PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2019:Libec]ヘッド、三脚システム&ペデスタルシステムであるQDシリーズやRSシリーズの新ラインナップなどの新製品を展示

News

[NAB2019:Libec]ヘッド、三脚システム&ペデスタルシステムであるQDシリーズやRSシリーズの新ラインナップなどの新製品を展示

2019-04-17 掲載

Libec動画レポート

360°全天球動画
Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

Libecブースレポート

平和精機工業は最新のカメラの動向に合わせ、ここ数年は比較的小型カメラを対象とした三脚を発売してきた。動画撮影はビデオカメラだけでなくデジタル一眼レフカメラで撮影できるようになり、ビデオカメラとはバランスの範囲が異なったり、ビデオカメラもBlackmagic Designのようなメーカーが一眼レフカメラのような形状のカメラを世に送り出している。元々このクラスの三脚は同社の得意とする範囲ということもあるだろうが、スライダーを三脚システムに取り込んだラインナップや一脚をラインナップに加えたりと、三脚をシステム化することで、様々な撮影シーンに対応できる商品構成になってきていると思う。

そうした同社の取り組みから今年は耐荷重量40kgのQH1と、69kgのQH3が新製品として披露された。実は昨年のNABですでに試作品ができており、リサーチを開始していた製品だ。

プロンプターや大型のVFを搭載すると今までのラインナップでは力不足ということもありその上のクラスを開発したということだが、他メーカーもこのクラスの製品で新製品はここ数年はほとんどないことを思うとある意味いいタイミングと言えるのかもしれない。

その他新製品としては、最大搭載重量の向上を図ったALX KIT2の後継機種TH-Zやハーフボールとフラットベースの特性を併せ持ったデュアルヘッド仕様のRH35D、RS-350D、RS-350DMなどが出展された。

ヘッド、三脚システム&ペデスタルシステムであるQDシリーズは「Quality Defined」を表し、搭載重量、機能、そしてコストのバランスを徹底的に追及したフラッグシップモデルでLibec初となる150mmシステムとなっている。QDシリーズは互換性の高いフラットベースとなっており、リーベックのヘッドはもちろんのこと、他社製のヘッドも取り付け可能。また、オプションアクセサリーを使うとボールベースへ変換することが出来る。

平和精機工業はRSシリーズの新ラインナップRH35D、RS-350D、RS-350DMのほか、耐荷重が4kgから5kgにグレードアップしたALX KIT2の後継機種TH-Z、QDシリーズを新製品として出展した。QDシリーズは同社のフラッグシップモデルとしての位置づけで今回QH1とQH3というヘッド2機種が披露された。

QH3は耐荷重量69kgで互換性の高いフラットベースを採用。Libecのヘッドはもちろんのこと、他社製のヘッドも取り付け可能で、オプションアクセサリーを使うとボールベースへ変換可能。また、見やすい圧力計注入されている空気の量がひと目で確認できるようになっているほか、昇降サポート付き中段コラムP1000はガススプリングを内蔵しており、重い機材を載せた状態でもより簡単に、そして安全に高さ調整できる。

着脱式のケーブルガードを標準装備したφ125mmの高性能大型ダブルホイールキャスターを採用。キャスターはトラックロック機能が付いており、フリー走行、トラックロック走行、ステアリング走行の3パターンのドリーワークが可能。キャスターのロック/ロック解除時の音も非常に静か。また、運びやすい分解構造のため、コラム本体、ハンドル、ドリーの3つにそれぞれ分解でき、スタジオだけでなく中継先へも運びやすいコンパクトな設計になっている。

QH3のカウンターバランスおよびパン/ティルトダイアル。Libec独自のスムーズカウンターバランスシステムにより最後まで一定の力でカウンターバランスの調整ができ、回しやすさを追求した折り畳み式のノブを採用。カウンターバランスインディケーター締め込んだバネの強度を簡単に確認できるほか、安全性の高い水平ロック機構水平位置でティルトをしっかりロックし、カメラシステムの安全を確保可能。また、視認しやすいツマミの形状と鍵のマークによって、遠くからでも一目でロック状態が確認できる。

QH1は耐荷重量40kgで付属のBL-150で簡単に150mmのボールヘッドに変換することが可能なほか、アクセサリー用1/4”、3/8”ネジ穴など三脚本体上部に大小3つのネジ穴があり、アクセサリーを直接装着できるようになっている。また、新設計のロックツマミは力を入れやすく、しっかりとスピーディーに脚を固定することが可能。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-04-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.03 富士フイルム、「FUJINON映像機器内覧会2019」を開催。4K対応46倍ポータブルレンズや新型デマンドを展示

txt・構成:編集部 4K対応ポータブルズームレンズや箱型レンズの実機展示が人気 富士フイルムは、東京と大阪で最新ラインアップ製品を展示する「FUJINON映像機器内覧... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2019レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 RAID RAIDはSmallHD社のCINE-7やocus7などのフィールドモニターのほか、Teradek社のワイヤレスシステム... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2019レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月22~23日、東京・秋葉原にあるUDXにおいてAfter NAB Sho... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019 360°VOYAGE]360°全天球動画でNAB会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート NAB2019の会場内で360°全天球動画をお届け!NAB2019に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [NAB2019:Libec]ヘッド、三脚システム&ペデスタルシステムであるQDシリーズやRSシリーズの新ラインナップなどの新製品を展示