PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ローランド、ビデオ・プロセッサー「VP-42H」を発売

News

ローランド、ビデオ・プロセッサー「VP-42H」を発売

2018-09-25 掲載

ローランド株式会社は、ビデオ・プロセッサー「VP-42H」を2018年10月19日に発売する。希望小売価格はオープン。市場想定価格は税込16万円前後。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/09/180925_VP-42H_back.jpg VP-42Hの背面部分
※画像をクリックすると拡大します

VP-42Hは、最大で4つの映像を合成でき、映像を切り替える際、アニメーション効果により動きのある演出が可能。映像のレイアウトは「シーン」として本体に記録でき、ワンタッチで呼び出すことが可能。さらに、「シーン」を切り替えるときや、個々の画面の位置や大きさを変えるときにも、アニメーションをつけることが可能だ。この効果は自動的に設定されるため、誰でも簡単にインパクトのあるプレゼンテーションを行うことができるとしている。外形寸法は幅242mm×奥行125mm×高さ44mm、質量1.2kg。

タブレット、スマートフォン、PCなどのWebブラウザをリモート・コントローラーとして使用可能

会議室にもう1台のディスプレイを追加し、2つの映像を同時に表示したり切り替えることが可能。手動で2つの画面の表示内容をタイムリーに切り替られ、あらかじめ記録した設定をワンタッチで呼び出し自動で映像を切り替えられる。また、タブレット、スマートフォン、PCなどのWebブラウザをリモート・コントローラーとして使用できるため(別途Wi-Fiアクセスポイントが必要)、離れた場所から本体を操作可能。さらに、画面合成を設定することもでき、各入力映像の重ね合わせや、必要な部分の切り抜き、拡大/縮小、レイアウトを画面タッチやマウス操作で直感的に行えるとしている。

Webブラウザで画面合成の設定が行える

[ Category : ]
[ DATE : 2018-09-25 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ローランド、九州放送機器展2019出展概要を発表。4K HDR対応スイッチャー「V-600UHD」や、マルチフォーマットAVミキサー「VR-50HD MK II」などを展示

マルチフォーマットAVミキサー「VR-50HD MK II」 ローランド株式会社は、2019年7月31日~8月1日の2日間、福岡国際センターにて開催される「九州放送機器展20... 続きを読む

ローランド、V-60HDの機能アップデートVer.2.50をリリース。パナソニックPTZカメラおよびキヤノンビデオカメラのコントロールが可能に

ローランド株式会社は、同社の小型ビデオ・スイッチャー「V-60HD」の機能アップデートとなるシステム・プログラムVer.2.50を提供開始した。同社Webページよりダウンロード可能... 続きを読む

ローランド、映像演出や音声調整、収録、ライブ配信を1台で操作可能なマルチフォーマットAVミキサー「VR-50HD MK II」を発表

ローランド株式会社は、中小規模のイベントでの映像演出や音声調整、収録、ライブ配信までを1台で操作可能なマルチフォーマットAVミキサーの新モデルとして「VR-50HD MK II」を... 続きを読む

[NAB2019:Roland]4K HDRスイッチャーの北米デビューやVR-1HD用リモートコントロールソフトウェアを発表

Rolandブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

[NAB2019]Rolandブース(動画)

NAB2019のRolandブース動画です。 ... 続きを読む

トップ > ニュース > ローランド、ビデオ・プロセッサー「VP-42H」を発売