フイルム、4K対応放送用レンズ「FUJINON UA70×8.7BESM」を発表

富士フイルム株式会社は、同社の4K対応放送用レンズ「UAシリーズ」の新製品として「FUJINON UA70×8.7BESM」(以下:UA70×8.7)を2018年11月に発売する。... 続きを読む

[IBC2018]富士フイルム、46倍ズームの4K対応放送用ポータブルレンズ「FUJINON UA46×13.5BERD」を発表

富士フイルム株式会社は、同社の4K対応放送用レンズ「UAシリーズ」の新製品として「FUJINON UA46×13.5BERD」(以下:UA46×13.5)を2019年5月に発売する... 続きを読む

トップ > ニュース > 富士フイルム、シネマ用ズームレンズの開発でエミー賞を受賞