PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [IBC2018]AJA、FS-HDRファームウェアv2.6を発表

News

[IBC2018]AJA、FS-HDRファームウェアv2.6を発表

2018-09-14 掲載

AJA Video Systems社は、Colorfront Engineを搭載したリアルタイムHDR/WCGコンバーターFS-HDRのファームウェア/ソフトウェアv2.6を発表した。

同アップデートにより、新しいカラー変換が行えるようになった。製作時にも最終的なルックと変わらないイメージで、4K/UltraHD/2K/HD、SDR、HDRフォーマットを扱える。v2.6の主な機能は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

■Colorfront Engineが新しいHDR出力変換に対応

  • S-Log3/BT.2020のダイナミックレンジと色域で出力
  • ARRI Log Cのダイナミックレンジと色域で出力

■BBC v1.2 HLG LUTのアップデート

  • SDRシーン・リファード(SR)からHLG
  • SDRディスプレイ・リファード(DR)からHLG
  • PQ 1000 nitからHLG
  • S-Log3 100%からHLG
  • S-Log3 200%(SR-Live)から HLG
  • HLGからSDRディスプレイ・リファード(DR)
  • HLGからPQ 1000nit

■新しく追加されたBBC v1.2 HLG LUT

  • SDR SRからHLGにアップコンバージョン
  • SDR DRからHLGにアップコンバージョン
  • PQ 4000nitからHLG
  • HLGからSDRSR

■LUTアップロード機能

  • カスタマイズした複数の3D CUBE LUTをFS-HDRにウェブUIからアップロード/保存し、プリセットとして呼び出し可能FS-HDRツールセットでカスタマイズしたLUTをリアルタイムワークフローで使用し、常に共通のルックで作業可能

■AJA FS-HDR Control Linkアプリケーションを使用してColorfront Engineのパラメーターを一括操作

  • 無料のFS-HDR Control Linkアプリケーションで、同一ネットワーク上にある複数のFS-HDRの一括制御が可能。4台のFS-HDRを用いることで8Kワークフローに対応。FS-HDRに実装されているパラメーターを変更すると、簡単に Colorfront Engineを調整できます。FS-HDRのアプリケーションGUI、もしくはTangent Element Kbパネルの12のノブを使用すれば、1台のFS-HDRを変更すると同時に、その他のすべての機体にも一斉に設定を適用することが可能です。

[ Category : ]
[ DATE : 2018-09-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

AJA、「After NAB Show Tokyo 2019」の出展概要を発表。マルチチャンネルH.264レコーダー&プレイヤー「Ki Pro GO」などを展示

※写真は昨年の様子 AJA Video Systemsは、2019年5月22日(水)と23日(木)の2日間、東京・秋葉原UDXで開催される「After NAB Tokyo 2... 続きを読む

[NAB2019]AJA、Desktop Software v15.2を公開

AJA Video Systems社は、Desktop Software v15.2を発表した。2019年5月に提供開始予定。 Desktop Software v1... 続きを読む

[NAB2019]AJA、FS-HDR v3.0ファームウェアを発表

AJA Video Systems社は、リアルタイムHDR/WCGコンバーター&フレームシンクロナイザーFS-HDR向けのv3.0ファームウェアを発表した。2019年6月より提供開... 続きを読む

[NAB2019]AJA、HDR Image Analyzer v1.1を発表

AJA Video Systemsは、HDR Image Analyzer向けの無料ファームウェアアップデートv1.1を発表した。近日中に提供予定。 Colorfront社と... 続きを読む

トップ > ニュース > [IBC2018]AJA、FS-HDRファームウェアv2.6を発表