PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニービジネスソリューション、三重テレビから国内初となるオールIPのHD報道/制作スタジオ対応サブシステムを受注

News

ソニービジネスソリューション、三重テレビから国内初となるオールIPのHD報道/制作スタジオ対応サブシステムを受注

2018-06-11 掲載

「リソースシェア」により設備投資効率を最大化

ソニービジネスソリューション株式会社の発表によると、三重テレビから、IPライブ伝送技術「ネットワーク・メディア・インターフェース」を活用したHDスタジオサブシステムを受注したという。報道スタジオと制作スタジオをひとつのサブシステムで制御することで、効率的な運用と設備投資効果の最大化を目指して今回の採用を決定したと発表。

今回受注したシステムは、複数のスタジオをひとつのサブシステムで制御することができる「リソースシェア」の概念を取り入れたシステム。「リソースシェア」は、コアとなるIPルーティングシステムに複数のスタジオの制作設備を統合し、一つの大きなシステムとして構築することで、設備を共同で運用したり、独立して運用したりするなど、ニーズに応じた運用が可能。

本システムは、映像音声両方のIP化に対応した国内初のオールIP化を実現したライブ制作システム。システムを集中管理しているIPライブシステムマネージャーは、NMIによる映像のルーティングコントロールとIPオーディオ規格Danteによる音声ルーティングコントロールに対応している。

また、今回のシステムでは、従来の「S-BUS」に代わり、ネットワークに対応した新しい制御用プロトコル「NS-BUS」システムを採用。「NS-BUS」により、IPライブシステムマネージャー、ルーターリモコン、スイッチャーを連携し、クロスポイント制御やソースネーム管理、タリー制御など、スタジオサブシステムにおいて必須となる機能を提供する。

    ■主な受注システム機器

  • IPライブシステムマネージャー「PWS-110NM1」
  • NS-BUSコントロールパネル「MKS-R3210/1620/1630」
  • シグナルプロセッシングユニット「NXL-FR316」
  • SDI-IPコンバーターボード「NXLK-IP40F/1」
  • IP対応システムカメラ「HDC-2400/HDCU-3100」
  • IP対応マルチフォーマットプロダクションスイッチャー「XVS-6000」

[ Category : ]
[ DATE : 2018-06-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、「2018映像制作機器 新製品内見会」を開催。4K/8K、HDRだけでなく、AI、IPなどの将来を見据えた展示

ソニーは、6月14日および15日の2日間、東京・品川のソニー本社にて「2018映像制作機器 新製品内見会」を開催した。今年4月にラスベガスで開催されたNAB2018に出展した機材や... 続きを読む

ソニービジネスソリューション、讀賣テレビより新社屋向け4K HDR対応 第3・第4スタジオサブ・カメラシステムを受注

4K設備を12G-SDIで構築し、従来のHD設備と同様の運用を実現 ソニービジネスソリューション株式会社の発表によると、讀賣テレビより、新社屋向け4K HDR対応の制作スタジ... 続きを読む

ソニー、広角から望遠までをカバーする新開発24-200mm F2.8-4.5ズームレンズを搭載した「RX100 VI」を発売

ソニーは、RX100シリーズとして初めて広角から望遠までをカバーする新開発24-200mm F2.8-4.5ズームレンズを搭載したデジタルスチルカメラサイバーショット「RX100 ... 続きを読む

[CineGear2018]ソニー、VENICEの拡張シネマカメラシステムを公開。「アバター」続編3D撮影で活躍

ソニーはCine Gear EXPO 2018で、CineAltaカメラ「VENICE」の拡張シネマカメラシステムを公開した。 アカデミー賞を受賞した「タイタニック」(1... 続きを読む

ソニービジネスソリューション、NTTドコモの「5Gデモバス」内に仮想空間Warp Squareを中心としたシステム一式を納入

ソニービジネスソリューション株式会社の発表によると、株式会社NTTドコモの「5Gデモバス」に向けて、車内で5G(第5世代移動通信方式)を体感可能な仮想空間Warp Squareを中... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニービジネスソリューション、三重テレビから国内初となるオールIPのHD報道/制作スタジオ対応サブシステムを受注