PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]NHK、InterBEE 2018の出展概要を発表。新4K8K衛星放送開始に向けた4K8Kコンテンツや製品を展示
News

[InterBEE2018]NHK、InterBEE 2018の出展概要を発表。新4K8K衛星放送開始に向けた4K8Kコンテンツや製品を展示

#NHK #Inter BEE 2018

2018-11-08 掲載

NHKは一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)と共同で、2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2018」に出展する。

同社ブースでは、新4K8K衛星放送の開始を2週間後に控え、さまざまな4K8Kコンテンツや新しい放送に対応した機器を展示する。InterBEE2018の直前に開催される「2018 NHK杯国際フィギュアスケート」など、8K・HDRコンテンツや、全国のNHKの放送局が制作した4Kコンテンツを見ることができる。

また、JEITAの協力を得て、メーカー各社の新4K8K衛星放送対応テレビのほか、これまでに発売された4K対応テレビで新4K8K衛星放送を視聴できるようになるチューナーや録画機などを展示。「8Kリビングシアター」では、家庭のリビングルームをイメージした空間で、8Kの超高精細映像と22.2マルチチャンネル音響を体感することができる。

その他にも、パラボラアンテナやケーブルテレビなど「NHK BS4K」「NHK BS8K」を視聴するための受信システムを紹介。「SHマーク登録品」など「NHK BS8K」に対応する受信システム機器を展示するほか、マンションなど集合住宅の受信システムイメージを展示し、テレビ受信設備の改修方法などを説明するコーナーを設置。

「4K2K一体制作コーナー」では、4K番組と2K番組とを一体的に制作するNHKの取り組みを紹介する。ブース内に4K中継車を展示し、中継番組での4K2K一体制作の事例やドラマ番組での4K2K一体制作のフローを紹介する。また「2K/4K/8K制作に利用できるIP制作設備の研究開発」の展示では、IP技術を導入することで、2Kから4K、さらに8Kまで、設備を共通化してコンテンツ制作が行えることを紹介。

NHKではこのほかにも、放送通信融合の最新動向を紹介する「INTER BEE CONNECTED」エリアに「身近になったハイブリッドキャストの端末連携」を、また最新映像技術を介して新たなメディアの可能性を紹介する「INTER BEE IGNITION」エリアに「ダイジェスト映像自動生成システム」と「AIによる白黒映像の自動カラー化技術」を展示する。ブース番号、出展概要は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

■NHK/JEITAブース(ブース番号:2319)

展示項目 展示内容
4K8K最新テレビ 放送を前に出揃った各社の最新テレビとチューナー、録画機を展示します。
8Kリビングシアター 光の明暗などをより忠実に再現したHDRの映像や22.2マルチチャンネルの3次元音響により、臨場感あふれる迫力の8Kコンテンツをお楽しみいただきます。
4K2K一体制作 中継 会場に4K中継車を展示し、実際の4K中継で行われている4K2K一体制作をご覧いただきます。
4K2K一体制作 ドラマ 来年始まる大河ドラマ「いだてん」の4K2K一体制作がどのように行われているのかをご説明します。
新4K8K衛星放送受信システム 新4K8K衛星放送を視聴するための受信方法やパラボラアンテナなど受信システム機器を紹介します。
2K/4K/8K制作に利用できるIP制作設備の研究開発 2K/4K/8Kすべてのコンテンツ制作で共用できるIPベースの制作設備の研究開発について紹介します。

■INTER BEE CONNECTED(ブース番号:7302)

展示項目 展示内容
身近になったハイブリッドキャストの端末連携 スマートフォンのアプリに組み込むことで、身近なサービスとハイブリッドキャスト対応テレビを連携させてコンテンツをより便利に楽しむことができる「ハイコネ・ライブラリ」を紹介します。

■INTER BEE IGNITION(ブース番号:6508)

展示項目 展示内容
ダイジェスト映像自動生成システム 映像解析やソーシャルメディア解析の技術を利用して、制作者の意図を反映させた番組ダイジェスト映像を自動生成するシステムを展示します。
AIによる白黒映像の自動カラー化技術 これまで専門家が膨大な時間をかけて行っていた白黒映像のカラー化作業を、AI(人工知能)を活用して効率的に行える技術を紹介します。

[ Category : ]
[ DATE : 2018-11-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NHK技研、新たな有機EL用材料として独自のフェナントロリン誘導体を開発

NHK放送技術研究所(技研)は、フレキシブルディスプレイの長寿命化だけでなく省電力化も実現できる新たな電子供給層の材料として、独自のフェナントロリン誘導体を開発した。 同... 続きを読む

NHK、有機膜を積層した3層カラー撮像素子を開発

開発した3層カラー撮像素子と動作原理 NHKは、青色のみ、緑色のみの光を検出する有機膜を、赤色の光を検出するCMOSイメージセンサーの上に垂直方向に重ねて配置した、3層構造の... 続きを読む

NHK、200万画素ハイビジョン解像度相当の3次元映像表示システムを開発

3次元映像の表⽰例 NHKは、被写体からの光線を再現する「アクティナビジョン」と呼ぶ独自の3次元映像表示方式で、“ハイビジョン解像度相当(約200万画素)の高精細な3次元... 続きを読む

NHK、8K 22.2chでの上映イベントを開催

NHKは、BS8Kで1月から放送している8Kクラシック番組「いまよみがえる伝説の名演奏・名舞台」を8K映像と22.2chサラウンド音響で体感できる8K上映イベントを2020年2月1... 続きを読む

[InterBEE2019]NHK、InterBEE2019出展概要を発表。“8Kスポーツ”コンテンツと最新の8K制作への取り組みを紹介

NHKは一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)と共同で、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]NHK、InterBEE 2018の出展概要を発表。新4K8K衛星放送開始に向けた4K8Kコンテンツや製品を展示