PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 朋栄製品導入事例:フジテレビより4K/HD対応リモートサブシステムなどを受注

News

朋栄製品導入事例:フジテレビより4K/HD対応リモートサブシステムなどを受注

2018-05-14 掲載

ビデオスイッチャーHVS-6000

株式会社朋栄の発表によると、株式会社フジテレビジョンより、VAスタジオ向けに4Kに対応したスタジオサブシステム向けのリモートサブシステム、回線オペレーションセンター(以下:FOC)向けの4K回線設備など、12G-SDI対応機器を中核としたシステムを受注したという。今回採用された12G-SDI対応の各製品は、5月17日~18日に東京・恵比寿の同社にて開催される「朋栄内覧会」にて展示予定。

VAリモートサブシステムは、これまでのベースバンド制作方法を大きく変えることなく4K/HD制作、HDR/SDR制作に対応できるよう12G-SDIのシステムを中心に設計。制作用途に応じて使用するシステムを切り替え可能。リモートサブシステムの中核となるビデオスイッチャーとルーティングスイッチャーには、12G-SDIで48入力に対応した3M/EビデオスイッチャーHVS-6000と、12G-SDIで最大72入力×72出力に対応したルーティングスイッチャーMFR-4000が採用された。

シグナルプロセッサーFA-9600

これらに、3G-SDI対応ビデオスイッチャーHVS-2000(本体のみ)と3G-SDI最大128入力×128出力のルーティングスイッチャーMFR-5000を組み合わせることで、HDから4Kまでさまざまな制作に対応。HD/4Kの解像度相互変換およびSDR/HDRのダイナミックレンジ相互変換には、シグナルプロセッサーのFA-9600と、同機と同じアルゴリズムを活用しながらモジュール化したアップ/ダウンコンバーターモジュールUSF-106UDC-12Gなどが多数採用された。

4KスタジオであるVAスタジオ、V3スタジオでは、4K映像の収録・送出サーバーとして、12G-SDIで入出力4系統を自由に切り替えて使用できるマルチチャネルビデオサーバーMBP-1000VS-12Gを採用。さらに、XAVC LongGOP 200Mbpsをハードウェアコーデックとして搭載したインジェストレコーダーMXR-400も両4Kスタジオに配置され、ファイルベース運用との親和性を高めているという。

また、フジテレビからはこのほかにも、FOC内の次世代F-SAT主局設備と4K回線設備も受注したという。F-SAT主局設備向けには、12G-SDIに対応した72×72のルーティングスイッチャーMFR-4000が、4K回線設備向けには12G-SDI対応144入力×144出力のルーティングスイッチャーMFR-6000やシグナルプロセッサーFA-9600を中核としたシステムがそれぞれ導入される。各設備に導入される主な朋栄製品は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

■VAスタジオ スタジオサブシステム向け:ビデオスイッチャーHVS-6000/2000、ルーティングスイッチャーMFR-4000/5000、マルチビューワーMV-4210、ビデオサーバーMBP-1000VS-12G、インジェストレコーダーMXR-400、シグナルプロセッサーFA-9600、12G-SDI/quad link 3G-SDIコンバーターMFC-2GB、4K信号発生器ESG-4100、アップ/ダウンコンバーターUSF-106UDC-12Gほか各種モジュール

■FOC 4K設備向け:ルーティングスイッチャーMFR-6000、シグナルプロセッサーFA-9600、4K信号発生器ESG-4100、デジタルビデオ分配器USF-105DDA-12Gほか各種モジュール

■次世代F-SAT主局設備向け:ルーティングスイッチャーMFR-4000、マルチビューワーMV-1210、デジタルビデオ分配器USF-105DDA-12G


[ Category : ]
[ DATE : 2018-05-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

朋栄、12G-SDI入出力に標準対応したビデオスイッチャー「HVS-1200」を発売

HVS-1200メインユニット 株式会社朋栄は、12G-SDI入出力に標準対応したビデオスイッチャー「HVS-1200」を発売した。希望小売価格は税別560万円~(2M/Eコ... 続きを読む

Pixellot Standard事例:フットサル大会「CNCIケーブルテレビフットサルフェスタin Oasis21」の場合

右上の赤丸が試合映像の撮影、ライブ配信に活用された「Pixellot Standard」 株式会社朋栄の発表によると、同社が輸入取扱を行うイスラエルPixellot社のAIカ... 続きを読む

朋栄製品導入事例:福岡放送の回線センターシステムの場合

MFR-6000 株式会社朋栄の発表によると、株式会社福岡放送より、各種映像素材を局内へ分配する回線センターシステムを受注したという。福岡放送では、2019年夏に新しい回線セ... 続きを読む

メ~テレ、「8K」および「AI」を活用した2つの取り組みを実施

8K撮影の様子 メ~テレ(名古屋テレビ放送)は「次世代放送の先進局」を目指し、次世代映像に積極的に取り組んできた。今回、メ~テレは次世代映像技術のキーワードとして注目される、... 続きを読む

朋栄、関西放送機器展2018出展概要を発表。12G-SDI関連製品や4K対応製品などを展示

4K対応ビデオスイッチャー「HVS-2000」 株式会社朋栄は、2018年7月11日~12日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第3回 関西放送機器展」に出展する(... 続きを読む

トップ > ニュース > 朋栄製品導入事例:フジテレビより4K/HD対応リモートサブシステムなどを受注