<?php wp_head(); ?>

PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 富士フイルム、開放F値2.0の大口径望遠単焦点レンズ「フジノンレンズ XF200mmF2 R LM OIS WR」を発表

News

富士フイルム、開放F値2.0の大口径望遠単焦点レンズ「フジノンレンズ XF200mmF2 R LM OIS WR」を発表

2018-07-23 掲載

富士フイルム株式会社は、同社のデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズとして、大口径望遠単焦点レンズ「フジノンレンズ XF200mmF2 R LM OIS WR」(以下:XF200mmF2 R LM OIS WR)を発表した。主レンズの焦点距離を1.4倍に拡大(F値は1段暗くなる)するテレコンバーター「フジノンテレコンバーター XF1.4X TC F2 WR」(以下:XF1.4X TC F2 WR)とセットにして、2018年10月下旬より発売する。希望小売価格は税別838,500円。

XF200mmF2 R LM OIS WRは、Xシリーズ用交換レンズで初めて、開放F値2.0の明るさを実現した望遠レンズ。FUJINONレンズの光学設計技術などを活かし、0.1μm以下の精度で加工した大口径レンズを搭載。蛍石レンズの性能に匹敵する大口径スーパーEDレンズ1枚と大口径EDレンズ2枚を含む14群19枚構成で、色収差を極限まで抑制する。明るい開放F値2.0と200mm(35mm判換算:305mm相当)の焦点距離による豊かなボケ味を実現しているという。主レンズの開放F値2.0に対応し、焦点距離を1.4倍に拡大するXF1.4X TC F2 WRとの組み合わせで、焦点距離280mm(35mm判換算:427mm相当)の超望遠もカバーする。

SETボタンであらかじめ設定した位置にピントを瞬時に移動できるフォーカスプリセット機能を搭載。狙った被写体へのピントを再調整することなく撮影可能。ピント合わせの際にレンズの駆動範囲を制限するフォーカスリミッターを搭載。5m以上離れた被写体を撮影する時にレンズの駆動時間を短くすることができ、高速AFを実現。撮影距離範囲切り換えスイッチでフォーカスリミッターを作動することができる。レンズ鏡筒の先端部にフォーカスコントロールボタンを配置し、フォーカスセレクトスイッチで好みの機能を割り当てることができ、AFやフォーカスロックなどの操作を快適に行うことができるとしている。

CIPA準拠で5.0段分の手ブレ補正性能を発揮。手ブレの影響を受けやすい望遠レンズの手持ち撮影を可能にする。フォーカスレンズ群を軽量化するとともに、リニアモーターを搭載したことで、高速かつ静音で高精度なAFを実現。また、電源オフ時や撮影した写真の再生時には、フォーカスモーター群を固定するメカ機構を採用し、撮影時同様に、不要な振動を抑える。

レンズ本体のカラーには、炎天下でのレンズ内部の温度上昇を抑制するマットシルバーを新たに採用。光が散乱する塗装を施すことで、レンズ本体からの反射光を抑制している。マグネシウム合金を使用し、軽量かつ堅牢性に優れたボディを実現。さらに、鏡筒の17ケ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。レンズ前玉にはフッ素コーティングを施し、撥水・防汚性能も備えている。また、アルカスイス互換の三脚座を採用。1/4インチと3/8インチの三脚ネジも設けられている。

フジノンテレコンバーター XF1.4X TC F2 WR

XF1.4X TC F2 WRは、カメラボディと主レンズの間に装着することで、主レンズの光学性能を最大限引き出しながら、焦点距離を1.4倍に拡大するテレコンバーター。収差を良好に補正する専用設計とし、主レンズの開放F値2.0に対応している。XF200mmF2 R LM OIS WRとXF1.4X TC F2 WRの組み合わせにより、280mm(35mm判換算:427mm相当)の焦点距離をカバー可能(開放F値は2.8となる)。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-07-23 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[CP+2019]富士フイルム、顔検出/瞳AFの追従性・安定性の向上を実現するX-T3のファームウェアバージョン3.00を発表

富士フイルムは、同社のデジタルカメラ「X-T3」用のファームウェアバージョンVer. 3.00を2019年4月より公開する。 アルゴリズムの改善により、顔検出/瞳AFの追従性... 続きを読む

富士フイルム、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発売

富士フイルム株式会社は、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載し、本体を動かさずにレンズの回転だけで様々な方向へ投写可能な超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5... 続きを読む

富士フイルム、「新プロジェクター製品内覧会」を開催

富士フイルム株式会社は、2019年2月13日に東京・銀座にあるG735 Galleryにて、「新プロジェクター製品内覧会」を開催する。 同内覧会は、Photokina2018... 続きを読む

富士フイルム、4GBを超える動画ファイルを1ファイルで記録できるX-T3のファームウェアバージョン2.10を発表

富士フイルムは、同社のデジタルカメラ「X-T3」用のファームウェアバージョン2.10を公開した。 従来、ファイルサイズが4GBを超える動画ファイルは分割して記録されていたが、... 続きを読む

[InterBEE2018]富士フイルムブース:8K・4K対応レンズやさまざまな方向に投射できるプロジェクターを国内初出展

富士フイルムブース動画 富士フイルムブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用す... 続きを読む

トップ > ニュース > 富士フイルム、開放F値2.0の大口径望遠単焦点レンズ「フジノンレンズ XF200mmF2 R LM OIS WR」を発表