PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

News

[NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

2019-04-22 掲載

富士フイルムブース動画

360°全天球動画
Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

シネマカメラ用ズームレンズに新製品「Premista」登場

新製品の「Premista28-100mmT2.9」(右)と「Premista80-250mmT2.9-3.5」(左)

シネマカメラ用ズームレンズ「Premista(プレミスタ)」シリーズの「FUJINON Premista28-100mmT2.9」と「FUJINON Premista80-250mmT2.9-3.5」を出展。46.3mmのイメージサイズをカバーしており、現在市販されているシネマカメラはほぼ全てをカバーする。

ラージフォーマットをカバーしながらも質量3.8kg、全長255mmの小型軽量なボディを実現。前枠は114mmの前枠で、一般的なマットボックスに対応している。

T値はT2.9。また、新しい特徴として、ZEISS eXtended Data(ツァイス・エクステンデッド・データ)」に対応。ディストーションをポストプロダクションで補正していくことに対応している。

13枚絞り羽採用も特徴だ。従来の同社シネマレンズラインナップは9枚の絞り羽根を採用。しかし、より自然で豊かなボケ味を提供したいという思いで、13枚の絞り羽を採用したとのこと。

デジタルスチルカメラの展示コーナーでは、2018年9月のphotokinaで発表された中判ミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」のコンセプトモデルが展示されていた。基本的には静止画撮影をメインとした1億画素対応の中判デジタルカメラだが、動画機能も重要視しており、4K30Pを10ビットで撮影することができる。価格は約1万ドルを目標と発表されており、NBAの会場でもシネマトグラファーやレンタルハウスの方から注目を集めていた。

開発中の「FUJINON UA125x8」「FUJINON UA18x7.6」「FUJINON UA23x7.6」を参考出展

放送用レンズで注目の展示は、4K対応の放送用箱型ズームレンズ「UA125x8」の参考出展だ。広角8mmから望遠1000mmまでの幅広い焦点距離をカバーする125倍を実現。富士フイルムは現在、107倍の放送用箱型ズームレンズをラインナップ中だが、125倍はそれを上回る倍率となる。

東京オリンピックの需要を目指して開発されている製品で、投手の手や表情のアップなど、迫力ある寄りの画を期待できそうだ。

4K対応の放送用ポータブルズームレンズ「FUJINON UA18x7.6」と「FUJINON UA23x7.6」も参考出展されていた。これまで富士フイルムの4Kレンズを踏襲しており、9枚羽も搭載している。カムコーダーの4K化と共に軽量小型のレンズの需要が高まっているが、そんな需要に応えた新製品といえるだろう。

放送用レンズのコーナーでは新しい機能の紹介も行われていた。リモートバックフォーカスの頭文字をとった「RBF」と呼ばれる機能だ。通常、バックフォーカスを調整する際は、基本的にカメラマンがモニターを見ながら、VEとインカムでやり取りをして、「フォーカスが合っている」「合っていない」と連絡を取り合い調整が行われていた。RBFの機能を使うと、VE側がモニターを見てバックフォーカスを調整できるようになり、より精度の高いバックフォーカスの調整ができるようになる。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-04-22 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現:CP+2020]Vol.09 富士フイルムブースの目玉はCP+前日に発表したX-T4のタッチ&トライ。動画撮影機能も大幅に強化

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+前日に「X-T4」を発表。CP+でタッチ&トライを予定していた 富士フイルムブース ※写真はCP+2019の様子 ... 続きを読む

[InterBEE2019]富士フイルムブース:4K放送用レンズの125倍ズームレンズ「UA125×8」やAF対応「UA107x8.4AF」を出展

高倍率放送用レンズの新製品2機種を国内初出展 今年のInter BEEの展示会場の中でも特に注目製品と言える4K放送用ズームレンズの「FUJINON UA125×8」... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.04 富士フイルム、AF機能を搭載した4K対応放送用レンズ「FUJINON UA107×8.4BESM AF」を初公開

txt・構成:編集部 8K放送用レンズの展示が人気 中国の中国工業情報化部は、2022年までの4Kテレビと8Kテレビの販売台数を盛り込んだ「超高精細映像産業発展行動計画... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.03 富士フイルム、「FUJINON映像機器内覧会2019」を開催。4K対応46倍ポータブルレンズや新型デマンドを展示

txt・構成:編集部 4K対応ポータブルズームレンズや箱型レンズの実機展示が人気 富士フイルムは、東京と大阪で最新ラインアップ製品を展示する「FUJINON映像機器内覧... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2019レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 RAID RAIDはSmallHD社のCINE-7やocus7などのフィールドモニターのほか、Teradek社のワイヤレスシステム... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2019レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月22~23日、東京・秋葉原にあるUDXにおいてAfter NAB Sho... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019 360°VOYAGE]360°全天球動画でNAB会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート NAB2019の会場内で360°全天球動画をお届け!NAB2019に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示