PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ローランド、マトリックス・スイッチャー「XS-42H」を発売

News

ローランド、マトリックス・スイッチャー「XS-42H」を発売

2018-09-25 掲載

ローランド株式会社は、マトリックス・スイッチャー「XS-42H」を2018年10月19日に発売する。希望小売価格はオープン。市場想定価格は税込14万円前後。

XS-42Hは、最大4つの映像を2画面に出力できスムーズに切り替えられるマトリックス・スイッチャー。自動入力検知機能を搭載しており、新しく接続した機器を判別して自動的に切り替えることが可能。また、発表者が交代する際、PCからケーブルを外すとディスプレイに真っ暗な画面が表示されることがありますが、XS-42Hでは、PCからケーブルを外しても接続中の他の入力ソースに自動的に切り替わる。本体にあらかじめ設定した会社のロゴや画像を表示することも可能。XS-42Hの外形寸法は幅242mm×奥行125mm×高さ44mm、質量1.2kg。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/09/180925_XS-42H_back.jpg XS-42Hの背面部分
※画像をクリックすると拡大します

会議室にもう1台のディスプレイを追加し、2つの映像を同時に表示したり切り替えることが可能。手動で2つの画面の表示内容をタイムリーに切り替られ、あらかじめ記録した設定をワンタッチで呼び出し自動で映像を切り替えられる。また、タブレット、スマートフォン、PCなどのWebブラウザをリモート・コントローラーとして使用できるため(別途Wi-Fiアクセスポイントが必要)、離れた場所から本体を操作可能。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-09-25 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ローランド、映像演出や音声調整、収録、ライブ配信を1台で操作可能なマルチフォーマットAVミキサー「VR-50HD MK II」を発表

ローランド株式会社は、中小規模のイベントでの映像演出や音声調整、収録、ライブ配信までを1台で操作可能なマルチフォーマットAVミキサーの新モデルとして「VR-50HD MK II」を... 続きを読む

[NAB2019:Roland]4K HDRスイッチャーの北米デビューやVR-1HD用リモートコントロールソフトウェアを発表

Rolandブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

[NAB2019]Rolandブース(動画)

NAB2019のRolandブース動画です。 ... 続きを読む

ローランド、4K HDRマルチフォーマット・ビデオ・スイッチャー「V-600UHD」を発売。4K/HDRとHD映像への対応をスムーズに行える「ULTRA SCALER機能」を搭載

ローランド株式会社は、4K対応の業務用マルチフォーマット・ビデオ・スイッチャー「V-600UHD」を2019年6月に発売する。価格は未定。 V-600UHDは、4K/... 続きを読む

ローランド×ヒマスタ、生配信レビュー番組「発売まで待てない?!ヒマスタでVR-1HDレビュー!」をFacebook Liveで配信

ローランドとヒマナイヌによるコラボレーション番組「発売まで待てない?!ヒマスタでVR-1HDレビュー!」が2019年1月18日21:00(予定)よりFacebook Liveにて配... 続きを読む

トップ > ニュース > ローランド、マトリックス・スイッチャー「XS-42H」を発売