PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 朋栄製品導入事例:福岡放送の回線センターシステムの場合

News

朋栄製品導入事例:福岡放送の回線センターシステムの場合

2018-07-04 掲載

MFR-6000

株式会社朋栄の発表によると、株式会社福岡放送より、各種映像素材を局内へ分配する回線センターシステムを受注したという。福岡放送では、2019年夏に新しい回線センターシステムへと更新を行い、順次稼働させる予定。

回線センターシステムの更新にあたり、福岡放送では、将来の4K制作を見据えながら、各種映像素材を取り扱えるように設計を行った。現行のHDシステムのワークフローを変更することなく、システムの中核となる機材を12G-SDIに対応可能なものを選択しておくことで、将来4K制作を開始した際にもHDと同様の入出力数を確保できるようにしているという。これにより、新しい回線センターシステムが稼働してからも、必要な時期に4K制作環境に対応可能。

福岡放送の4K対応の回線センターシステムには、12G-SDI対応製品として中核となるルーティングスイッチャーにMFR-6000、マルチパーパスシグナルプロセッサーFA-9600、マルチビューワーMV-4310を採用。各種モジュール製品を組み込むユニバーサルシステムフレームについても、12G-SDI対応モジュールを挿入可能なUSF-212ASを採用している。

■福岡放送の回線センターシステムに導入される主な朋栄製品

  • ルーティングスイッチャーMFR-6000(144入力x144出力)
  • マルチビューワーMV-4310
  • マルチパーパスシグナルプロセッサーFA-9600
  • ユニバーサルシステムフレームUSF-212ASおよび各種モジュール製品
  • デュアルチャネルシグナルプロセッサーFA-9500
  • マルチチャネルシグナルプロセッサーFA-505
  • 小型ビデオスイッチャーHVS-100 など。

[ Category : ]
[ DATE : 2018-07-04 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2018]朋栄ブース:12G-SDI/IP製品、HDR対応製品、グラフィックス関連製品、AIを活用した制作支援ソリューションなどの新製品やソリューションを展示

朋栄ブース動画 朋栄ブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Goog... 続きを読む

[InterBEE2018]朋栄、TICOコーデックモジュール「USF-106TICO-12G」を発売

株式会社朋栄は、ユニバーサルシステムフレームUSF-212AS/105ASに挿入して使用するTICOコーデックモジュール「USF-106TICO-12G」を2018年11月末に発売... 続きを読む

[InterBEE2018]朋栄、InSyncの8Kアップコンバーター「IF8K-UCN」と8Kフレームシンクロナイザー「IF8K-FSCC」を発売

写真上「IF8K-UCN」、写真下「IF8K-FSCC」 株式会社朋栄は、InSync Technology Products社製8Kアップコンバーター 「IF8K-UCN... 続きを読む

プロ麻雀リーグの聖地「Mリーグスタジオ」をレポート!

2018年10月1日に開幕した「Mリーグ」の、東京・浜松町にある「Mリーグスタジオ」にお邪魔したのでレポートしたいと思う。同スタジオから、インターネットテレビ局「AbemaTV」で... 続きを読む

[InterBEE2018]朋栄、InterBEE2018出展概要を発表。12G-SDI/IP製品、HDR対応製品、グラフィックス関連製品、AIを活用した制作支援ソリューションなどの新製品やソリューションを展示

株式会社朋栄は、2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2018」に出展する(ホール3/No.3509)。 ... 続きを読む

トップ > ニュース > 朋栄製品導入事例:福岡放送の回線センターシステムの場合