PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [IBC2018]AJA、12G-SDI I/Oを備えたKONA 5とDesktop Software v15を発表

News

[IBC2018]AJA、12G-SDI I/Oを備えたKONA 5とDesktop Software v15を発表

2018-09-14 掲載

AJA Video Systems社は、ワークステーションまたはThunderbolt 3接続のシャーシで使用できる、12G-SDI入出力およびHDMI 2.0でのモニタリング/出力に対応した8レーンPCIe 3.0ビデオ/オーディオI/Oカード「KONA 5」を発表した。KONA 5 は今秋に出荷予定で、希望小売価格は税別422,000円。Desktop Software v15も今秋に利用可能となる予定。

KONA 5は、4K/UltraHDおよびHDハイフレームレート、ディープカラー、HDRワークフローに1本のケーブルで対応。開発者用途として、AJAのSDKを用いることでマルチチャンネル12G-SDI入出力が可能になり、複数の4Kストリームの入力または出力を行うことも可能。

キャプチャおよび出力カードであるKONA 5は、AJAのmacOSおよびWindowsドライバーとアプリケーションプラグインを活用することで、Adobe Premiere ProやApple Final Cut Pro X、Avid Media Composerといった主要な制作ツールと相互利用が可能。KONA 5は、12G-SDI使用時にキャプチャと同時にパススルーでのモニタリングにも対応しており、HDMI 2.0出力により最新のディスプレイへの接続も可能になるとしている。

AJA Video Systems社 社長のNick Rashby氏は次のようにコメントしている。

最高品質のコンテンツを求める今日の視聴者により、放送およびポストプロダクションのワークフローにおいては高解像度、ハイフレームレートおよびディープカラーが急速に業界基準となってきています。それにより、さらに早く、より効果的なアプローチのニーズが高まっています。KONA 5は、AJAの主力製品Io 4K Plusの持つ柔軟性に、より強力な機能を備えたデスクトップI/Oソリューションを組み合わせた製品です。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-09-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[IBC2018]AJA、HELO v3.0ファームウェアを発表

AJA Video Systems社は、スタンドアローン型H.264ストリーミング&レコーディングデバイス「HELO」向けファームウェアv3.0を発表した。同ファームウェアは、近日... 続きを読む

[IBC2018]AJA、「HDR Image Analyzer」を発表

AJA Video Systems社は、新製品「HDR Image Analyzer」を発売する。出荷開始は今秋を予定している。希望小売価格は税別2,240,000円。 HD... 続きを読む

[IBC2018]AJA、Ki Pro Ultra Plusのファームウェアv4.0を発表

AJA Video Systems社は、同社のProRes/DNx対応のレコーダー/プレイヤーKi Pro Ultra Plusの新たなファームウェアv4.0を発表した。今秋にリリ... 続きを読む

[IBC2018]AJA、FS-HDRファームウェアv2.6を発表

AJA Video Systems社は、Colorfront Engineを搭載したリアルタイムHDR/WCGコンバーターFS-HDRのファームウェア/ソフトウェアv2.6を発表し... 続きを読む

[IBC2018]AJA、10GigE対応のSMPTE ST 2110ビデオ/オーディオレシーバー「IPR-10G2-HDMI」「IPR-10G2-SDI」を発表

AJA Video Systems社は、10GigE対応のSMPTE ST 2110ビデオ/オーディオレシーバー「IPR-10G2-HDMI」「IPR-10G2-SDI」を2018... 続きを読む

トップ > ニュース > [IBC2018]AJA、12G-SDI I/Oを備えたKONA 5とDesktop Software v15を発表