PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > EIZO、グラスバレーとの協業を発表。EDIUS Workgroup 9のVersion 9.2にColorEdgeのカラーモードをコントロールする機能を搭載

News

EIZO、グラスバレーとの協業を発表。EDIUS Workgroup 9のVersion 9.2にColorEdgeのカラーモードをコントロールする機能を搭載

2018-05-17 掲載

EIZO株式会社は、グラスバレー株式会社との協業を発表。同社のカラーマネージメント液晶モニターColorEdge 4Kモデルが、グラスバレーのノンリニアビデオ編集ソフトウェア「EDIUS Workgroup 9」のVersion 9.2と連動し、映像編集作業の効率を向上させる仕組みを実現した。

映像編集工程では、制作するコンテンツによって色域や明るさが異なるため、その目標値に合わせて編集ソフトウェアと作業用モニターの両方を正しく設定する必要があり、従来モニターの表示設定は、筐体ボタンを押下しながら手動で行う必要があった。

今回の協業により、EIZOはグラスバレーにColorEdgeのソフトウェア開発キット(以下:SDK)を提供し、グラスバレーはこのSDKを使用してEDIUS Workgroup 9のVersion 9.2に、ColorEdgeのカラーモードをコントロールする「モニターコントロール機能」を搭載した。

EDIUS Workgroup 9のプロジェクト設定でカラースペースを選択すると、ColorEdgeの表示設定が自動的に同期し、関連付けられたカラーモードに自動で切替わる。同機能により、ユーザーはカラーモード切替えにかかる手間と時間を削減でき、設定の切替え忘れも回避できるという。また、対象となるColorEdge機種は、HDR表示に対応したカラーモードを搭載し、SDR/HDRコンテンツの混在編集にも有効だとしている。対象機種は以下の通り。

■対象機種

  • ColorEdge PROMINENCE CG3145
  • ColorEdge CG319X(対応予定)
  • ColorEdge CG318-4K
  • ColorEdge CG248-4K


[ Category : ]
[ DATE : 2018-05-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2018]EIZOブース:PQ方式とHybrid Log Gamma方式両方のガンマに対応した27.0型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

システムファイブで「HDRセミナー 第1回・入門編」が開催

株式会社システムファイブと株式会社リーンフェイズ、株式会社EIZOの3社は共同で、2018年11月30日(金)に「HDRセミナー 第1回・入門編」を開催する。会場は東京・半蔵門のP... 続きを読む

[InterBEE2018]グラスバレーブース:ライブプロダクションやニュース編集ネットワークなど、実際の業務に合わせたシステムを展示

グラスバレーブースレポート グラスバレーは11月に公開されたDolby Vision対応や、業界最高クラスのデータ圧縮機能などの新機能を多数搭載したカラーグレーディン... 続きを読む

[InterBEE2018]グラスバレー、Rioの最新バージョンv4.5.3を公開

グラスバレー株式会社は、Rioの最新バージョンv4.5.3をリリースした。Rio v4.5.3は、Dolby Vision対応などの新機能を多数搭載している。Rio v4.5.3の... 続きを読む

[InterBEE2018]EIZO、InterBEE 2018の出展概要を発表。27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を国内初展示

※写真は昨年の様子 EIZO株式会社は、2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2018」に出展する(ホ... 続きを読む

トップ > ニュース > EIZO、グラスバレーとの協業を発表。EDIUS Workgroup 9のVersion 9.2にColorEdgeのカラーモードをコントロールする機能を搭載