PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:2018年サンダンス映画祭の場合

News

Blackmagic Design製品事例:2018年サンダンス映画祭の場合

2018-02-14 掲載

Blackmagic Designの発表によると、2018年のサンダンス映画祭に選出された55作以上の映画、シリーズ作品、プロジェクトでBlackmagic Designのデジタルフィルムカメラ、編集/グレーディング/オーディオポストプロダクション用ソフトウェアであるDaVinci Resolve Studio、Video Assisレコーダー/モニターなどが使用されているという。Blackmagic Design製品を使用した作品には、以下が含まれる。

(以下、プレスリリースより引用)

Blackmagic Designカメラおよび関連製品が使用されたサンダンス映画祭出品プロジェクト:

  • 「306 Hollywood」:作曲家のTroy Herion氏が、映画音楽の作曲時にBlackmagic MultiDockでオーケストラ用の仮想楽器にSSDを使用。
  • 「BLAZE」:エディターのJason Gourson氏が、UltraStudio Mini Monitorを使用、DITのScott McLeslie氏(Village Studios)がSmart Videohub、Micro Converter、UltraStudio、DaVinci Resolve(デイリー)を使用。
  • 「Hal」:撮影監督のAdam Michael氏が、カラーグレーディングおよびトランスコーディングにDaVinci Resolveを使用、カメラマンがセレクトショットにPocket Cinema Cameraを使用、さらにBattery Converter HDMI to SDIを使用して、SmartView DuoおよびSmartScope Duoでオンセットモニタリング。
  • 「Half the Picture」:カメラマンがVideo Assistを使用。
  • 「I’m Poppy」:DITのGianennio Salucci氏が、DeckLink 4K Extreme、SmartScope Duo、DaVinci Resolve Studioを使用。
  • 「Paint」:撮影監督のSam Chase氏が、特定のシーンおよびピックアップショットの撮影にPocket Cinema Cameraを使用。
  • 「Search」:撮影監督のJuan Sebastian Baron氏が、FaceTimeシーケンスの撮影用リグにUltraStudio Mini MonitorおよびUltraStudio Mini Recorderを使用、脚本監督のShawn Tira氏が、UltraStudio SDIを使用してスクリーンショットをキャプチャーし、シーン間のフレームラインをマッチング、継続性を確認。
  • 「We the Animals」:撮影監督のZak Mulligan氏が、Micro Cinema Cameraをクラッシュカメラ/インサートカメラとして使用。
  • 「Wildlife」:DITのLeonard A. Mazzone氏が、Smart Videohub 12×12、UltraStudio 4Kを使用。
  • 「Yardie」:撮影監督のJohn Conroy氏がURSA Mini Proを使用。

ポストプロダクションでDaVinci ResolveおよびDaVinci Resolve Studioが使用されたサンダンス映画祭出品プロジェクト:

