PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、4Kカメラに対応した映像制作用ズームレンズ群がテクノロジー&エンジニアリングエミー賞を受賞

News

キヤノン、4Kカメラに対応した映像制作用ズームレンズ群がテクノロジー&エンジニアリングエミー賞を受賞

2017-10-11 掲載

キヤノンは、大判(スーパー35mm相当)センサーを搭載した4Kカメラに対応する映像制作用ズームレンズの開発が評価され、テレビ芸術科学アカデミー(ATAS:The Academy of Television Arts & Science)より、第69回目となるテクノロジー&エンジニアリングエミー賞受賞を発表した。

テクノロジー&エンジニアリングエミー賞は、放送業界における技術開発およびイノベーションを評価するもので、放送業界の発展に目覚ましい貢献をした企業や団体、個人に対して授与される。今回エミー賞を受賞したのは、大判(スーパー35mm相当)・単板のセンサーを搭載した4Kカメラに対応する、CN-E(単焦点レンズシリーズを除く)、COMPACT-SERVO、CINE-SERVOレンズシリーズなどの同社の映像制作用ズームレンズ群。

今回高い評価を受けたレンズラインアップには、50-1000mmの焦点距離を実現した超望遠レンズ「CN20×50 IAS H/E1」「CN20×50 IAS H/P1」が含まれている。今回エミー賞を受賞したレンズ群の設計において、同社は長年にわたり培ってきたシステムデザインや最新の光学配置を可能にするためのノウハウを結集させ、機動性を確保しながら、4K光学性能と映像輝度の最適なバランスを達成し、特に焦点距離の広角側においては被写体を画面全域で高解像に映し出せるよう、高精度な設計により高い4K光学性能を実現したとしている。

テクノロジー&エンジニアリングエミー賞は2017年10月25日に、カリフォルニア州のハリウッドで開催されるSMPTE 2017 Annual Conferenceの中で授与される。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-10-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、120dBのハイダイナミックレンジを実現した監視カメラ向けCMOSセンサーを開発

キヤノンは、ハイダイナミックレンジ(HDR)での撮影を実現し、1/2.32型で有効画素数約280万画素のCMOSセンサー「3U3MRXSAAC」の開発を発表した。2019年5月下旬... 続きを読む

[NAB2019]Canonブース(動画)

NAB2019のCanonブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:Canon]新しい映像表現を実現したPLマウントプライムレンズ「Sumire Prime」や小型ハンドヘルドの「XA」シリーズなどの新製品を展示

Canonブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google... 続きを読む

[NAB2019]キヤノン、PLマウントのシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」を発表

キヤノンは、PLマウントを採用したデジタルシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」を新たに展開し、同シリーズ7機種を2019年6月上旬より順次発売する。希望小... 続きを読む

[NAB2019]キヤノン、1.0型CMOSセンサーと光学15倍ズームレンズを搭載した4K撮影が可能な業務用ビデオカメラ「XA55」を発表

キヤノンは、業務用4Kビデオカメラの新製品として、1.0型CMOSセンサー搭載で4K/30P映像を撮影可能な「XA55」を2019年6月上旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、4Kカメラに対応した映像制作用ズームレンズ群がテクノロジー&エンジニアリングエミー賞を受賞