PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:Zodiac StudiosのAustin Music Liveライブストリーミングシリーズの場合

News

Blackmagic Design製品事例:Zodiac StudiosのAustin Music Liveライブストリーミングシリーズの場合

2018-11-21 掲載

Photo credit: Manny Cajigas

Blackmagic Designの発表によると、テキサス州オースティンを拠点とするフルサービス制作スタジオのZodiac Studiosが、Austin Music LiveシリーズでATEM Television Studio Pro 4KライブプロダクションスイッチャーとVideo Assist 4Kモニター/レコーダーを使用しているという。

Zodiac Studiosのオーナー兼エグゼクティブ・プロデューサーのロバート・コールダー氏と、プロデューサー兼クリエイターのデビッド・クリストファー氏によって共同設立された同ライブストリームシリーズでは、オースティンを”世界のライブミュージックの首都”と言わしめる、色彩豊かで才能あふれる地元のミュージシャンを紹介しているという。

現在、第3シーズンを迎えているAustin Music Liveでは、キャロライン・ワンダーランドなど、同地域の様々なライブパフォーマンスがエピソードごとに場所を変えて紹介される。各パフォーマンスはOTT VODプロバイダーであるXUMO社などのデジタルプラットフォームによってキャプチャされ、スマートTV、YouTube、Facebook Live、Twitter、Austin Music Live公式Webサイトなどを通して視聴者に提供される。各ライブ放送の視聴者数は1,500~3,000人、XUMOにおける同シリーズのVODコンテンツの年間再生回数は150万回に及ぶという。

各パフォーマンスをキャプチャするために、制作チームは会場に移動型制作トレーラーを持ち込んで、会場内の全カメラにケーブルを走らせる。全5台のカメラにVideo Assist 4Kを装着することで、カメラマンは撮影内容を明確に確認し、同時に各カメラの映像をISO収録できるという。各カメラの映像は、制作トレーラーに設置されたATEM Television Studio Pro 4Kへと送信される。コールダー氏は、制作トレーラーのATEM Television Studio Pro 4Kを使用して、魅力的な視聴体験を作成する。

Photo credit: Manny Cajigas

コールダー氏:ATEM Television Studio Pro 4Kでは、カメラを切り替えてもストリームに遅延が生じません。これは、ライブストリーミングイベントを成功させる上で極めて重要です。また、マルチフォーマット対応の入力は、各入力に再同期と低遅延変換に対応しています。あらゆる種類のカメラを制作に使用できるので、非常に便利です。メディアプールには、20個までのショートビデオを保存して、ミックスエフェクトやオーバーレイに使用できます。以前は別のコンピューターで行う必要があったので、この点はとても大きいですね。会場に持ち込む機材が減りました。

Austin Music Liveは移動型の制作で、制作チームは費用効率および可搬性が高いソリューションを求めていたという。

コールダー氏:スタッフも予算も限られています。通常は5人で行う別々のタスクを、私1人で担当しています。

全てのカメラをコントロールできるパワフルさと、移動型制作トレーラーに設置できるコンパクトさを兼ね備えたスイッチャーが必要でした。ATEM Television Studio Pro 4Kがあることで、内蔵トークバック機能を使用してカメラマンとコミュニケーションが取れます。また、5台のカメラを瞬時に切り替えて、必要なアングルを捉えられます。これにより、離れた場所にいる視聴者のパフォーマンス体験をコントロールできます。私たちは、視聴者をライブ会場の観客席にいるような気分にさせたいのです。

Photo credit: Manny Cajigas

コールダー氏:遅延に関する要件があるので、現在はライブ放送の他に収録を720/1080pで行なっています。しかし、ATEM Television Studio Pro 4Kは12G-SDIおよび4Kに対応しているので、将来的には状況に応じていつでも切り替えられます。他の機器に投資する必要がないことが分かっているので、予算に関しても安心です。

Photo credit: Manny Cajigas

コールダー氏:Austin Music Liveは、オースティンの音楽シーンを守るために行なっています。この活気あふれる堅固な音楽シーンを、お住まいの地域にかかわらず誰にでも味わって欲しいのです。ATEM Television Studio Pro 4Kを導入したことで、世界レベルかつ直感的な制作ワークフローを予算の範囲内で手にすることができました。非常にユーザーフレンドリーで、簡単に使用できる製品だと思います。近い将来、もう1台購入することも視野に入れています。

Zodiac Studiosは、オースティン・スパーズの公式放送パートナーとして、2018/2019年シーズンのライブ制作にATEM Television Studio Pro 4KをURSA Broadcastカメラを使用する予定。URSA Broadcastは、画質、B4放送マウント、コンパクトなサイズを理由に選択されたという。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-11-21 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Blackmagic Design製品事例:High School Nationの場合

Blackmagic Designの発表によると、High School Nationがアメリカ全土の高校に提供するプログラムにおけるメインカメラとして、Blackmagic De... 続きを読む

Cintel Scanner事例:株式会社TBSスパークルの場合

© TBS SPARKLE Blackmagic Designの発表によると、株式会社TBSスパークルが、1955年~1980年代の16mmフィルムのデジタル化をす... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、「NAB2019新製品展示会」を開催。日本市場向けの8K製品が多数登場

8Kの時代が現実的に ブラックマジックデザイン株式会社は、2019年5月9日~10日に、東京・目黒区にある同社のショールームにてNAB2019で発表された新製品を紹介するイベ... 続きを読む

Blackmagic Design、「After NAB Show Tokyo 2019」の出展概要を発表。「DaVinci Resolve 16」を展示

NAB2019のBlackmagic Designブース Blackmagic Designは、2019年5月22日(水)と23日(木)の2日間、東京・秋葉原UDXで開催され... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:ホーランド・アメリカラインのクルーズ船の進水式の場合

© Photo courtesy John Meloy Blackmagic Designの発表によると、シアトルを拠点とするPunch Drunk Productio... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:Zodiac StudiosのAustin Music Liveライブストリーミングシリーズの場合