<?php wp_head(); ?>

PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、0.02秒のAFを実現するAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「α6400」を発売

News

ソニー、0.02秒のAFを実現するAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「α6400」を発売

2019-01-16 掲載

ソニーは、APS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサーExmorを搭載するレンズ交換式デジタル一眼カメラ「α6400」を2019年2月22日に発売する(予約受付開始は1月22日)。カラーはブラックとシルバーの2色。希望小売価格はオープン。市場想定価格は以下の通り。

  • α6400ボディー(税別110,000円前後)
  • 「α6400パワーズームレンズキット」(税別120,000円前後):
    α6400、E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
  • 「α6400ダブルズームレンズキット」(税別140,000円前後):
    α6400、E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS+E 55-210mm F4.5-6.3 OSS
  • 「α6400高倍率ズームレンズキット」(税別150,000円前後)※ブラックのみ:
    α6400、E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

α6400は、像面位相差検出AFとコントラスト検出AFを併用するファストハイブリッドAFシステムに加え、高速処理を実現する最新のBIONZ X、フルサイズミラーレス一眼カメラの動体予測アルゴリズムを最適化し搭載することにより、0.02秒のAFを実現。撮像エリアの約84%をカバーする高密度425点全面位相差AFセンサーの搭載に加え、コントラストAF枠を425点に多分割化し、広範囲・高密度に測距点を配置することで、被写体をより高精度に捉えるとしている。AF-Sモード設定時のAF検出輝度範囲の下限値としてEV-2を実現し、暗いシーンでも高精度なAFを生かした撮影が可能だという。

AIによる物体認識により即時に瞳情報を検出するリアルタイム瞳AF機能の精度・速度が向上。またフォーカスモードの設定を問わず、シャッターボタンを半押しすると同時に被写体の瞳を検出することが可能になるなど、利便性が向上している。AF-C/AF-Aモード時には、そのまま瞳を追従し続ける。さらに、フォーカスする瞳を任意で選択することが可能。あらかじめ「オート」「右目」「左目」から設定できることに加え、「右目/左目切替機能」をカスタムボタンにアサインしておけば、撮影中でもボタンを押すたびに検出する瞳の左右を切り替え可能。2019年夏に提供予定のソフトウェアアップデートにより、リアルタイム瞳AFは一部の動物の瞳にも対応予定だ。

同社のα9のAIによる物体認識を含む最新のアルゴリズムを最適化し継承。被写体との距離、模様、輝度などの空間情報を高速に検出し、複雑な動きやスピードに緩急のある動体を高精度に認識し追尾し続けるという。特に被写体が人物や動物の場合は、AIにより瞳の位置情報を並行してリアルタイムに認識。静止画に加え、動画撮影時にも有効。また、メニュー画面にてタッチトラッキングを設定しておけば、捉えたい被写体をモニター上でタッチするだけで追尾する被写体を選択可能。離れた場所から走ってくる陸上選手を撮影する際には「押す間トラッキング」、不規則に動き回る子どもやペットには「タッチトラッキング」など、シーンに応じた機能を選択することができる。

AF/AE追従で最高約11コマ/秒のアフタービュー方式での高速連写を実現。バッファメモリーの大容量化などによりJPEGスタンダート約116枚の連続撮影が可能。表示タイムラグを抑えたライブビュー方式では最高約8コマ/秒(連続撮影モード「Hi」時)が可能。また、最高約8コマ/秒のサイレント撮影では、静粛性が求められる舞台などのシーンや野生動物やペットなどを静かに撮影したいシーンにおいてシャッター音に憚られずに撮影ができるという。

有効約2420万画素APS-Cセンサーに加え、フルサイズミラーレス一眼カメラと同じ最新世代の画像処理システムを採用。画像処理エンジンBIONZ Xと画像処理をサポートするフロントエンドLSIを一新することで、ISO100~102400(静止画時拡張)を実現。また、高い色再現性を実現するアルゴリズムにより、人物の肌色なども自然な印象で描写する。さらに、システム内の16ビット画像処理や14ビットRAW出力にも対応。

