PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニービジネスソリューション、三重テレビから国内初となるオールIPのHD報道/制作スタジオ対応サブシステムを受注

News

ソニービジネスソリューション、三重テレビから国内初となるオールIPのHD報道/制作スタジオ対応サブシステムを受注

2018-06-11 掲載

「リソースシェア」により設備投資効率を最大化

ソニービジネスソリューション株式会社の発表によると、三重テレビから、IPライブ伝送技術「ネットワーク・メディア・インターフェース」を活用したHDスタジオサブシステムを受注したという。報道スタジオと制作スタジオをひとつのサブシステムで制御することで、効率的な運用と設備投資効果の最大化を目指して今回の採用を決定したと発表。

今回受注したシステムは、複数のスタジオをひとつのサブシステムで制御することができる「リソースシェア」の概念を取り入れたシステム。「リソースシェア」は、コアとなるIPルーティングシステムに複数のスタジオの制作設備を統合し、一つの大きなシステムとして構築することで、設備を共同で運用したり、独立して運用したりするなど、ニーズに応じた運用が可能。

本システムは、映像音声両方のIP化に対応した国内初のオールIP化を実現したライブ制作システム。システムを集中管理しているIPライブシステムマネージャーは、NMIによる映像のルーティングコントロールとIPオーディオ規格Danteによる音声ルーティングコントロールに対応している。

また、今回のシステムでは、従来の「S-BUS」に代わり、ネットワークに対応した新しい制御用プロトコル「NS-BUS」システムを採用。「NS-BUS」により、IPライブシステムマネージャー、ルーターリモコン、スイッチャーを連携し、クロスポイント制御やソースネーム管理、タリー制御など、スタジオサブシステムにおいて必須となる機能を提供する。

    ■主な受注システム機器

  • IPライブシステムマネージャー「PWS-110NM1」
  • NS-BUSコントロールパネル「MKS-R3210/1620/1630」
  • シグナルプロセッシングユニット「NXL-FR316」
  • SDI-IPコンバーターボード「NXLK-IP40F/1」
  • IP対応システムカメラ「HDC-2400/HDCU-3100」
  • IP対応マルチフォーマットプロダクションスイッチャー「XVS-6000」

[ Category : ]
[ DATE : 2018-06-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、ハイフレームレート撮影やリモートコントロール機能に対応するVENICEのファームウェアVer.4.0を発表

ソニーは、シネマカメラVENICEのファームウェアVer.4.0でスローモーション映像を実現するハイフレームレート撮影やリモートコントロール機能に対応することを発表した。ファームウ... 続きを読む

ソニー、α9のソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0を発表。オートフォーカスや画質などカメラの基本性能が向上

ソニーは、同社のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」のソフトウェアアップグレード(ソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0)を発表した。同アップグレードには... 続きを読む

ソニー、0.02秒のAFを実現するAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「α6400」を発売

ソニーは、APS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサーExmorを搭載するレンズ交換式デジタル一眼カメラ「α6400」を2019年2月22日に発売する(予約受付開... 続きを読む

ソニー、PXW-Z280/PXW-Z190のアップデートファームウェアVer.2.00を公開

ソニーは2018年12月20日、XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-Z280」と「PXW-Z190」のアップデートファームウェアVer.2.00を公開した。 同アップデー... 続きを読む

ソニー、有効540万画素のHDR撮影とLEDフリッカー抑制を同時に実現する車載カメラ向けCMOSイメージセンサー「IMX490」の商品化を発表

ソニーは、車載カメラ向けの1/1.55型有効540万画素CMOSイメージセンサー「IMX490」を商品化し、2019年3月からサンプル出荷を開始する。サンプル価格は税別15,000... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニービジネスソリューション、三重テレビから国内初となるオールIPのHD報道/制作スタジオ対応サブシステムを受注