PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > DJI、前面と背面にカラースクリーンを搭載した小型カメラ「Osmo Action」を発表

News

DJI、前面と背面にカラースクリーンを搭載した小型カメラ「Osmo Action」を発表

2019-05-15 掲載

DJIは、厳しい環境で安定した撮影が可能な小型カメラ「Osmo Action」を発表した。store.dji.comでの価格は税込44,820円。発送予定は入金確認後1~3営業日となっている。

Osmo Actionは、防塵、耐衝撃、防水で氷点下の温度での動作が特徴。最大1.5mまでの落下や防水ハウジングを追加しなくても11m、Osmo Action防水ケースを使用すれば、水深60mの深さで使用できる。また、華氏14度の温度に耐えることがテストされている。

Osmo Actionは、DJIのEIS(電子式映像ブレ補正)テクノロジー「RockSteady」を搭載した初のDJIハンドヘルドカメラ。RockSteadyは、CMOSセンサーで撮影された映像を分析し、これらの映像のエッジを切り取って補正することで実現している。4K/60fpsを記録する場合でもEISと連携して安定したブレのない映像を実現する。1080P/30fpsで最大135分(RockSteadyがOFFの場合)、4K/60fpsで最大63分(RockSteadyがONの場合)の動画撮影に対応する。

さらに、ハイダイナミックレンジ(HDR)撮影が可能なHDR動画モードを搭載。明部と暗部の間を自然な形で再現し、複雑な照明環境下で失われがちなディテールをしっかりと捉えることができる。

1/2.3インチCMOSセンサーを搭載し、有効画素数12Mピクセルの写真と4Kビデオに対応。最大ビデオビットレート100Mbps、最高60fpsのビデオ撮影が可能。MOVやMP4のフォーマットに対応。

前面と背面の両方にカラースクリーンを搭載する。2.25インチのリアタッチスクリーンは撥水と指紋をはじくコーティングを採用し、1.4インチのフロントスクリーンによるセルフショットが可能。750±50cd/m2の明るさで、直射日光を含む過酷な照明条件での使用を可能にしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-05-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

DJI Osmo Action 小型アクションカメラ [SYSTEM5]
DJI Osmo Action 小型アクションカメラ [SYSTEM5]
販売価格: ¥44,820(税込)

関連する記事

DJI、ミラーレスカメラ用片手持ちスタビライザー「Ronin-SC」を発売。被写体トラッキングなどのインテリジェント機能を搭載

DJIは、Roninシリーズの新製品としてミラーレスカメラ用片手持ち3軸ジンバル「Ronin-SC(S Compact)」を2019年7月17日に発売する。標準版とFocusホイー... 続きを読む

DJI JAPAN、楽しみながらロボット工学技術を学べる「RoboMaster S1」の説明・体験会を開催

プログラミングを学びたい全ての人に向けて開発されたまったく新しい教育用ロボット DJI JAPANは6月26日、DJI初の教育用ロボット「RoboMaster S1」の説明・... 続きを読む

DJI、教育用ロボット「RoboMaster S1」を発表

DJIは、同社初となる地上走行ロボット「RoboMaster S1」を2019年6月12日に発売した。希望小売価格は税込64,800円。専用コントローラー、予備のゲル弾、バッテリー... 続きを読む

DJI JAPAN、デュアルスクリーン搭載の新製品「Osmo Action」発表会を開催

本体の前後に高輝度ディスプレイが特徴的なDJI初の4Kアクションカメラ DJI JAPANは5月16日、新製品「Osmo Action」の発表会を開催した。Osmo Acti... 続きを読む

システムファイブ、「DJI製品10%OFFセール」を半蔵門ショールーム限定で実施。2/21~2/23の3日間限定

株式会社システムファイブは、同社が東京・半蔵門にて運営するPROGEAR半蔵門ショールームにて「DJI製品10%OFFセール」を実施する。開催期間は2019年2月21日(木)~23... 続きを読む

トップ > ニュース > DJI、前面と背面にカラースクリーンを搭載した小型カメラ「Osmo Action」を発表