PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NAB2019]ソニー、UHB伝送により高画質な4K信号の伝送と出力を実現するマルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-5500」を発売

News

[NAB2019]ソニー、UHB伝送により高画質な4K信号の伝送と出力を実現するマルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-5500」を発売

2019-04-08 掲載

ソニーは、ウルトラハイビットレート(UHB)伝送に対応し、12G-SDIによるカメラ本体からの4K信号出力が可能なマルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-5500」を2019年5月5日に発売する。同時発売となるカメラコントロールユニット「HDCU-5500」との組み合わせにより、2系統の4K信号を双方向で同時に送受信できるUHB伝送を実現する。さらに、マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-3500」(既発売)などのHDシステムカメラと接続可能なカメラコントロールユニット「HDCU-3500」も併せて発売となる。

マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-5500」
参考システム価格:税別約14,000,000円
(同価格はHDC-5500本体と、ビューファインダー、カメラコントロールユニットHDCU-5500、リモートコントロールパネルで組んだ場合のシステム価格の一例※システム構成により価格が異なる)

カメラコントロールユニット「HDCU-3500」
希望小売価格:税別2,650,000円

HDC-5500およびHDCU-5500はUHB伝送に対応し、2系統の4K信号を双方向に伝送可能。また、両機はベースバンドプロセッサーユニット(BPU)を介さずに、従来のHDカメラシステム同様、カメラヘッドからカメラコントロールユニット(CCU)まで光ファイバーケーブル1本で接続が可能で、省スペース化に貢献。また、別売のHFRソフトウェア「HZC-HFR50」をHDC-5500にインストールすることで、4K 2倍速、HD 8倍速のハイフレームレート撮影(2019年度中に対応予定)に対応する。

HDCU-5500は、HDC-5500より伝送された4K映像をモニターなどの後段の機器にケーブル1本で非圧縮伝送できる12G-SDI端子を標準搭載。また、4K HDRライブ制作やSMPTE ST 2110方式によるIPシステムにも対応。HDCU-3500は、HDC-3500やHDC-3100、HDC-2000シリーズなど既発売のHDシステムカメラと組み合わせることが可能。専用のオプションソフトウェアをインストールすることで、4K HDRの信号出力も可能。また、両機は内蔵メモリーへの記録機能にオプションで対応する。

マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-5500」

HDC-5500は、カメラ内部で4Kの信号処理を行っているため、カメラ本体から12G-SDIを介して4K信号を出力することが可能。12G-SDI端子にワイヤレスユニットを接続すれば、ワイヤレスカメラとして撮影したり、カメラスタビライザーを装着して撮影することも可能。4Kの高解像度と広いダイナミックレンジに加え、F10の高感度、62dB以上の高S/N比など、ノイズの少ない高品質な映像撮影を実現。イメージセンサーにはグローバルシャッター機能を搭載しており、音楽ライブやスポーツの撮影などでも、ローリングシャッター歪みやフラッシュバンドのない正確な映像表現が可能だとしている。

4K HDR/HD SDRの同時出力が可能で、4K HDRライブ制作のワークフロー「SR Live for HDR」に対応。その他にもビューファインダーやリモートコントロールパネル、大型レンズアダプターHDLAシリーズなどの既存の周辺機器との互換性を確保しているため、従来製品を使用することが可能。

HDCU-5500/HDCU-3500は、縦約13.5cm、横約22cmの3UハーフサイズのCCU。小型な筐体に手持ち用のハンドルも備えているため、スペースの限られた中継車への設置に加え、屋外撮影の現場でも活用できるとしている。4K信号の入出力に対応した12G-SDI端子を標準で搭載し、12G-SDIケーブル一本で後段の機器に4K信号を伝送可能。現場の運用に応じて入出力信号数を柔軟に割り当てることができるアサイナブル端子(SDI I/O端子)を標準搭載(HDCU-3500で4K信号を取り扱うには各種オプションが必要)。

オプション基板の「HKCU-SFP50」を追加することで、映像、音声、インターカム、タリー信号のIPでの双方向通信が可能。さらに、IP機材の効率活用をサポートするソリューション「Live Element Orchestrator」への対応や、Ember+プロトコルに対応するためのコンフィグコントロールソフトウェア「HZCU-CNFG50」(既発売)、SNMP監視に対応するためのSNMPエージェントソフトウェア「HZCU-SNMP50」(既発売)を搭載することが可能で、フルIPコントロールに対応する。また、Webブラウザに本体のIPアドレスを入力することで、CCUの各種設定(入出力割り当てや、出力フォーマットの選択など)をPCより行うことができる。

なお、HDCU-5500は2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019の同社ブース(セントラルホール/C11001)にて展示される。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-04-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

「朋栄内覧会」が開催。12G-SDI、IP、HDR、広色域等に関連した新製品/新ソリューションなどを展示

毎年恒例となったプライベートショーが今年も開催 5月16日~17日の2日間にわたって、東京・恵比寿にある株式会社朋栄にて「朋栄内覧会」が開催中だ。 同内覧会では... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、「NAB2019新製品展示会」を開催。日本市場向けの8K製品が多数登場

8Kの時代が現実的に ブラックマジックデザイン株式会社は、2019年5月9日~10日に、東京・目黒区にある同社のショールームにてNAB2019で発表された新製品を紹介するイベ... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

トップ > ニュース > [NAB2019]ソニー、UHB伝送により高画質な4K信号の伝送と出力を実現するマルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-5500」を発売