  • 「306 Hollywood」:Sean R. Smith氏(LivelyGroup)がグレーディング。
  • 「Akicita: The Battle of Standing Rock」:Luke Cahill氏(Different By Design)がグレーディング。
  • 「American Animals」:Rob Pizzey氏(Goldcrest Post)がグレーディング。
  • 「Anote’s Ark」:Francis Hanneman(Studio Hanneman)がグレーディングおよびオンライン編集。
  • 「Beirut」:Sam Daley氏(Technicolor PostWorks)がグレーディング。
  • 「Believer」:Frederik Bokkenheuser氏(Runway Post)がグレーディング。
  • 「Bisbee ’17」:Jason Crump氏(Metropolis Post)がグレーディング。
  • 「BLAZE」:Bill Ferweda氏(Deluxe Toronto)がグレーディング。
  • 「Blindspotting」:Tarek Karkoutly氏がコンフォーミング。編集作業にUltraStudio Mini Monitorを使用。
  • 「Clara’s Ghost」:Kyle Krupinski氏がDaVinci Resolve Mini PanelおよびDeckLink HD Extreme 3Dを使用してグレーディング、エディターのPatrick Lawrence氏がプロキシワークフローの一環としてDaVinci Resolveを使用。デイリーの作業にUltraStudio Mini MonitorおよびDaVinci Resolveを使用。
  • 「Come Sunday」:Joe Gawler氏(Harbor Picture Company)がグレーディング。
  • 「Dead Pigs」:Andrew Francis氏(Sixteen19)がグレーディング。
  • 「Hal」:Luke Cahill氏(Different By Design)がグレーディング。
  • 「Hale County This Morning、This Evening」:Dave Francis氏(Technicolor PostWorks)がグレーディング。
  • 「Half the Picture」:Luke Cahill氏(Different By Design)がグレーディング。
  • 「Hearts Beat Loud」:Mike Howell氏(Color Collective)がグレーディング。
  • 「I Think We’re Alone Now」:Tom Poole氏(Company 3)がグレーディング。
  • 「I’m Poppy」:Brian Legoo氏、Jerimiah Morey氏がグレーディング。
  • 「Inventing Tomorrow」:Luke Cahill氏(Different By Design)がグレーディング。
  • 「Jane Fonda in Five Acts」:Ken Sirulnick氏( Design)がグレーディング。
  • 「Juliet、Naked」:Nat Jencks氏(Goldcrest Post)がグレーディング。
  • 「“A Kid Like Jake」:Nat Jencks氏(Goldcrest Post)がグレーディング。
  • 「Kusama – Infinity」:Brian Hutchings氏(Different By Design)がグレーディング。
  • 「The Last Race」:John Dowdell氏(Goldcrest Post)がグレーディング。
  • 「Leave No Trace」:Tim Stipan氏(Company 3)がグレーディング。
  • 「Lizzie」:Jason Crump氏(Metropolis Post)がグレーディング。
  • 「Madeline’s Madeline」:Nat Jencks氏(Goldcrest Post)がグレーディング。
  • 「Men Don’t Whisper」:Kyle Krupinski氏がグレーディング、エディターのPatrick Lawrence氏がプロキシワークフローの一環にDaVinci Resolveを使用。
  • 「Minding the Gap」:Tyler Roth氏(Company 3)がグレーディング。
  • 「The Miseducation of Cameron Post」:Nat Jencks氏(Goldcrest Post)がグレーディング。
  • 「Monster」:Tom Poole氏(Company 3)がグレーディング。
  • 「The Mortified Guide」:Matthew Schwab氏(Roving Pictures Company)がグレーディング。
  • 「NANCY」:Nat Jencks氏(Goldcrest Post)がグレーディング。
  • 「Narcissister Organ Player」:Samuel Gursky氏(Irving Harvey)がグレーディング。
  • 「Never Goin’ Back」:Neil Anderson氏(Lucky Post)がグレーディング。UltraStudio 4Kも使用。
  • 「Night Comes On」:Taylor Levy氏が編集。デイリーおよびVFXにDaVinci Resolveを使用。
  • 「On Her Shoulders」:Luke Cahill氏(Different By Design)がグレーディング。
  • 「Our New President」:Joe Bender氏(Third Party Films)がグレーディング。
  • 「Paint」:Tim Massick氏(Company 3)がグレーディング。
  • 「Pass Over」:Joe Gawler氏(Harbor Picture Company)がグレーディング。
  • 「Piercing」:Sam Daley氏(Technicolor PostWorks)がグレーディング。
  • 「PLUR」:Samuel Gursky氏(Irving Harvey)がグレーディング。
  • 「Private Life」:Alex Bickel氏(Color Collective)がグレーディング。
  • 「Puzzle」:Joe Gawler氏(Harbor Picture Company)がグレーディング。
  • 「The Queen of Fear (La Reina del Miedo)」:Damián Benetucci氏(Cinecolor)、Andrea Bendrich氏(Rei Cine)がグレーディング。
  • 「RBG」:Ken Sirulnick氏( Design)がグレーディング。
  • 「The Rider」:Alex Bickel氏(Color Collective)がグレーディング。
  • 「Science Fair」:Kevin Cannon氏(Different By Design)がグレーディング。
  • 「Search」:Zachary Medow氏がグレーディング。UltraStudio 4Kを使用。
  • 「Sorry to Bother You」:Sam Daley氏(Goldcrest Post)がグレーディング。
  • 「susaneLand」:Bryan Smaller氏(Company 3)がグレーディング。
  • 「The Trade」:Seth Ricart氏(RCO)がグレーディング。
  • 「TYREL」:Sam Daley氏(Technicolor PostWorks)がグレーディング。
  • 「Un Traductor」:Chris Wallace氏(Deluxe Toronto)がグレーディング。
  • 「We the Animals」:Seth Ricart氏(RCO)がグレーディング。
  • 「Wildlife」:Joe Gawler氏(Harbor Picture Company)がグレーディング。
  • 「A Woman Captured」:Ádám Vándor氏(Studio Spájz)がグレーディング。

[ Category : ]
[ DATE : 2018-02-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

DaVinci Resolve Studio事例:DigitalFilm Treeの場合

Blackmagic Designの発表によると、ポストプロダクションDigitalFilm Tree(以下:DFT)が、編集、カラーコレクション、ビジュアルエフェクト、納品までを... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 15の出荷を開始

Blackmagic Designは、編集/カラーコレクション/デジタルオーディオ・オーディオ・ポストプロダクション/VFXの4本を包括した「DaVinici Resolve 15... 続きを読む

Cintel Scanner事例:eFootageの場合

Blackmagic Designの発表によると、現代のフッテージや歴史的なアーカイブ映像を幅広く扱うeFootageが、フィルムのスキャン、アーカイブ、保存ワークフローの一環とし... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:メルボルン・シンフォニー・オーケストラの特別公演の場合

Blackmagic Designの発表によると、オーストラリアのプロダクション会社Avoca Blueが、最近開催されたメルボルン・シンフォニー・オーケストラ(MSO)の特別公演... 続きを読む

メルボルンのビクトリア大学が、オーストラリア初の認定DaVinci Resolveトレーナーに

Blackmagic Designの発表によると、メルボルンのビクトリア大学が、Blackmagic DesignよりDaVinci Resolveトレーナーとして認定を受けたオー... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:2018年サンダンス映画祭の場合