PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > DJI、前面と背面にカラースクリーンを搭載した小型カメラ「Osmo Action」を発表

News

DJI、前面と背面にカラースクリーンを搭載した小型カメラ「Osmo Action」を発表

2019-05-15 掲載

DJIは、厳しい環境で安定した撮影が可能な小型カメラ「Osmo Action」を発表した。store.dji.comでの価格は税込44,820円。発送予定は入金確認後1~3営業日となっている。

Osmo Actionは、防塵、耐衝撃、防水で氷点下の温度での動作が特徴。最大1.5mまでの落下や防水ハウジングを追加しなくても11m、Osmo Action防水ケースを使用すれば、水深60mの深さで使用できる。また、華氏14度の温度に耐えることがテストされている。

Osmo Actionは、DJIのEIS(電子式映像ブレ補正)テクノロジー「RockSteady」を搭載した初のDJIハンドヘルドカメラ。RockSteadyは、CMOSセンサーで撮影された映像を分析し、これらの映像のエッジを切り取って補正することで実現している。4K/60fpsを記録する場合でもEISと連携して安定したブレのない映像を実現する。1080P/30fpsで最大135分(RockSteadyがOFFの場合)、4K/60fpsで最大63分(RockSteadyがONの場合)の動画撮影に対応する。

さらに、ハイダイナミックレンジ(HDR)撮影が可能なHDR動画モードを搭載。明部と暗部の間を自然な形で再現し、複雑な照明環境下で失われがちなディテールをしっかりと捉えることができる。

1/2.3インチCMOSセンサーを搭載し、有効画素数12Mピクセルの写真と4Kビデオに対応。最大ビデオビットレート100Mbps、最高60fpsのビデオ撮影が可能。MOVやMP4のフォーマットに対応。

前面と背面の両方にカラースクリーンを搭載する。2.25インチのリアタッチスクリーンは撥水と指紋をはじくコーティングを採用し、1.4インチのフロントスクリーンによるセルフショットが可能。750±50cd/m2の明るさで、直射日光を含む過酷な照明条件での使用を可能にしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-05-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

DJI Osmo Action 小型アクションカメラ [SYSTEM5]
DJI Osmo Action 小型アクションカメラ [SYSTEM5]
販売価格: ¥44,820(税込)

関連する記事

DJI JAPAN、デュアルスクリーン搭載の新製品「Osmo Action」発表会を開催

本体の前後に高輝度ディスプレイが特徴的なDJI初の4Kアクションカメラ DJI JAPANは5月16日、新製品「Osmo Action」の発表会を開催した。Osmo Acti... 続きを読む

システムファイブ、「DJI製品10%OFFセール」を半蔵門ショールーム限定で実施。2/21~2/23の3日間限定

株式会社システムファイブは、同社が東京・半蔵門にて運営するPROGEAR半蔵門ショールームにて「DJI製品10%OFFセール」を実施する。開催期間は2019年2月21日(木)~23... 続きを読む

[CP+2019]DJI、「CP+2019」出展概要を発表。「空へ、動画へ、」をテーマにドローンによる空撮、スタビライザーを使用した動画撮影の魅力を紹介

※画像は2017年の様子 DJI JAPAN株式会社は、2019年2月28日(木)~3月3日(日)の期間中、パシフィコ横浜にて開催される写真映像展示会「CP+2019」に出展... 続きを読む

DJI、都内で最小サイズの3軸ジンバル搭載カメラ「Osmo Pocket」の発表会を開催

左から、発表会に登壇したパルクールパフォーマーのZEN氏、DJI JAPANの呉韜社長、モテクリエイター、SNSアドバイザー、インフルエンサーの菅本裕子(ゆうこす)氏 小... 続きを読む

DJI、手持ちタイプのDJI史上最も小さい3軸メカニカルジンバル「Osmo Pocket」を発表

DJIは、手持ちタイプの3軸メカニカルジンバル「Osmo Pocket」を2018年12月15日に発売する。希望小売価格は税込44,990円。 Osmo Po... 続きを読む

トップ > ニュース > DJI、前面と背面にカラースクリーンを搭載した小型カメラ「Osmo Action」を発表