PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Pixellot Standard事例:フットサル大会「CNCIケーブルテレビフットサルフェスタin Oasis21」の場合

News

Pixellot Standard事例:フットサル大会「CNCIケーブルテレビフットサルフェスタin Oasis21」の場合

2018-07-18 掲載

右上の赤丸が試合映像の撮影、ライブ配信に活用された「Pixellot Standard」

株式会社朋栄の発表によると、同社が輸入取扱を行うイスラエルPixellot社のAIカメラシステム「Pixellot Standard」が、2018年7月7日~8日に、株式会社コミュニティネットワークセンター主催で行われたフットサル大会「CNCIケーブルテレビフットサルフェスタin Oasis21」において、試合映像の撮影、ライブ配信に活用されたという。同デモンストレーションは、名古屋テレビ放送株式会社(以下:メ~テレ)とCNCIが共同で実施し、朋栄は機材提供ならびに技術協力として参加した。

同大会は、U-8、U-10、U-12、U-14のカテゴリを対象にしたフットサル大会で、Pixellot Standardはフットサルコート脇にセッティングされ、約5mの高さから2日間で計45試合を撮影し、ライブ配信を行った。

今回の撮影について、メ~テレ 技術戦略部 原大智氏は次のようにコメントしている。

Pixellot Standardは、最低2名でセッティングでき、朝セットアップした後は、ほぼ一日中カメラマンなしでの自動オペレーションで撮影・配信が可能なため、運用の手間がないことを実感しました。屋外での利用でしたが、2日間トラブルなく配信し続けることができ、安定性にも優れています。

屋外では電源を確保することが難しいのですが、カメラ本体に電源を引かなくても良い点も、スポーツ中継に適した良いポイントだと思います。AIによる自動カメラワークということで、どのようなカメラワークになるか不安な点もありましたが、良い意味で期待を裏切る見やすいカメラワークを行なっていました。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-07-18 ]
[ TAG : ]

関連する記事

朋栄、12G-SDI入出力に標準対応したビデオスイッチャー「HVS-1200」を発売

HVS-1200メインユニット 株式会社朋栄は、12G-SDI入出力に標準対応したビデオスイッチャー「HVS-1200」を発売した。希望小売価格は税別560万円~(2M/Eコ... 続きを読む

メ~テレ、4K/8Kカメラを使用した12Kワイドスパン映像を制作

メ~テレ(名古屋テレビ放送)は、「次世代放送の先進局」を目指し、かねてより次世代映像に積極的に取り組んでいる。2018年3月、メ~テレは地上波の民放テレビ局として他に先駆け、8Kカ... 続きを読む

NTTぷらら、FC今治ホーム戦にてAI自動撮影カメラを活用したライブSNS配信トライアル

NTTぷららは、AI技術や画像処理、ICT(情報通信技術)を活用した映像制作のノウハウを技術支援と発展につなげることを、“スマートプロダクション化”を称し、積極的に取り組んでいる。... 続きを読む

朋栄製品導入事例:福岡放送の回線センターシステムの場合

MFR-6000 株式会社朋栄の発表によると、株式会社福岡放送より、各種映像素材を局内へ分配する回線センターシステムを受注したという。福岡放送では、2019年夏に新しい回線セ... 続きを読む

メ~テレ、「8K」および「AI」を活用した2つの取り組みを実施

8K撮影の様子 メ~テレ(名古屋テレビ放送)は「次世代放送の先進局」を目指し、次世代映像に積極的に取り組んできた。今回、メ~テレは次世代映像技術のキーワードとして注目される、... 続きを読む

トップ > ニュース > Pixellot Standard事例:フットサル大会「CNCIケーブルテレビフットサルフェスタin Oasis21」の場合