PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > DaVinci Resolve Studio事例:DigitalFilm Treeの場合

News

DaVinci Resolve Studio事例:DigitalFilm Treeの場合

2018-08-17 掲載

Blackmagic Designの発表によると、ポストプロダクションDigitalFilm Tree(以下:DFT)が、編集、カラーコレクション、ビジュアルエフェクト、納品までを含むすべてのワークフローを、最新のDaVinci Resolve 15 Studioに移行したという。

1999年の創設以来、テクノロジーとシネマアートの限界を押し広げてきたDFTは、最新のテクノロジーを常にいち早く取り入れており、ハイエンドの放送、OTT、劇場映画プロジェクトに最高クラスのフィニッシングを提供するポストハウス。DFTは、Blackmagic DesignによるDaVinci Systemsの買収後、最初にDaVinci Resolve Studioを使用した会社のうちの1つであり、2009年に「NCIS:LA~極秘潜入捜査班」で同製品を使用している。

DaVinci Resolve 15 Studioへの移行は慎重に計画され、2018年4月にNABでDaVinci Resolve 15 Studioが発表されてから、何度もパブリックベータ版でテストを重ね、移行を実現したという。DigitalFilm Treeの創設者/CEO ラミー・カトリブ氏は次のようにコメントしている。

カトリブ氏:私たちは、クライアントやアーティストに対して、常に最高のツールを提供するよう努めています。DaVinci Resolve 15 Studioの完全版が近く発表されると分かっていたので、パブリックベータ版で系統的にテストを行い、DaVinci Resolve 15 Studioをすべてのポスプロ部門に導入しました。

新しいソフトウェアの一番の変化は、Fusion VFXが追加されたことである。DFTがVFX部門にこれらのツールを導入したことは、歓迎すべきことであり、複雑なことでもあったという。

カトリブ氏:DaVinci Resolve 15 Studioの独自のワークフローを活用し、編集、コンフォーム、カラコレ、VFXの専門アーティストたちが同一のプロジェクトで同時に作業できるようにしたいと思いました。VFXとカラコレの部門では、いち早くFusionを使い始めました。DaVinci Resolve Studioに組み込まれているので、他のアプリとのラウンドトリップは必要ありません!かなり早い段階で、Fusionのパワーとリアルタイム・コラボレーションの効率性を実感しましたね。

移行を早期に実行しようという社内の気勢を高めたのは、DaVinci Resolveに搭載されたツール群の存在だという。DFTのシニアカラリスト パトリック・ウッドアード氏は次のようにコメントしている。

ウッドアード氏:DaVinci Resolve Studioのカラーページのスピードとパワーには、もともと満足していました。DaVinci Resolve 15 Studioは、グレーディングしている間に他のアーティストたちとインタラクティブに作業できるので、チームとして一層効率的かつクリエイティブな仕事が可能になりました。

DaVinci Resolve 15 Studioが他のアプリケーションと異なる点は、完全なNLE機能に加え、カラーグレーディングシステム、Fusion VFX、Fairlightオーディオ、そしてデリバリーツールを単一のアプリケーションに搭載していることである。

カトリブ氏:締め切りが厳しく、技術的・創作的な改正が目まぐるしく要求される今日の状況において、編集、コンフォーム、カラコレ、VFXを同時に進めることは道理にかなっていると言えますね。

DaVinci Resolve 15 Studioを使用すれば、クライアントはDFTのオフィスでも離れた場所でも、ポスプロのあらゆるプロセスを同一タイムラインで行き来できるのです。DaVinci Resolve Studioから最終マスターを直接出力できるので、納品までの時間が劇的に短縮されました。マスタリングのプロセスを通じて、クライアントにカメラRAWフィニッシングの環境を紹介します。各プロジェクトにおいて、技術部門とクリエイティブ部門がコラボできるポストプロダクションは、とてもエキサイティングです!

4年以上前に、DFTはDaVinci Resolve StudioとITロジスティクス性能にテコ入れを行い、リモートのポストプロダクション・サービスを提供できるようになった。最初は世界中のクライアントに対し、DaVinci Resolve Studioのリモート・カラーシステムを提供。クライアントは、LAにあるレンガとしっくいの壁が目印のDFTオフィスにいるかのような感覚で、プロジェクトを確認、承認することができる。

カトリブ氏:IPベースの処理やサービスに移行するにつれ、DaVinci Resolve Studioを使って、ポストプロダクションのあらゆる過程をクライアントに提供できるようになりました。クライアントの所在地は問題ではありません。

今では多くのクライアントが、私たちが”GeoPot”と呼んでいるリモート・ポストサービスを利用しています。TBSの「Wrecked」にはフィジーからリモート・デイリーを提供、ABCの「American Housewife」にはカラーおよびVFXをリモートで提供、CWの「ハンドレッド」にはタイトル、コンフォーム、カラー、VFXをリモートで提供しています。

カトリブ氏は、DaVinci Resolve15 Studioのコラボレーション機能やリモート機能を使って、DFTのサービスを全世界に拡大できることにワクワクしているという。

カトリブ氏:DaVinci Resolve Studioは常に業界のゲームチェンジャーであり、幅広く普及しています。単一のソフトウェアで完全な共有ワークフローを実現できることで、ポストプロダクションのパラダイムが劇的に変化することでしょう。誰にとっても良い方向へ。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-08-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2018]ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 15.2を発表

Blackmagic Designは、メジャーアップデートとなるDaVinci Resolve 15.2を発表した。DaVinci Resolve 15.2は、同社Webサイトから... 続きを読む

[InterBEE2018]ブラックマジックデザイン、「Blackmagic Audio Monitor 12G」を発表

ラック一番下に設置されているのがlackmagic Audio Monitor 12G Blackmagic Designは、ラックマウント型オーディオモニタリングソリューシ... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:映画「ジ・オース」の場合

Courtesy of Topic Studios and Roadside Attractions Blackmagic Designの発表によると、映画「ジ・オース」の撮... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:Fall Out Boyの世界ツアー「MANIA」の場合

Blackmagic Designの発表によると、グラミー賞にノミネートされた米国のロックバンド、Fall Out Boyの世界ツアー「MANIA」のライブ制作ワークフローがアップ... 続きを読む

[InterBEE2018]ブラックマジックデザイン、InterBEE 2018にてDaVinci Resolve 15、Pocket Cinema Camera 4Kの作品事例を用いたデモンストレーションを開催

※写真は昨年の様子 ブラックマジックデザインは、2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2018」の同社ブー... 続きを読む

トップ > ニュース > DaVinci Resolve Studio事例:DigitalFilm Treeの場合