PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2019:NewTek]完全に同期をとりながら無制限にレコーディングできるNDI 4を発表

News

[NAB2019:NewTek]完全に同期をとりながら無制限にレコーディングできるNDI 4を発表

2019-04-23 掲載

NewTekブース動画

360°全天球動画
Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

VizrtがNewTekを買収

NewTekブース最大のニュースは、VizrtにNewTekが買収されたことだ。買収の生い立ちを紹介すると、NewTekの社長兼CTOのアンドリュークロス氏とVizrtのCEOのペータージャコブソン氏は10年来の友人であり、NDIを4年前に発表した時もVizrtはいち早く採用した経緯があった。

Vizrtのフォーカスしているのはマーケットの主に頂点で、NewTekは中間とその下をカバーしている。そのため、会社を合わせることによってマーケットの拡張ができる。また、両社ともソフトウェアを使い、ツールでストーリーを伝えたい人に提供する目的が同じだったことから融合となったという。

買収後は両社のブランドはそのまま残り、セールスチームも含めたすべての組織もそのまま残る。NewTekはNewTekとして存続し、VizrtはVizrtで今まで通り操業する。

Vizrtの社長のミカル・ハレンがNewTekの社長になり、NewTekの社長だったアンドリュー・クロスが両社、合弁会社のR&Dのヘッドになる。

NAB 2019のVizrtブース

レコーディング機能やUnrealエンジンをサポートしたNDI 4を発表

今年の新製品でもっとも大きなものは「NDI 4」の発表だ。NDIはこれまで伝送のために使われてきた規格だったが、NDI 4になり直接ディスクに書き込むことができるようになった。NDIのまま記録して、.movのラッパーがついてそのまま再生または編集が可能。また、Adobe Premiere用のプラグインが発表され、それを使うと録画したものをそのままAdobe Premiereのタイムラインに乗せて編集することができるようになる。

NDIで録画された素材は、全てのフレームにタイムスタンプが打たれる。何台のカメラで収録したとしても、どこから素材を持ってきたとしても、日と時間が合っていれば、全てタイムラインに自動的に並ぶようになる。同期を取る必要が実質なくなったということになる。

Unreal Engineのプラグインがリリースされ、Unreal Engineへの入力と出力を両方ともNDIでまかなうことができるようになる。

NDIは機構として、レゾリューションに依存することがない。8Kも通せるし、CPUとGPUの力が足りれば16Kも通せる。非常にリアルなバーチャルセットを組んだり、バーチャルリアリティ、Augmented Realityに貢献することが予想される。

自動化やライブ制作ソフトの強化など、さまざまなソフトや機能を強化

NewTekはNABでソフトウェアの強化や新機能なども発表した。Premium Accessと呼ばれるTriCasterに付随するサブスクリプションにいくつかのフィーチャーが加わった。その中の1つが、Microsoft Wordを使用して番組進行を自動化する「Live Story Creator」だ。スクリプトをMicrosoftのWordで書いた場合、そのWord内のコメントを付ける機能がある。そのコメントの中の内容をコマンドとして自動化が図れるようになる。

Wordで制作したテロップにコメントを追加すると、コメントの内容から自動化が図れる

VMCシステムの全機能がソフトウェアのサブスクリプションとして間もなくリリースされる。一番上位バージョン「VMC-44」で44入力、「VMC-16」で16入力の2種類ソフトウェアをリリース。1年ごとのライセンスで販売をはじめる。本体への物理的な入力がないのだったら、ソフトウェアだけNewTekから購入し、そこに乗せて運用するという使い方ができるようになる。

放送で使われる通常のアスペクトレシオ以外のアスペクトレシオも扱えるようになった。これにより、縦長のスクリーンなどに対応するようになった。HDの画面を2つや3つ横にならべたものをセッション単位で設定ができて、その画角を出力ができるようになる。入力は各入力ごとに回転と反転ができるようになっている。上下左右の反転灯と、0°90°180°の回転ができる。また、出力も同じことができるようになる。

入力の設定。角度を設定可能

新しいクロマキーヤーが追加される。これまでのものとはエンジンを全く変えたものを搭載している。新しいクロマキーヤーは、髪の毛が透けているところなどにも対応しやすいようになっている。しかし、ライティングはシビアになるので、どちらか選択して使うことができるようになっている。

ソニーの新しいPTZカメラ「BRC-X400」がNDI|HXを搭載。PTZカメラがパナソニックだけではなく、ソニーも対応したというのも大きなニュースだ。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-04-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.03 富士フイルム、「FUJINON映像機器内覧会2019」を開催。4K対応46倍ポータブルレンズや新型デマンドを展示

txt・構成:編集部 4K対応ポータブルズームレンズや箱型レンズの実機展示が人気 富士フイルムは、東京と大阪で最新ラインアップ製品を展示する「FUJINON映像機器内覧... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2019レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 RAID RAIDはSmallHD社のCINE-7やocus7などのフィールドモニターのほか、Teradek社のワイヤレスシステム... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2019レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月22~23日、東京・秋葉原にあるUDXにおいてAfter NAB Sho... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019 360°VOYAGE]360°全天球動画でNAB会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート NAB2019の会場内で360°全天球動画をお届け!NAB2019に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

特集記事

Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。

トップ > 特集 > [NAB2019:NewTek]完全に同期をとりながら無制限にレコーディングできるNDI 4を発表