性能向上したファストハイブリッドAFシステムにより、フォーカスの正確性がより求められる4K動画撮影時も、スムーズかつ高精度に被写体を捉え続けるとしている。被写体の手前を何かが横切った場合にも安定したフォーカス合わせを実現。フォーカスの切り替えの速さや敏感度も好みに合わせて設定が可能。背面の液晶モニター上でフォーカスしたい被写体にタッチすることで、リアルタイムトラッキングにより追従し続ける。

スーパー35mmフォーマットで4K動画の本体内記録ができ、4K(QFHD:3840×2160)映像に必要な画素数の約2.4倍(6K相当)の情報量を活用して4K映像を出力する。常用ISO感度は最高32000まで対応。4Kの記録フォーマットは、XAVC Sを採用し、最大100Mbpsのビットレートで撮影可能。

4K HDR対応のピクチャープロファイルとして、インスタントHDRワークフローを実現するHLG(Hybrid Log-Gamma)方式による4K HDR撮影にα6000シリーズとして初めて対応。さらに、S-Log3、S-Log2ガンマを採用し、白とび、黒つぶれを抑え広いダイナミックレンジ(1300%)で撮影可能。フルHD映像で120fpsのハイスピード撮影も可能。また、映像制作をサポートする機能として、4K動画と低解像度Proxy動画の同時記録対応、最大5倍までのスローモーションと最大60倍までのクイックモーション撮影可能なスロー&クイックモーション、4K動画からの静止画ファイル切り出し保存機能などを搭載している。

新たにリリースされるモバイルアプリケーション「Imaging Edge Mobile(イメージングエッジモバイル)」を使用することで、4Kを含む高ビットレート動画をモバイル機器に転送可能。また、インターバル撮影した画像(RAW画像またはJPEG画像)を使って「Imaging Edge」パソコン用ソフトウェア「Remote」「Viewer」「Edit」で時間の経過による変化を動画として伝えるタイムラプス動画を作成できる。タイムラプス動画は、撮影した画素数により4K解像度の動画制作も可能だ。

上下方向への可動に加え、180°反転するチルト可動式のモニターをα6000シリーズとして初めて搭載。静止画・動画撮影時に、ハイポジションまたはローポジションからの撮影や構図を確認しながら自分撮りが可能。

モニター画面上の被写体にタッチするだけで直感的にフォーカスを合わせるタッチフォーカスを搭載。ファインダーを覗きながらでも、モニターをタッチパッドのように指でなぞるタッチパッド機能を使用すつことで、画面の端から端までスムーズにフォーカスの位置を移動できる。動画撮影中も、モニターをタッチすることでスムーズにフォーカスの位置を変更可能。また、モニターをタッチすることで即時にフォーカスを合わせ、そのままシャッターを切れるタッチシャッター機能を搭載。

また、最大89種類のオプションから好みの機能を選択し、8個のボタンにアサイン可能。静止画撮影時用、動画撮影時用、再生時用と各モードで異なる機能をアサインできる。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-01-16 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、ハイフレームレート撮影やリモートコントロール機能に対応するVENICEのファームウェアVer.4.0を発表

ソニーは、シネマカメラVENICEのファームウェアVer.4.0でスローモーション映像を実現するハイフレームレート撮影やリモートコントロール機能に対応することを発表した。ファームウ... 続きを読む

ソニー、α9のソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0を発表。オートフォーカスや画質などカメラの基本性能が向上

ソニーは、同社のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」のソフトウェアアップグレード(ソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0)を発表した。同アップグレードには... 続きを読む

ソニー、PXW-Z280/PXW-Z190のアップデートファームウェアVer.2.00を公開

ソニーは2018年12月20日、XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-Z280」と「PXW-Z190」のアップデートファームウェアVer.2.00を公開した。 同アップデー... 続きを読む

ソニー、有効540万画素のHDR撮影とLEDフリッカー抑制を同時に実現する車載カメラ向けCMOSイメージセンサー「IMX490」の商品化を発表

ソニーは、車載カメラ向けの1/1.55型有効540万画素CMOSイメージセンサー「IMX490」を商品化し、2019年3月からサンプル出荷を開始する。サンプル価格は税別15,000... 続きを読む

[InterBEE2018]ソニーブース:4K/8K、HDR、IPライブ伝送など様々な映像表現を提案

ソニーブース動画 ソニーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用す... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、0.02秒のAFを実現するAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「α6400」を発売