PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 朋栄製品導入事例:福岡放送の回線センターシステムの場合

News

朋栄製品導入事例:福岡放送の回線センターシステムの場合

2018-07-04 掲載

MFR-6000

株式会社朋栄の発表によると、株式会社福岡放送より、各種映像素材を局内へ分配する回線センターシステムを受注したという。福岡放送では、2019年夏に新しい回線センターシステムへと更新を行い、順次稼働させる予定。

回線センターシステムの更新にあたり、福岡放送では、将来の4K制作を見据えながら、各種映像素材を取り扱えるように設計を行った。現行のHDシステムのワークフローを変更することなく、システムの中核となる機材を12G-SDIに対応可能なものを選択しておくことで、将来4K制作を開始した際にもHDと同様の入出力数を確保できるようにしているという。これにより、新しい回線センターシステムが稼働してからも、必要な時期に4K制作環境に対応可能。

福岡放送の4K対応の回線センターシステムには、12G-SDI対応製品として中核となるルーティングスイッチャーにMFR-6000、マルチパーパスシグナルプロセッサーFA-9600、マルチビューワーMV-4310を採用。各種モジュール製品を組み込むユニバーサルシステムフレームについても、12G-SDI対応モジュールを挿入可能なUSF-212ASを採用している。

■福岡放送の回線センターシステムに導入される主な朋栄製品

  • ルーティングスイッチャーMFR-6000(144入力x144出力)
  • マルチビューワーMV-4310
  • マルチパーパスシグナルプロセッサーFA-9600
  • ユニバーサルシステムフレームUSF-212ASおよび各種モジュール製品
  • デュアルチャネルシグナルプロセッサーFA-9500
  • マルチチャネルシグナルプロセッサーFA-505
  • 小型ビデオスイッチャーHVS-100 など。

[ Category : ]
[ DATE : 2018-07-04 ]
[ TAG : ]

関連する記事

朋栄、12G-SDI入出力に標準対応したビデオスイッチャー「HVS-1200」を発売

HVS-1200メインユニット 株式会社朋栄は、12G-SDI入出力に標準対応したビデオスイッチャー「HVS-1200」を発売した。希望小売価格は税別560万円~(2M/Eコ... 続きを読む

Pixellot Standard事例:フットサル大会「CNCIケーブルテレビフットサルフェスタin Oasis21」の場合

右上の赤丸が試合映像の撮影、ライブ配信に活用された「Pixellot Standard」 株式会社朋栄の発表によると、同社が輸入取扱を行うイスラエルPixellot社のAIカ... 続きを読む

メ~テレ、「8K」および「AI」を活用した2つの取り組みを実施

8K撮影の様子 メ~テレ(名古屋テレビ放送)は「次世代放送の先進局」を目指し、次世代映像に積極的に取り組んできた。今回、メ~テレは次世代映像技術のキーワードとして注目される、... 続きを読む

朋栄、関西放送機器展2018出展概要を発表。12G-SDI関連製品や4K対応製品などを展示

4K対応ビデオスイッチャー「HVS-2000」 株式会社朋栄は、2018年7月11日~12日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第3回 関西放送機器展」に出展する(... 続きを読む

朋栄、九州放送機器展2018出展概要を発表。スタジオサブシステムや実運用に即した4K対応製品・ソリューションを展示

※写真は九州放送機器展2017の朋栄ブースの様子 株式会社朋栄は、2018年7月5日~6日の2日間、福岡国際センターにて開催される「九州放送機器展2018」に出展する(ブース... 続きを読む

トップ > ニュース > 朋栄製品導入事例:福岡放送の回線センターシステムの場合