PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

News

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

2019-04-26 掲載

Adobeブース動画

360°全天球動画
Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

豪華ゲストを迎えたプレゼンテーションが大人気

メインはプレゼンテーションステージだ。ステージは、アドビがプロモーション的にツールを紹介するというよりは、クリエイターの人たちがどのように作品を作っているのか、ティップスをどんどん紹介していた。

特に人を集めていたのが、Video Copilotのアンドリュー・クレイマー氏だ。クレイマー氏は、After Effectsの3Dについてテクニックを紹介。アドビのビデオエバンジェリスト、ジェイソン・ラヴィーン氏のステージも大変な人を集めていた。

昔のPremiereは、プロ市場で支持される存在ではなかった。しかし、今、NABのステージを見ていると、Premiere Proはプロ市場で確実に定番的な存在になっていることを改めて感じられた。

Adobe Creative Cloudのビデオ&オーディオツールがアップデート

■After Effectsに不要なオブジェクトを自動的に消す「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能を搭載

ステージの背面では、各ツールの個別ブースが設けられていた。テクニカルな質問や各製品を個別にデモやレクチャーが行われており、NAB前にアップデートしたAdobe Creative Cloudの新機能紹介も行われていた。

今回のアップデートで驚くべき機能は、不要なオブジェクトを自動的に消してくれるAfter Effectsに搭載される映像対応の「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能だ。「コンテンツに応じた塗りつぶし」はPhotoshopでお馴染みの機能だが、After Effectsでも使用できるようになった。アドビの人工知能とマシンラーニングを使用した機能で、周囲のピクセルと周囲のフレームに基づいて、ビデオのマスクされた領域を自動的画像データを生成してくれる。この機能によって今後、時間短縮などが期待できる。

映像から車を削除をしたい場合は、車のある位置に新規でマスクを切る 「コンテンツに応じた塗りつぶし」を実行 映像から車が消える
■Premiere Proに素材をビジュアライズして見せる「フリーフォーム」機能を搭載

Premiere Proには、プロジェクトパネルのアセットを視覚的に並べ替える「フリーフォーム」が追加された。プロジェクトのメディアの大きさを変えたり、好きなところに配置したりできるようになった。また、ファイル名でソートしたり、撮影者などのメタが入っていれば、そのメタに合わせて並べ替えをすることができるようになった。

フリーフォーム上から複数選択をして、それをそのままドラック&ドロップで、タイムラインにシーケンスにもっていくこともできる。あとは、サムネールのイン点、アウト点を打つこともできる。フリーフォームプロジェクトの中である程度の粗編をして、使用カットを選ぶことができるようになった。

■Character Animatorはパペットのリグ機能を強化

Character Animatorは、2年前にリリースしたばかりの新しい2Dキャラクターアニメソフトだ。Character Animatorは、カメラで撮影した人の顔とCharacterをリンクさせることが可能。自分が動いたりすると、キャラクターも動かせることができる。

これまでのCharacter Animatorは、腕をひっぱるとどんどん伸びしまう。人のバランスからかけ離れてしまうことがあった。パペットのリグ機能が強化され、腕や肩を指定することで伸びないようになった。より人間ぽい動きにすることを可能にしている。

■Premiere Rushは、iOS、macOS、Windows対応でいつでもどこでも編集が可能

Premiere Rushも、アドビ映像ツールの中でも注目のツールだ。Rushが面白いのは、iOS、macOS、Windowsでツールをリリース、プロジェクトと素材はクラウドで共有される。iPadで編集して、途中からデスクトップで作業を続けることが可能。この、いつでもどこでも素材を編集できるのが、Rushの魅力だ。

Rushには、4つのビデオトラックと3つのオーディオ専用トラックが設定でき、最大7つのトラックを使用できる。カラーの調整やタイトルを入れることも可能。

また、ディレクターがPremiere Rushで編集して、エディターがPremiere Proで作業をするといった連携も可能だ。この場合は、Rushのプロジェクトはクラウドにしかないので、Premiere Rushのプロジェクトをほかの人に渡すことはできない。Rushのプロジェクトを他人と共有したい場合は、ディレクターがPremiere ProでRushのプロジェクトを読み込んで保存をして、そのプロジェクトをエディターにわたすことで実現できる。

Premiere ProのプロジェクトはRushで開くことができないが、Premiere RushとPremiere Proはうまく組み合わせて使うことにより、今後、効率のよい編集ワークフローが実現できそうだ。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-04-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019 360°VOYAGE]360°全天球動画でNAB会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート NAB2019の会場内で360°全天球動画をお届け!NAB2019に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:Vitec Group]様々なブランドの三脚やバッテリー、照明器具などが集結

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:Avid]大規模チーム向けにカスタマイズ可能な役割ベースのユーザーインターフェースなどを搭載したMedia Composer 2019を展示

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019:NewTek]完全に同期をとりながら無制限にレコーディングできるNDI 4を発表

NewTekブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

特集記事

NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題